プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

夏休み中はどこで勉強しようか・・・(普通図書館だろ)

 学校以外で勉強する場所と言えば、図書館か塾の自習室。
 それ以外にどこがあると言うのかと思うのですが、娘は毎日学校
 に登校して勉強しているので、夏休みがちょっと困ったことにな
 っています。

 学校もさすがに夏休みは毎日開いているわけじゃなく、閉まって
 いる日が多いらしく、家では絶対にさぼってしまいそうだから、
 どうしても他の場所で勉強したいと言う娘。

 図書館があまり近くないことと、静かすぎるのがいやらしく、そ
 こではない場所で勉強したいとなると、どこが一番いいのか・・・

 塾の自習室を使うのが一番いいのですが、何せうちは塾をやめて
 しまったので、自習室だけ使うというわけにはいきません。
 特別の有料自習室というのもあるのですが、そこまでする必要は
 ないし、勿体ないので、それなら家で勉強しなさいとなります。

 この間の日曜も登校していたのですが、メンバーがうるさかった
 らしく、静かすぎるのもダメだけれど、うるさいのは、イライラ
 するので、もっとダメということで、自分が注意して聞かなくて
 すむ他人の声や、静かに流れている音楽があり、少しだけ生活音
 がしているような寂しすぎない場所が一番落ちつくということで、
 それならやはりあそこしかないなと・・・

 いわゆるスタバ系の喫茶です。とてもいい感じのところがあるの
 です。しかもかなり家の近くに!

 まあもちろんそんなところで一日中ねばるわけにはいきませんが
 朝は7時から開いていますし、夜も11時までやっているので、結
 構時間をつぶせそうな感じです。

 ネット環境も整っているし、たくさんの学生さんや、会社員の方
 がパソコンを持ち込んで長時間座っているので、そこなら勉強し
 ていても周りの風景に溶け込めるし、違和感なく粘れます。

 ご飯を食べて、少し休憩したり、たまに携帯をネットにつないで
 調べ物もできるし、意外と便利なんですよね。

 家でやればお金もかからないし、寝転んで休憩もできるけれど、
 それをしてしまうと、たぶんそのまま寝てしまったり、テレビを
 つけてしまったりすると思うんです。だからある一定時間は、そ
 ういう場所で過ごすのもいいなと思います。

 集団授業にお金を使うより、ここでくつろぎながらも集中できる
 環境にお金を使うというのも、ありなのかなと・・・・

 まあそういうのは人によって全くできないこともありますし、
 そもそも勉強は静かにするものだという考えの方や、机に向かわ
 ないとできない系の人には、ありえない場所だと思います。

 ミニ自転車を買うという話も出ています。
 少し距離があるので、自転車で行けば楽ですし、駅までも自転車
 で行く方がやはり便利ですしね。置く場所がないので、うちには
 自転車が一台しかないのです。

 少ないお金でも、かけるとろこを考えて、どうすれば効率よく
 勉強できるかを模索中です。今のところ参考書と友人、学校の
 先生、学校の補習授業、こういった極めてお金のかからないやり
 方で、乗りきっていく予定ですが、どこまで通用するかですね。

 三者面談の後、娘は数学に少しだけ自信を持てるようになりまし
 た。できなかった確率ができていたことと、友人と差がなかった
 こと。特別にできない単元が見当たらなかったことなど、改善さ
 れた部分が多かったからで、国語が多少悪かったものの、むしろ
 それは克服できる分野だったので、元々楽天的な娘は、担任の先
 生のアドバイス通り、化学を頑張っています。

 宿題を何とか早めに終わらせ、自主勉の時間を取るために、必死
 に居残りしているようで、親が何も言わなくても、きちんと日曜
 もいつも通りに起きて学校に行く姿は、以前なら考えられない真
 面さです。

 期待されているかもしれないという気持ちにさせてくれた先生方
 のおかげだなと、感謝の気持ちで一杯です。

 学校をないがしろにして、予備校に行かないと難関大学は無理だ
 というような考えもあるようですが、私はそうは思いません。

 塾や予備校で詰め詰めのカリキュラムをこなして、疲弊して復習
 できないまま、自分のキャパを越えてしまった子供をたくさん見
 てきました。学校の宿題が邪魔だという意見もよく耳にします。

 確かにどうでもいいような宿題もあるのかもしれませんが、それ
 ができないキャパでは、難関に仮に合格しても、その後の人生が
 つらいと思うんですよ。

 能力的に一杯一杯なわけですから、そこまでして学歴をつけて、
 体裁はいいかもしれませんが、たぶんそれ以上の人にはなれない
 気がします。

 予備校などに勤めていると、高学歴が山ほどいるので、もうそん
 なものは珍しくも何ともないようになります。

 東大でも京大でも人気講師になれるかというと、そんなことはな
 いし、どの社会でも出来る人は学歴に関係なくできるのです。

 もちろんある一定のラインに立たないと、人生の勝ち組にはなれ
 ないというのも事実なので、勉強はやって損はしないものです。
 でも、人生を楽しいと感じて生きていてよかったと思えるかどう
 か、これだけは、必ずしも学歴と比例しないんです。

 学歴が高くてお金があって幸せと言う人もいるけれど、いつも
 むなしいと思う人もいるし、逆に家族みんなが楽しくて明るくて、
 愛に溢れて幸せと思う人もいる。

 世の中って、案外公平なのかもしれないなと最近思います。
 
 一見不公平で理不尽でままならないことだらけに見えても、どこ
 かで帳尻ってあってるのかもしれません。

 そう思いたいです。





 なんか雷のようなものが鳴っていて、
 外に出たくない病がまたしても
 出てきて困っているまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す