プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

実はひそかにゲーマーですが・・・・

 ひそかといいつつ、ここに書いている自体、すでに全然密かじゃな
 いんですが、この年齢の人にしては(って一体幾つなんだ?)結構
 ゲーム好きな方じゃないかと思います。

 子供の教育ブログなんか書いていて、ゲームや漫画に厳しいご家庭
 からすると、とんでもない親だなという感覚かもしれませんね。

 でも、私は引きこもりじゃないですし、ちゃんとお仕事してて、家事
 もそれなり?にやってて、家にいつ人が来ても慌てない程度に片付い
 てます。だからゲームは息抜き、時間をもてあますような電車待ちの
 時とか、バスの時間がなかなかこない時とか、ご飯も出来て暇な時と
 かにやってるだけの、隙間有効利用だと思ってます。

 子供の前ではしないとか、そういうことも別に意識してないですし、
 娘も私がゲームしてるのを見ていても、自分はしないし、まして課金
 なんて絶対にしないです。

 友達から勧められていれてみたアプリのゲームでも、すぐに飽きるし、
 私とは全く興味の方向性が違うので、まあそれはよかったなと思って
 ます。

 ところで、私がゲームをやってる理由というのはもう一つありまして・・
 子供相手の仕事だと、中学生ぐらいや高校生がやってるゲームっていう
 のを知ってると、かなり生徒と心が近くなるんです。

 勉強だけじゃなく、彼らのやってることを理解しているのとしてない
 のとでは、親に言えないようなことや、わかってもらえないようなこ
 とを打ち明けてくれる度合いが全く違うんです。

 親は勉強のことはうるさく言うし、成績とゲームとを結びつけること
 が多いですが、実際できる生徒でもゲームやtwitterはやってます。

 ただ、きちんと時間管理できているし、やりすぎものめり込みもなく、
 自分を持っている子が多いため、そういったことをやっていても、何
 も問題が起きないわけです。

 子供の性格にもよるので、ちゃんと管理しないとはまってダメになっ
 てしまうような子もいますから、そこはそれぞれの家庭で自分の子供
 はどっちのタイプなのかで判断することだとは思います。

 うちは、たまたま娘が飽き性?だったので、何にものめり込まないの
 が助かっているだけで、特に私の教育がよかったとか、そんなことは
 全然ないのが、まあちょっとあれなんですけど・・・・・

 親がえらそうにああだこうだと説教しても、何もわかってないくせに
 何を言ってるんだと思われて、馬耳東風になるよりは、自分も色々
 彼らの世界を知っている上で、アドバイスした方が説得力もあるかな
 と思ってます。

 へえ、先生もそんなことするんだと親近感を持ってもらえますし、
 楽しいことを知っているから、制御することの難しさも理解できます。
 それをいかに自己管理して、上手に勉強も睡眠も取りつつ、それでい
 てちょっと楽しめるようにするには、どうしたらいいのかなんてこと
 を、さりげなくアピールできたりもするんですよ。

 こうして書いていると、ビリギャルのさやかちゃんの先生もそうでし
 たね。生徒の興味のあることを自分もやってみて、下調べをものすご
 くやってました。最初から先生や大人を斜めに見る子も、彼らの気持
 ちや、やっていることに理解を示した上で、こうしてみたらと言われ
 たら、意外に素直になるのは、よくあることです。

 普段あまりしゃべらず、何を考えているのかわかりにくい子でも、
 案外趣味の世界をきっかけに色々話してくれるので、心を開いてくれ
 る子は、自然とこちらのいうような勉強をちゃんとやってくれるよう
 にもなります。

 まあ、最初からそういうことが必要ない子もいて、勉強を自分でさく
 さくやれるような最上位層には、全然関係ない話かもしれませんが、
 人間、みんなそこまで意志が強いわけじゃないです。
 誰しも不安を抱えていますし、鉄壁の教科をたくさん持っている優秀
 な生徒でも、悩んでばかりいる姿を見ていますから、そんな時にちょっ
 とだけ、勉強じゃない話ができる時間があるのは、悪くないかなと
 思います。

 それにしても最近のスマホのゲームはよくできてますよね。
 絵はきれいだし、ゲーム機でやるのとそれほど遜色ないぐらいに、
 システムもちゃんとしてて、画面が小さいこと以外は、手軽さでも
 楽しさでも、かなり据え置き型のゲーム機といい勝負になってきて
 いる感があります。

 これじゃあ、ゲーム機もよほどのソフトを出さないと、どんどん携帯
 ゲームに人が流れてしまいますね。
 お気軽に今までやってなかった人でもできることが、ゲーム市場を
 広げているのもうなづけます。

 すいません。ここでそういう話を熱く語ってる場合じゃないですね。
 とりあえずは、私のゲーム好きをちょっと擁護してみたかったとい
 う不純な動機で、長々とつまらない話をしてしまって、読者の皆様
 申し訳ありませんでした。と、一応言っておこう。




 ゲリラ豪雨なみに降ったかと思うと、
 晴れてみたり、なんか外に出るに出られない
 のが、ものすごくストレスに感じる
 まめっちママに愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ




 
 
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。