プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
736:管理人のみ閲覧できます by on 2015/04/25 at 21:45:07

このコメントは管理人のみ閲覧できます

▼このエントリーにコメントを残す

   

担任との面談

 新しいクラスの担任の先生は、昨年と同じように熱血系です。
 思えば娘のクラスの担任って、今まで熱い先生ばかりでした。
 (暑苦しいともいう・・・

 何事にも全力で、クラス一丸となって行事にも取り組み、数々の奇跡
 を起こしてきました。中2の時だけあまりいい思い出がなかったんで
 すが、あの時は色々人間というものに対して悩んでいて、それこそ
 自分の存在意義や人間って何の価値があるんだろうとか、哲学的な事
 を一丁前に考えていた時期だったので、娘自身が飛躍するための試練
 みたいなものと考えれば、今となってはどうってことないことだった
 のです。

 時折揺り戻しはきますが、少しずつ前に向かって歩み出しているのが
 わかるので、これでいいんだと思います。

 そんな娘の新しいクラスになってから初めての面談がありました。
 去年も教えてもらっていた先生ですが、担任にならないと娘のような
 靜かな先生に何もしゃべらない生徒のことなんか、よくわからないの
 が普通です。

 クラスを担当して初めて、この子ってこんな子だったんだと驚かれ、
 そして徐々に面白い子だなという評価に変わり、娘の面白発言や行動
 を楽しみ?にしてくれるようになっていくのが今までの担任でした。

 ただ、担任の先生って男の先生は細かいことに目をつぶって、あまり
 うるさく言わない人が多いですね。この間なんか娘の友人がうっかり
 携帯を落としてしまって、もろに先生に見つかったんですが、見て
 みぬふりして、見えなかったと言ったのは、やはり男の先生でした。

 これがねえ、女の先生だともう目くじら立てて叱り、始末書書かされ
 るんですよ。いや、校則で禁止となっているから、本来はその女性
 教師の方が正しいんです。ただね・・授業中使ったわけじゃないし、
 正直高校生ってほぼ全員携帯持ってます。公立だと持ってきていいと
 いう所もたくさんあるし、このご時世、そこは授業中にLINEしたとか
 ゲームしたとかじゃなければ、ちゃんと電源切って帰りに連絡用と
 して持っているだけぐらいなら、もういいんじゃないの?と私なら
 そう考えます。

 娘なんかトイレの壁によじ登ってたとこを担任に目撃されてますし
 学校のゴミ箱にいらなくなったテキスト捨てたこともあるんです。
 (すいません・・・ろくでもないことばかりしてます)
 もうねえ・・・きっちりしてない子なんで、適当にやったことが
 爆笑物で、変な奴と思われていることは間違いなんですが、それで
 も男の先生はそんな娘を楽しい子だと思ってくれるので、助かって
 ます。

 うっかり携帯の電源切り忘れで、バイブが鳴ってしまったことも
 あったんですが、その時は担任の先生が自分の携帯をポケットから
 取りだし、あれ?今鳴った気がしたけれど、気のせいか?とそれで
 終わったし・・・・・

 あれだって本当はばれてたんだと思います。
 今ならそう思えます。娘はばれんかった、セーフと思っていたよう
 ですが、最近は先生の配慮だったんだと気づいたようです。

 そんなわけで、今年も担任の先生(男性)は意外にも優しく、面談
 では、理系なのに数学がいまいちの娘に

 「英語はさすがやね。これだけいい物を
  持っているんだから、あとは数学だけや。
  それができたら最強になるぞ。
  英語は後から伸びるとか言うけど、数学の方が
  伸ばしやすいから。」

 これだって娘を励まして頑張らせるために言ったことだとは思いま
 すが、娘はそれだけで「ちょっと自信が出てきた」とうれしそうです。

 国語は古文や漢文のでき次第で点数が動くので、今一つ英語のような
 得意科目とは言い難いんですが、これは何とかなると思っています。
 理科も娘は化学さえもう少しできるようになれば、物理は何とかなる
 と言うので、今年は理科を頑張ってまだみんなが主要3科目しかやっ
 ていない間に差をつけておきたいと考えています。

 まあね、差をつけるなんてできはしないんですが、むしろ数学で
 これ以上おいていかれないようにすることの方が大事だと言いたい
 けれど、そこはね、せっかくのやる気に水をさすこともないでしょう
 から、頑張れと励まして何とかその気にさせて成績アップしてもらい
 ましょう。

 担任からは、わからない問題があった時は、どうしているんだと聞か
 れたそうです。とにかく考えて頑張ると娘は言ったみたいですが、
 考える時間はどれぐらいやっているのかと聞かれ、一時間ぐらい・・
 ひどい時は2、3時間考えることもあると答えたら、もう思い切り
 笑われ、

 「考えるのは15分にしようか」

 そうですよね。そればっか考えても時間の無駄だし、どうにかして
 解いてやろうという根性はすごいけど・・・・

 ものすごく効率悪いですから!

 さっとさと次にいって、まとめて先生に聞いて数をこなしていく戦法
 に切り替えなさいよと言いたい。

 やることなすこと娘仕様の時間の流れ方で進むので、そこはそうじゃ
 ないと口だししたくなることが山ほどあるんです。
 でも、私もやはり女性目線なんですね。男の人みたいにさらっと言え
 ない。娘も担任から言われたことは、すごくちゃんと聞いていて、
 そうしようと思えるらしく、私がいくら言っても馬耳東風だったのに
 たぶんアプローチの仕方がまずかったんでしょう。

 なるほどと思うことは多いです。自分ではちゃんとやってるつもりで
 も、子供にはうざいと思われることがたくさんあるみたいです。
 他人の口から言ってもらう方が娘には効果があるようで、親は近すぎ
 ていらぬことまで全部言ってしまうから、関係が暑苦しくなるんです。
 
 ちなみに女性担任(中3)だった時も決して悪かったわけじゃない
 です。むしろとってもいい先生にあたったんです。
 思い出は一番その時に出来たし、クラスが最高だったのも、その時
 でした。だから熱血先生は娘との相性は悪くないんです。

 ただ、たまに暑苦しいなと感じるだけで、本気度が伝わってくる先生
 は、やはり最終的にはいい先生なんですよ。

 そのこともわかっているので、今年もそう言う意味では当たりだった
 んじゃないかと思います。

 どうか最終学年に向けて娘が飛躍できる年になりますように。
 それだけを祈ってます。




 外はすっかり暖かくなってきましたね。
 ゴールデンウイークが終了しても中だるみ
 しないように頑張って欲しいなと願う
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
736:管理人のみ閲覧できます by on 2015/04/25 at 21:45:07

このコメントは管理人のみ閲覧できます

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。