プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

得意科目を頑張るのか苦手科目を克服するのか・・・

 高校2年になってから、娘は理系を意識した勉強にシフトしています。
 世界史赤点だったというのもあるのですが、社会がダメダメなので、
 それから解放されたということもあってか、これからは理科を頑張る
 ということで、物理より苦手意識があった化学を勉強し始めました。

 今まで化学は特にどうということもない普通の科目でした。
 試験前に何とか覚えていって、点数を取るというぐらいで、不得意で
 も得意でもない中途半端な科目だったんです。

 でも、理系選択が決まり、物理クラスに入り、もう一つの理科科目が
 化学ということで、どうしてもこれはできるようにならないといけな
 い科目になった今、娘は今まで適当に試験前だけ頑張ってきてごまか
 してきた化学が気になり始めたみたいで、よくわかっていなかった
 単元を復習するべく、参考書を一気に3冊買い込み、毎日電車内でも
 読めるように学校に持参するようになりました。

 そんなことは今まで一度もなかったことで、自分から不得意な部分を
 復習するようになったのは、大きな進歩です。

 もちろん最初だけは意気込みがあるので、ずっと続けないと意味は
 ないのですが、少なくとも今は勉強をしようという気持ちがあり、
 苦手なプリント整理や、復習、予習などをちゃんとやっているような
 ので、うるさく言わないで見守ろうとは思います。

 数学も青チャートを真面目にやるようになったので、色々やらなくて
 も既存の物をやりつくすことで、十分力をつけることはできるのだと
 いうことに娘自身が気づいたみたいです。

 だからあれこれ取り寄せていた添削、通信、塾の案内なども、娘には
 それほど必要だとは思えないらしく、様子を見ながら随時方向を決め
 て行くしかないかなと思っています。

 個別指導は必要な時に回数を増やすこともできますし、聞きたいこと
 が多い時には、追加で授業を取るようにすればいいかなと・・・
 今まではお金がかかるので、あまり個別の回数を増やすことには消極
 的だったのですが、祖父が娘に今できることをしてやれと、金銭的な
 援助までしてくれるようになったので、その有り難い気持ちを大切に
 しないといけないと思うのもあって、娘も無駄にならない勉強の方法
 を真剣に考えるようになったんでしょうね。

 やらないのに親があれもこれもと準備して先回りしても、娘には負担
 が重いだけで、実際それほど色々なことをやらなくても、力をつける
 には、結局シンプルな手段が一番いいということを肌で感じるように
 なったというのもあります。

 自分の力量は自分が一番わかっているし、どれぐらいの量ならこなせ
 るのか、無理なプランを立てても続かないなら意味がないので、いか
 に少ない時間でも効果を上げられるかを考えると、通塾の時間も勿体
 ないし、やりたい単元ではない毎月決められた授業の動画を見るのも
 何か違う・・・・

 やはり自由度が高いもので自ら勉強するのが一番ということになる
 んです。参考書という昔ながらの勉強が今になって最適だと思える
 ようになったのも、どこからでも勉強を始められ、自分が調べてすぐ
 答えが得られるというところが、娘のようなせっかちで、人に左右さ
 れたくないタイプにとっては、とても理にかなった勉強法なんだとい
 うことのようです。

 計画を立てられない娘なりにたどりついた方法で、結局子供って親と
 同じような道をたどるのかと驚いています。

 私も塾なしで勉強してきて、高校になってから初めて、わからないと
 ころを近所の理系学部を卒業して社会人になっている知り合いのお兄
 さんにたまに教えてもらってだったので、今のように小学生から塾通
 い、中学も高校もずっと塾なんていう経験をしたことがなく、正直
 勉強は自分でするものという意識は高いです。

 でも、昨今の受験事情を考えると、塾なしという人はマレで、中学
 受験では必須だし、その後もみんななにがしかの塾か予備校に通って
 いるのが普通です。だから我が家でも娘は塾通いしましたし、今も
 個別指導だけはつけています。そんな娘が自ら私と同じように集団塾 
 を拒否し、紙物で勉強することを選んだのは、親子だからなのかなと
 思えて、不思議な気持ちになりますね。

 時々動画を好きなところから見て勉強するというスタイルが新たに
 加わったぐらいで、後は参考書と問題集で自学です。
 これでいいのかどうかは正直わかりません。

 英語は昔お金をかけたおかげ?で学校の授業に困らない英語力を身に
 つけることができたし、リスニングに関してだけ言えば、ネイティブ
 と変わらないぐらいに聞けて、日常生活ぐらいなら今すぐにでも海外
 でできるだろうなとは思います。
 ただ、受験英語ではないので、勉強はしないといけないんですが、
 格段にそれが楽になったことは確かです。

 だからお金をかけないでこれからやろうとしている勉強がどこまで
 通用するのか・・・もしかしたらやはり予備校に通うという選択にな 
 る可能性もゼロではないです。

 どっちにころんでも、娘がやらないといけないと思うようになったこ
 とを評価してやりたいとは思います。





 ガス漏れ警報機の取り替え作業で、近所の
 人が本当の火事かとびっくりするんじゃ
 ないかと思うぐらいけたたましい音が鳴り、
 心臓が飛び出そうになった。
 「まじでびっくりする」それを言ったら
 作業の人が一言、「音小さいと意味ないですから」
 そりゃそうだ・・・気づかずに寝てて死んでました
 じゃ、洒落にならないと思ったまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す