プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

家計大幅見直し・・

 新学年になるにあたり、気合いが入って携帯電話解約か?と思われた
 娘の友人(医学部志望)が、やはりさすがに解約してしまうと連絡が
 とれなくなるので、携帯のプランを変更して2ギガのコースにしまし
 た。うちも丁度携帯電話の料金があまりにも高いので、考えていた
 ところだったので、偶然にも同じプランにすることになり、これで
 私と娘の携帯は家のWi Fi環境でネット接続する以外、外ではあまり
 使えないという状態になりました。

 元々そんなに外で使うわけではないので、これで十分だと思います。

 お金でいうと、かなり安くなります。格安携帯まではいかないものの
 携帯の2年縛りがなくなれば、家のネット環境とのセット割引がきく
 会社に乗り換えることで、今のi phoneを手放すことなく、そこそこ
 携帯代を抑えることができそうです。

 まあ、その頃にはもっと色々なプランが出て来るでしょうし、大手
 キャリアもいつまでも高いままでは、顧客の流出も多くなるので、
 それなりに遜色ないプランを出してくるでしょう。

 それを見極めてからでも、格安携帯に移行するのは待ってもいいかな
 と思っています。

 次に見直すのは保険ですね。
 これも安い保険が続々と出てきていますが、よくシミュレーション
 してみると、それ程安くならないことも多いです。

 大抵安い値段を強調している内訳を見ていると、年齢がものすごく
 若い人の例だったり、一番低い保障額の時の値段だったりで、今の
 うちの保険額のようなプランを他で探すと、結局余計に高くなるよう
 な感じで、上手く作ってあるなと思います。
 
 ただ、見直す点はあります。うちの保険の考え方では、若い時に働き
 手が死亡するというのが一番困るだろうというところに重点を置いて
 いるので、子供が小さい時ほど保障を厚くしています。

 保険に貯蓄性を求めていないので、基本掛け捨て型を選んでいます。
 こうすることで掛け金が安くなりますし、大きな保障を得られるので
 後で戻ってくることを考えずに、本当に困った時に保険は必要なもの
 という考えです。

 医療保険は別立てで、終身にしていますから、これは変えずにそのま
 までいこうと思っています。ガン保険もそうです。

 家族全員入っているので、見直す点はあまりないかなと・・・・
 ではどこをいじりたいのかというと、定期保険の部分です。

 うちのプランでは大型保障をするかわりに、60才までしか死亡保障は
 ついていません。この年齢まで生きられたら、子供も一応大学に入学し
 ているし、親としての責務は果たしたということになるので、そこか
 らは子供自身が自分で考えていくべきだと思うので、それまでの保障
 が厚くなるように組みました。

 小さい時に一家の大黒柱が亡くなったら、本当に女手ひとつで育てる
 かなり厳しい生活になるだろうと思うので、そこをカバーするという
 考え方で、それがもうほとんど必要なくなった現在、保障額を減らし
 その代わり、もっと高齢になってなくなった時にせめて葬式代ぐらい
 は出るようにしておかないと、娘に迷惑をかけるでしょうから、私も
 少しでいいから死亡保障のある保険に入り、旦那の保障を減らして
 保険額が今より低くなるように組み直してみようかと考えています。

 携帯代と保険料ぐらいしか家計で削れるところがないし、子供の教育
 費はそもそも削れない分野なので、何とかこれでやりくりしていこう
 と思っています。

 うちは本当に庶民の家なので、娘の友達の家のように3人私立とか
 更にプラスして塾とかは無理です。一人っ子だからこそできたという
 のが正直なところなんで、できれば国公立に行って欲しいなと・・・
 下宿するなんてことになると、ますます苦しいので、通える範囲の
 関西圏の国立にお願いします。

 景気がもっとよくなって私ももっと今の講師業を拡大させれば、話は
 別なんです。予備校の非常勤になって毎日仕事を入れれば、扶養範囲
 内とか言わず、税金も払ってになって、もう少しゆとりもできるかな
 と思わないでもないんですが・・・・

 縁の下の力持ち的な役割の方が向いているってのもあるし、娘には
 事務的なサポートが必要なので、私が全面的にかせぐ方向に行くと
 管理してやる人がいなくなるので、それはそれで困るなと・・・・
 
 自立するのはもちろんのことなんですが、できない苦手な部分は誰し
 もあるので、放ったらかしにしてしまうのは、結構勇気がいるんです
 よね。サポートしてやるのもせいぜいあと2年なので、それまでは
 見守ってやりたいと思うし・・・・

 とまあごちゃごちゃ考えてばかりですが、こちらのお金のことは親が
 何とかするとして、一番の問題は本人なんです。

 ここが重要で、いくらこっちが色々考えて手を打っても、やるのは
 本人ですから、娘がどれだけ気を引き締めて本気で頑張ってくれるか
 そこですよね。

 最近は予習を少ししているようなんですが、まだ春休みということも
 あって、新学年になっていないから、そこまで本気モードじゃないし、
 最後の休みを満喫して、新学年要するに4月から頑張るよということ
 みたいです。

 そこがそもそも間違ってるんですが、本気モードの子はこの3月から
 すでに新学年に向けて講習会などでやり始めてますから、娘は、ここ
 でもやっぱりマイペースのんびり型ですね。

 こればかりは親がどうしようもないし、4月からの本気度を見極めて
 いきたいと思います。

 

 
 春の選抜高校野球は夏と比べると
 いまいち盛り上がりに欠ける気が
 するけれど、彼らの頑張りを見て
 いると、ちょっと元気がもらえる
 気がするまめっちママに励まし
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ




 

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す