プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

センタースタート中学受験もスタート

 私立中高一貫校なら土曜日は当然のごとく学校があり、休みになるの
 は、この中学受験がある時だけなので、娘は好きなことをまったりす
 る日に決めてしまって、絵の上達に励んでいます。

 今月は模試が目白押しで、これを頑張らないと高2のクラスで上位に
 残ることができなくなるというのに、まあこののんびり。

 こればかりはもうどうしようもない娘の性格ですから、たとえビリで
 もいいからギリギリですべりこんで、受験もぎりぎりでもいいからと
 いう気持ちで、運まかせの人生を送るんでしょうかね。

 心臓に悪い生き方をする子なので、親も覚悟を決めておかないといけ
 ないのですが、そんな娘にも期待している祖父母の存在があり、今回
 祖父(私の父)が脳出血で入院したことで娘が何かじいちゃんのため
 に頑張るのかと思いきや、まだそんな気持ちはあまりないようです。

 そうこう言ううちに、幸運なことにおじいちゃんは無事退院しました。
 もし大出血していたら、今頃言語障碍が残っていたか、手足の麻痺が
 あるとか・・・あるいは命が危なかったか・・・そういう大事に至る
 可能性があったのです。

 それがわずか10日ほどで退院できて、後遺症もなく普通に歩いて家に
 帰ることができたのは、本当に不幸中の幸いでしかなく、連日重なる
 事件もすべてなんとか乗り切っている状態なので、新年は苦労するけ
 れど、どうにかなるという年なのかなと・・・・
 どうかあまり不運が重なることのないように、何とか切り抜けていき
 たいですけどね。

 我が家のスタートはあまり順調じゃないものになりましたが、そんな
 こととは関係なく、世間ではセンター試験と関西では中学入試が始ま
 りました。
 娘の学校でも入試が行われ、また新入生がたくさん受験しているわけ
 です。ついこの間娘が入学したと思っていたのに、もう再来年のこの
 時期にはセンターを受けるんですよね。

 小学生が長かったという思いがあるので、中学が早すぎて高校生活も
 もう一年が終わるというのは、なんか信じられないスピードなんです。

 別にうちのまわりだけ時間が早く流れているわけじゃないですが、そ
 う思うほど一年がたつのが早すぎて、ぼやっとしているとあっという
 間に大学受験です。おじいちゃんの退院を迎えに行った帰り、電車で
 やけに学生が多かったので、ああ試験帰りなんだ、みんな頑張ったん
 だねと、娘の2年後の姿と重ねてしまいました。

 それまで祖父母が元気で生きていてくれて、喜ぶ顔が見たいなと今回
 の祖父の入院でつくづく思いました。

 健康であることって本当に大切です。
 受験の成功ももちろんだけれど、生きて健康であることって何にも
 代え難いものですからね。

 折しも17日は阪神大震災の日でした。
 身近でなくなった人こそいませんが、当時、お墓参りに行った時
 お墓は無残にも倒れ、うちの墓も上の石が落ちていて、それを載せ
 きちんと置き直して何とかきれいにしてきましたが、今も片付けられ
 ていない無縁墓が残っています。

 誰もこないそのままになっている墓が一つあるのです。
 きっと関係者の方が亡くなってしまったのだと思います。
 それぐらいあの時の震災はひどかったですから、娘がその後生まれて
 今何も知らないでのんびり生きているのが不思議な感じです。
 
 生きているのも亡くなるのも紙一重なのかもと思うと、生きている
 ことに感謝して、無駄に生きることだけは避けたいですね。

 そして苦しい時の神頼みとかじゃなく、いつも神仏への畏敬の念を
 忘れないように日々心していきたいとは思っています。
 
 それにしても相変わらずセンターはどこか不具合が必ず起きますね。
 リスニングの機械の不調もいつもあるし、問題ミスもない年はないぐら
 い絶対にあるし・・・・・

 そう言えば、この間の学校の模試の時、英語のリスニング中にチャイ
 ムがなったそうです。それでなくとも難しいリスニングだったらしく
 聞き取ることはもちろんできたのですが、その通りに埋めるのではな
 く、言葉を替えて穴埋めするような感じだったらしく、二度目を真剣
 に聞いている最中に鳴ったということで、娘はカンカンでした。
 そういう凡ミスって絶対にあるのですよね。

 センターにしてもそうですが、人間のすることだから、完璧はなかな
 か難しいのですが、ちょっと気をつけたら防げることが毎年できてい
 ないというのも、どうなのかなとは思います。
 だから余計にこれ以上複雑な試験制度にして人が人を判断するような
 曖昧さまで加わったら、試験の公正さは保たれるんだろうかと不安に
 なります。

 今の小学校6年生ぐらいより下のお子さんをお持ちの方なら尚更心配
 でしょう。どうか大混乱のないように、納得できるテスト方法をしっ
 かり年月をかけて検討して欲しいですね。

 
 
 

 寒すぎて外に出たくない病が加速し
 怠け者になりつつあるまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ




 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。