プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

担任の先生の優しさが身に染みる

 三者面談を終えた娘のクラスの他の子の様子を聞いていて、面白いな
 と感じたことが幾つかあります。

 一つは担任の対応の差ですが、出来ない子にはもちろん発破をかけ、
 ひどく叱られたという話もあるのですが、できる子が褒められるより
 どこか欠点を見つけ出して注意されるというパターンが意外と多いの
 です。

 できてるんだから素直に褒めればいいのにと、気のいい娘はそう言う
 のですが、勉強だけできればそれでいいのだということにならないよ
 うに、生活面や友達関係、性格など多方面にわたって担任の先生が
 意外とよく観察しているということなんでしょう。

 だから「最初大人しい子かと思っていた」と言う担任の先生も、娘の
 ことをよく見ていてくれて、クラスの人気者ですよと言ってくれたり、
 定期考査の悪さには目をつむり、英語の成績が素晴らしいと、そこは
 大いに褒めてくれて、まあ他に褒めるとこないからなんですが、何と
 かいいところを見つけてモチベーションを保てるようにしてくれたの
 だと思います。

 もし成績でひどくけなしていたら、娘のような子は伸びないタイプな
 ので、そのあたりも考えての対応だったんだろうなと・・・・・

 平たく言うと、できの悪い娘みたいな子には、やる気をそがないよう
 に頑張らせる暖かい言葉をかけ、できる子には安心して気を抜かない
 ようにきつめのことを言うということなんです。

 親ですから、そんなことはわかっています。
 だからこそ娘には、先生の心を無駄にせず、真剣に頑張って欲しいな
 と思うわけです。
 
 理系選択の話の時も、数学のこのできでは文系の方がいいですよなん 
 て言われても仕方無いなと思っていたのですが、娘の希望を尊重し、
 決して無謀だとかそういうことは言わなかったです。

 もちろん今の段階では、まだ全然わかりませんし、高3になっても
 数学が低迷していたら、それこそそんな甘いことでは済まないので、
 今だからこその対応だとは思います。

 模擬試験に強い娘だから、3学期にまだ4つも模試が残っている状況
 では、そこで十分挽回するチャンスがあると、先生もふんでいるのだ
 と思います。最後にやった物理のテストも、クラス平均以上取れてい
 たので、理系でいいという確信を娘も持ったのでしょう。

 ただ、たまに娘に言われるんです。

 「ママはうちが○○大なんて無理って
  心では思ってるでしょう。
  才能があるとか、地頭がいいとか言ってくれても
  本音では無謀とか思ってるんだと思う。
  でも、うちはそんなこと思ってないから。
  本気でいけるんじゃね?と思ってるし・・・」

 ここまで言われたら、私も何も言えないです。
 口先だけじゃないということを証明してくれると信じるしかない
 わけです。娘がこうと決めたらやりぬくことができるのも私は知っ
 ています。ダイエットに取り組んだ時も、こっちがそんなのやめな
 さいと言うぐらい厳しく節制してましたから、根性を本気で出せば
 できるのです。

 ただ、それは人から言われてではなく、必ず自らがそう強く思わな
 いと無理です。

 そんな頑固な性格の娘には、丁度いい間合いを取れる先生がいいわけ
 で、担任が熱血すぎて少々困っていた娘ですが、今はその心がわかっ
 て、前は軽い先生だと思っていたけど、今はとてもいい先生だと思う
 と評価ががらりと変わり、お互いに相手が理解できたということで、
 この一年で娘という人物をようやくわかってもらえたかなと思うと
 親的にはうれしいですね。

 こんな風に言ってますが、実は担任の先生が娘を見る目が変わった
 出来事ってたくさんあるんですよ。

 大人しくて真面目な子というイメージは、確かにそうなんですが、
 この大人しいというところ、ちょっと違います。

 真面目は真面目です。規則を破ったり、宿題の課題を出さないとか
 そういうのは絶対にないし、品行方正。ちゃらいことは大嫌いな堅物
 ですが、たまにとんでもないことをやってくれるのです。

 その昔(小学校時代)は、体育館の二階から飛び降りて(マットの上)
 クラスの悪ガキ達がこぞって真似してしまって、先生から何か心配事
 でもあったの?命は大切にねなんて言われてしまったり・・・・
 いやいや、そういうのじゃないんですよ。単に気持ちいいだろうなと
 いう理由で高い所からジャンプしてみたかっただけです。

 掃除中の体育館の中みんながいる時ですし、死ぬ気で飛び降りるんだ
 ったら、二階じゃないでしょ。マットも敷かないし・・・・・

 何か根性を示したくて、尻込みする男子生徒をものともせずに、一番
 にジャンプしたという・・・・アホですわ。

 そんな娘が高校でやったことって何だと思います?

 いい歳して完全なアホですよ。

 トイレの壁でスパイダーマン登りしてたんです!
 (お前は一体いくつやねん!)

 両手を壁についてすいすい上っていって、友達と遊んでいたという・・
 もう呆れて物が言えないですよね。

 女子のすることじゃないでしょ?
 そこを担任の先生に目撃されて、目があって無言でするする降りてき
 たなんて、アホすぎて笑える。
 娘はただ恥ずかしくて逃げたかったそうです。

 でも、担任の先生は何も言わずスルー。
 
 面談で言われたらどうしようかと思っていたらしく、ドキドキした
 よと言う娘。

 いやもうそれ知ってるから。今更言われても驚かないし・・・

 ロッカーが雪崩れてきて、プリントを整理していてビリビリに破って
 遊んでいたのも目撃されてるし・・・・

 まあろくでもないことをやっているのを結構見られているんで、こい
 つ本当はかなり変な奴だと思われているのは間違いなく、大人しい
 子という印象はとっくに一億光年の彼方に飛び去ってます。

 男の先生ならではの懐の大きさですよ。

 有り難いことですね。来年は本気でもう少し期待に添える成績を残し
 てくれるといいんですが・・・・・

 どうなんだか・・・・・




 インフル包囲網が迫ってきて、
 大丈夫かなと心配で仕方無い小心者の
 まめっちママに励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ

 
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。