プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

三者面談終了して

 あまり気が進まない面談が終わり、今年も残すところわずかとなりま
 した。何を言われるかとびくびくしていましたが、成績については、
 それほど色々言われることはなく、大体わかっていたので、別に目新
 しいことは何もなく、むしろ高校2年生の理系か文系かどちらを選択
 するかについての話がメインでした。

 数学の点数が今一つなので、理系というのはおこがましいのですが、
 やりたいことが決まっているのに文系にするという選択はそもそも
 なく、教科書も発注しないといけないので、その場で理系選択となり
 理科は物理、化学。社会は地理という王道の科目に必然的になりまし
 た。

 これはもう娘的にもそれしかないという選択で、生物が大嫌いなので
 生物選択はないし、物理は得意という意識を娘が持っているので、点
 数はそれほどいいわけじゃないですが、本人の意識の中で物理=得意。
 という妄想ができあがっていて、それなら思い込みでいいから、苦手
 意識を持たない科目を選択するのが最善だという結論になったわけで
 す。

 何だかあやうい選択ですが、背水の陣で望むぐらいじゃないと、今後
 志望校には到底届きません。
 
 模試も3学期に集中してあるので、それを乗り越え、2年生のクラス
 で再び上位に残れるようにすることが当面の課題です。

 その後は、理系科目に絞って勉強し、模試も5教科になってくるので
 それでどれだけ取れるか・・・・今の成績や判定は全くあてになりま
 せん。そもそも3科目しかないし、まだそれほどエンジンがかかって
 いない子も多いし、部活に励んでいる子もいます。

 模試も受けていない学校がまだ多くあるし、そういう上位層が受け
 てくる高校3年生の模試の成績を見てはじめて、自分の希望が叶うか
 どうかがわかるというものなので、今は判定で例えAが出ても、それ
 が最終の判定じゃないということで、これからますます厳しくなって
 くるでしょうね。

 ところが、娘はあまり意に介していないのです。
 高入生が混じって模試の母体人数も増えている中、以前より順位も取
 りにくくなっていくことが考えられます。
 中高一貫生の優位性はあるものの、高入生の中にも確実に賢い層がい
 て、上位100番内に入っている生徒もそこそこいるので、それらの
 人数も含めて、今まで取っていた順位をキープするだけでも大変なの
 は間違いなく、競争人数は確実に増えてくるわけです。

 学内でもそうなんですから、全国で見ると段々模試の人数も増えて
 今よりずっと多い母体集団の中で戦うことになるわけですから、気を
 ひきしめてかからないといけないと、親の私はものすごく危機感を
 持っています。

 でも、娘は全然そういう人数は気にならないらしいのです。
 高入生で賢い子がいるのもわかっているけど、そんなことはどうでも
 いいそうです。人がどうであろうと自分はできない気がしない。
 そのポジィティブすぎる思考にいつも驚かされるんですよね。

 娘は自分が自信がないものは、本当にダメで、自分が大丈夫と思える
 ものは絶対に大丈夫なんだという、確信を持っているのです。

 とりあえずは学校の勉強を確実に100パーセント理解するということ
 が大切で、他の物に色々手を出すのではなく、教科書と問題集を確実
 にやっていくようにしようとは思います。

 とはいえ、遊ぶ計画が先行している娘のことだから、どこまでできる
 のかという話なんですが・・・・

 今日もユニバに友達と出かけて最終まで遊び倒してました。
 明後日は映画「ベイマックス」を見に行く予定だそうです。

 これは私も見たいと思っているので、旦那を説得して見に行くつもり
 ですが、娘は気に入ったら、たぶんDVDを買ってくれと言うだろうか
 ら、それでしばらくまた英語の勉強ができます。

 何度も見てあきるほど聞くので、英語の勉強にはもちろんなるし、耳
 の訓練にもなりますから、映画鑑賞はどんどんやって欲しいですね。
 これぐらいしか、娘が英語をまともに勉強することはないんで、いい
 機会だと思います。

 海外に留学するような気はないみたいだし、国内で今以上に英語力を
 つけるためにも、洋画鑑賞ははずせないです。

 勉強しているという感覚なしに勉強になっているというのが娘には
 いいのです。この感覚のおかげで、入試英語も苦しい科目とならずに
 すんでいるわけですから、幼児期の英語教育は、やはりやってよかっ
 たということになるんでしょう。

 まあ、どんなに素晴らしいものでも磨かないとただの石になるんで
 娘の英語も磨かないとダイヤモンドにはなりません。

 そこは自覚してもらって、今後ますます輝きを増すように、努力して
 欲しいですね。

 


 最近のインコブームの影響か、新しい
 インコがたくさん入荷されていて、その
 中の一羽黄色と緑の混じったセキセイインコが
 人なつこくて、ガラス越しに人間を見ると、飛び
 上がり寄ってくるのがかわいすぎて、ずっと見て
 いた暇人まめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。