プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

将来への漠然とした不安

 個別指導から帰って来る娘を迎えに行った帰り道に、娘がぽつりと
 言ったんです。
 
 「勉強全然してないって言うのにできるって本当にある?」

 そんなのあるわけないでしょ。勉強してないって言うのは、その人の
 基準ではやっていないということで、決して全く授業も聞かず、ノー
 トも取らずにそんないい成績を取ることはないはず。

 娘は普段は根拠なき自信であきれるほどポジティブですが、たまに
 不安になるのか、自分は本当はできない子なんじゃないのか、本当に
 できる子なのどうかわからなくなるというような発言をすることが
 あります。

 たぶんそういう時って、何かあったんです。

 で、聞いてみると、いつもはひどい成績でどうしようもない子が、
 親に携帯を解約すると脅され、本気で今回テスト勉強を真面目にした
 そうで、社会や生物なども高得点を取り、やればできるを証明した
 らしく、娘は自分なりに定期考査の勉強をしたつもりなんですが、
 前回はいい点数とひどい点数の差が激しく、トータルでそれほど得点
 が伸びなかった反省から、今回は万遍なく勉強し、どれも手を抜きす
 ぎないように勉強したにもかかわらず、極端にひどい点数はなくなっ
 たものの、今度はいい点数もなくなり、結果としてやはり前回とそれ
 ほど変わらない総合得点に落ちつきそうな気配で、何か成績が上がる
 方法がわからないと悩み始めたみたいで、いつもより気弱な発言が出
 てきてしまったというわけです。

 でも、娘の勉強は確かにやっているとは言えないような感じで、私が
 見ていても、普段の勉強が全然足りてません。
 テスト前の頑張りは当たり前ですし、そこは勉強しない人の方がいな
 いでしょう。

 どう考えても勉強の総量が足りない。これにつきるのです。
 
 自覚がないのが怖いんですが、毎日一時間でも決めて勉強して、宿題
 以外のことも頑張る気持ちがないと、根本の勉強なんてできるように
 なるはずがないです。

 パズル系の問題を考える力はとても優れているし、脳トレ系にもやた
 ら強いです。でも、それと受験用勉強とはまた違うし、実際受験って、
 どれだけこつこつ膨大な勉強を努力して覚えたかを見るものなんです。

 頭がいいとかではなく、実はいかに努力できたかを見るという性質の
 ものなので、頭をひねってひらめきを問うわけでも何でもなく、ただ
 誰もが苦しい勉強を最後まで粘り強くやれたかどうか・・・・

 そこなんですよ。

 それが娘にはわかっていない。頭の良さなんて入試では実は求められ
 ていないのです。もちろん東大の理Ⅲとかは特別なのかもしれないで
 すが、基本的に一部の超優秀な本物の天才を対象にしているわけでは
 なく、普通の子が頑張った証しが入試なんです。

 それが娘にはまだはっきり理解できてはいないみたいで、無限に続く
 努力という忍耐に立ち向かう気力がないのが一番彼女のダメな点で、
 自分でもそれがわかっているから、時折弱気になるのだと思います。
 
 少しの努力と継続で上手く立ち回ることができる子は、それでいい
 んです。そこにコツコツ型の根性を押しつけてもそれは的外れです。

 むしろそういう才能を持って生まれてきたことに感謝し、効率よく
 勉強して人生をスマートに乗り切っていける幸運に恵まれたという
 ことを喜ぶべきだと思います。

 でも、なかなかそういう子はいそうでいないもので、泥臭くても
 頑張っている姿に多くの人は感動を覚えるし、そういう子の方が親
 は面倒を何とかみてやりたいと強く思うのも当然で、私もうちの娘
 がそんな子だったら、もっとやりがいもあるし、毎日でも勉強を見
 てやって、サポートしてやりたいと思いますよ。

 でも、残念なことに娘はそのどちらでもないです。
 こつこつ必死に努力する子ではないし、かといって効率よくスマー
 トに勉強をしてそつなく点数を取る子でもない。

 右脳のひらめきと、生まれつきの感性が優れているだけで、いわゆ
 る昔の天才肌だけれど、学校の勉強はあまり優秀ではなかった・・・
 それにちょっと近い感じです。

 でも、彼らは後に才能を開花させ、学校以外のところで素晴らしい
 発明をしたり、特別な才覚を持っていたので、破天荒ながらも後生
 に名を残すことができたわけですよ。

 今の日本でこの時代に生まれた娘にそういう人生を期待するのは
 難しいと思うんです。だから普通にどちらかのタイプであって欲し
 かったんです。
 どちらにも当てはまらず、中途半端な娘の将来に親としては本音では
 不安をたくさん持っています。
 娘には言わないけれど、彼女の危うい生き方に危機感を一番感じてい
 るのは、他ならぬ一番側にいて見ている母親である私なんです。

 出来る子を持っていても悩む人もいるし、できない子を持つとそれは
 それで苦しいし・・・子育てって本当にいくらでも悩みが出て来る物
 なんですよね。

 でもどの親も子供に幸せになって欲しい・・・それだけを願っている
 はずなのに、空回りしていたり願いが通じなかったり・・・・
 男親はあまりそういうことを考えないので、いいのかもしれませんが
 女親はとにかくもれなく悩みますね。

 私も含めてもっと子供と上手くつきあいたいと思っている親って多い
 のではないかと思うんですが、どうでしょうか?


 

 パソコンを抱えてソファーで寝落ちしている
 娘・・・・本人も苦しんでいることを
 責め立ててもどうしようもないことがわかって 
 いるだけに、何かいい策はないものかと
 悩むまめっちママに励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。