プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

寒波襲来と娘の変化

 ついこの間まで暑いと感じるぐらいだった気温が急に下がり、天気も
 今一つすっきりしない日が続いていますが、毎年どんなに暖かいなと
 感じても、やはり私の誕生日が来る前には、必ず寒くなるんですよね。

 でも、今年はそれ以上に娘の変化が大きくて、今までテスト中でも
 すぐに居眠りして船を漕いでいたのに、今回は私が仕事で夜10時半ぐ
 らいに帰宅しても、起きてちゃんと勉強しているじゃないですか!

 いや、当たり前って言えばそうなんですが、試験前まではいつ見ても
 寝ていて、こいつは勉強する気があるのかと、平常心を保つのが大変
 だったんですが、今まで長くても一時間ぐらいしか集中できない娘が
 3時間ぐらい動かずにテーブルで勉強していて、更に全く余計なこと
 もせずに黙々とやって眠くならなかったというから驚きです。

 根性出せば、どう考えても終わりそうもないと思った科目の問題集で
 も、鬼の集中力でできるんです。

 娘も「もうできへんと思ってたけど、意外と終わった」
 と、うれしそう。最初からそうやってここぞという時に集中する練習
 しておけばよかったんだよ。今頃それに気づくなんて・・・・

 でも、結局こういうのは自分で気づくしかないわけですよ。
 いくら親が叱っても、どんなにバトルになっても、本人の心に響いて
 いなければ、また繰り返してこちらがむなしくなるだけだから・・・

 私も大概のことには目をつむってきました。
 寝て寝て寝まくっていても、自分で自覚しているはずだから、うるさ
 く言わないようにしました。学校ではちゃんとやっていると言う娘を
 信じて、どこかで休憩して力をためないと、走り続けられないことも
 わかっていたので、言いたいことは半分以下に抑えて、試験前でも
 外食を一緒にしたり、ちょっと買い物を楽しんだりして、学校と家の
 往復だけの単調な生活に少しの潤いをという気持ちで接してみました。

 もちろんまだ試験結果を見てみないと何とも言えないんですが、少な
 くとも、こちらが腹が立つような勉強の仕方ではないのが見えるので、
 結果がどうであろうと、前回より少しでも改善されれば、それでよし
 としようと思っています。

 三者面談もテストが終わると始まるので、気が重いことは確かですが
 その時にたぶん模試も返却されるだろうし、来年のクラス編成の話な
 ども出て来ると思うので、何とかそれまでに心の平静を保てるぐらい
 の成績を取っていて欲しいとは思いますけどね・・・・

 うちは成績にはうるさくない家ですから、娘がたとえ一桁の点数を取っ
 たとしても、今まで激怒したことはありません。
 心のどこかで次同じ間違いはしないという信頼感があるので、いつか
 できるようになればと思ってきました。

 そんな仏のような心境になれるわけないと思われる方も多いとは思い
 ますが、本当にうちでは今の中高一貫校に入学してから、成績でそこ
 まで叱ったことがないんです。我が家の怒りの基本は、人として情け
 ないことをするな。危険なことをするな。むやみに泣くな。この3点
 しかないわけで、卑怯なことをして逃げたり、人に迷惑をかけても
 平気であったりとか、そういうことにはうるさかったです。

 娘は超がつく規則に関しては常識人ですから、人に対しての気配り
 空気を読んで場を取り持つことは、親の目から見ても合格点を与え
 られると思います。

 例えば、高校生や中学生にありがちな横一列に広がって、ゆっくり
 歩くとか、そういうのをよく見かけますよね。横断歩道でも車が左折
 しようと待っているのに、ダラダラと話ながらゆっくり歩く生徒が
 いますが、娘は小走りで他の友達に早く渡ろうと催促するタイプです。

 中には「別にいいやん。待たせておいたらいいねん」なんて言う子も
 いるみたいで、むしろそっち系の子が多いのに驚いていて、こういう
 ところはものすごく気がつくというか、街中でも、普段は忘れ物ばか
 りして抜けている娘が、周りをものすごくよく見ていて、絶対にぼ〜
 っと歩いて人にぶつかったり、携帯に夢中になって他の人の歩行の邪
 魔になったりはしません。

 立ち止まってはいけないような場所で立ち止まり、後ろの人の邪魔に
 なっている人っていますよね。
 そういうことにとても敏感で、気配り、目配り、人に対する言動には
 ものすごく気を使うのです。

 だから成績がよければ機嫌が良くて何をしていても叱らないという
 家より、人間としてきちんとできているかどうかにうるさい方が私は
 まともなんじゃないかと思うわけです。

 そりゃ成績もよければ言う事ないんですけどね・・・・
 
 いつかできるようになるからと言う娘の根拠なき自信を信じている
 お目出たい親を今はやってます。

 娘に言わせると、根拠なき自信じゃないらしいけれど、それはどう
 見てもよく言い過ぎで、まだまだ足りていない志望大学への偏差値
 なので、これからその差をどう埋めていくのか・・・・

 不安はつきません。



 自転車に乗ると、風が冷たすぎて
 耳が痛くなる季節がまた来たんだなと
 思うと、かな〜り憂鬱になる・・・・
 イヤマフをするのも恥ずかしい年になって
 きているんで、どうしたもんか・・・
 あれって若いかわいい女の子がしてると
 さまになるんですよね。う〜ん・・・・
 といいつつ、結局はするまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。