プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

家族で食卓を囲むことができれば、それに越したことはないけど

 絵に描いたような家族団らんは、ドラマなどでよく見られますが、
 うちのような夜型仕事の人間が多い家庭では、どうしても無理が生じ
 家族ばらばらに食事となります。

 だからなのか、メニューも家族がそれぞれ違う物を食べることが珍し
 くなく、同じにしようとするとかえって栄養が偏ることになり、難し
 いのです。

 例えば、サラダ一つでも、旦那がタマネギ嫌いで、どうしても食べら
 れないと言うので、市販のお総菜でおいしそうなサラダがあっても
 ほとんどタマネギが入っていることの方が多いので、コールスロー系
 か、水菜、大根サラダ系になってしまいます。もちろん家庭で色々入
 れて作れば、タマネギを抜いて作れますが、案外お金がかかります。

 まあ、それはそれでいいのですが、娘は娘で油っこいものが苦手で、
 唐揚げの味にもうるさいし、肉は赤身しか食べません。

 旦那は男にありがちな牛丼大好き系なので、脂の多い肉が好みです。
 だから仮に牛丼を作るとしても、旦那は脂身の多い薄切り肉。
 娘は赤身の肉。こんな感じになり、同じ材料を大量に買って一気に
 作るなんてことはできないんです。

 家族がそれぞれ別々のメニューになることはうちでは珍しくないです。

 今日も私は4時にご飯を食べてその後仕事にでかけましたから、その
 後に娘が帰ってきて食べます。娘は今居残り学習中なので、学校で
 ある程度軽食を食べていたりするので、帰ってからは、重たい物が
 食べられないんです。そうすると私とは違う物で、あっさりした物
 がいいことになるし、娘はサラダと味噌汁、そして高野豆腐の煮物
 などを食べ、それでもうお腹一杯なんて言うので、メインの料理が
 いらないなんてことになります。

 そして最後に旦那が帰ってきて、これが夜の11時ですから、そこか
 ら食べるので、帰ってきてから作るものよりあらかじめ作っておいて
 温めるだけにしておかないと、お腹が空きすぎて我慢できないと言う
 ので、フライパンでさっと炒めてできあがるスライス肉の炒め物なん
 かが重宝するんですよね。

 もっと言うなら、吉野屋の牛丼をネットで購入しておいてくれたら
 それが一番と言うぐらいなので、レトルトだからとか、手作りでな
 いとかは、うちでは全く意味をなさず、とにかく合理的にすぐに食べ
 られ、それでいておいしかったらOKという、食にうるさい人が聞く
 と、とんでもない家庭だと思うかもしれませんが、それで体調がどう
 かなるとかもないし、いたって健康で、旦那などは会社の健康診断
 でも何一つひっかからず、同じ年代の人よりずっと元気で、仕事も
 ばりばりやっている状態なので、あんまり神経質になる方がかえって
 健康に悪いんじゃないかと思うわけです。

 医者の中にも同じようなことを言う人もいますしね。
 暴飲暴食はダメですが、楽しくおしいく食べられる物が一番という
 考えは案外理にかなっているなと思うんです。

 世の中には常識と思うことが当てはまらない人も家庭もたくさんあり
 ます。何十年間青汁しか飲んでないのに元気で生きている人もいます
 し、土を食べて生きているというどう考えても人間では無理だろうと
 思うような生活でも、それで生きている人が存在するみたいです。
 体が特殊な状態になっていて、光合成みたいなことをしているんじゃ
 ないかとか・・・・私の貧相な想像力では考えが及びませんし、そこ
 までいくと人間離れし過ぎて怖いですが、自分の常識は必ずしも世間
 の常識ではないし、またその逆もあるってことですよね。

 一番いいのは、神経質になりすぎず、人生を楽しめることかなと・・・
 娘も最近その考えにたどり着いたみたいです。

 まあ、怠け者の娘が言っても、あんまり説得力ないですけどね




 
 年賀状の住所録の更新をし終わって
 ほっとしたけれど、毎年憂鬱なほど
 年賀状が増えるのをどうにかして欲しい
 と切に願っているまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。