プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

なぜ貧困が解消されないのか?娘の素朴な疑問

 先日、娘が興奮して学校から戻ってきました。
 わからないことが多すぎると随分お怒りの様子。何をそんなに怒って
 いるのかと聞いてみると、アフリカの貧しさのあまりのひどさに何を
 今まで世界の人はしてきたのかと思ったそう。そして支援の仕方も上
 から目線で、恵んでやる的な物資の供給の仕方にも人間としての尊厳
 を無視したやり方に憤りを感じたそうです。

 なぜ、使い古した鉛筆やぼろぼろの古着を送ったりするのか?
 人間らしい生き方に地域や人種は関係ないと娘は思っています。
 そう言えば、阪神大震災の時も、救援物資の中にどう考えても人に
 あげるものではないような古い物や、いらない物の処分のように考えて
 送ってきた物が大量にありました。

 新品を送るのかおさがりでもいいのかというのは、人によって考え方
 が違うとは思いますが、使える綺麗な物で例えばランドセルとかはまだ
 捨てるのは勿体ないし、使ってもらえる人に送りたいという善意だと受
 けとめることができますが、そうでない物もたくさんあったと聞きます。

 もらえるだけましだろうという上から目線での支援は、人間の尊厳を傷
 つけます。人間として生まれたからには、幸福を追求することができて
 始めて人間らしいと考えている娘にとって、そういった行為をする人が
 信じられないようです。

 娘が言うには、一人千円でいいから全世界の人が支援するだけでも随分
 助かるはずで、その中でもお金持ちなら1万でも10万でも支援するこ
 とで、どれだけの貧困が解消されるか、たったそれだけがなぜできない
 のかと不思議で仕方ないわけです。

 そう簡単にはいかない事情が世の中にはたくさんあるので、支援しても
 途中で搾取されてしまっていたり、使えないまま放置されたり、あるい
 は、人の意識が低く、自立するより恵んでもらう方を選んでしまったり
 様々な要因がからんで、娘が思うほどうまくいかないということがある
 のを話して聞かせました。それでも娘はあまり納得できていないようで、
 自分達で暮らせるようにインフラを整備して、工場を建て、農園を作り
 或いは観光地としてやっていけるように施設を作るなど、世界が総出で
 頑張れば、できないことではないはずだと考えているのです。

 誰がもうからないような事業に手を出すのか、人はどう確保するのか
 そういった困難があるのは承知の上で、それでも何とかしたいと考えて
 人がしないのなら、自分がそういうことを決定できるぐらいの地位に
 なって、率先してやりたいとさえ考えています。

 富の再分配がうまく機能していないことへの怒りで一杯になっている
 娘は、そこまで頭が回ってはいないのですが、少なくとも人間として
 生きていてよかったなと思えるような暮らしをすべての人が実感でき
 るように、何かしたいという強い気持ちだけは誰よりもあるようです。

 学校ではもちろんこんなことは他の友人には言いません。
 家で私にぶつけてくるだけですが、空気を読む娘なので、あまり深刻
 に友達にこういうことを愚痴ってみても、しらけるだけなのを知って
 いるので、余計にストレスになるのかもしれません。

 他の友人達も心の中では同じように考えているのかもしれませんが、
 今の風潮で真面目なことを言ったり、頑張りすぎると浮いてしまうよ
 うなことも多いので、軽いのりで何となく重い話は避けていく方が
 無難だなと、みんなどこかでそう思っているんだと思います。

 こういう世の中に対して色々考えてしまうのも、この年齢の子なら
 よくあることでしょうし、旦那も昔そういう思いが強く、自分と娘が
 そっくりになってきているのを見て、今の自分がストイックに物事を
 いつも全力でやっているように、娘もいつかそうなってくるだろうか
 ら、今はぐうたらしていても、大丈夫だと信じているのです。

 普段ふざけてばかりで、笑いのセンスだけしかないのかというような
 娘ですが、心の奥はいつもこんなに繊細なのです。

 こんな話を時々でも娘とできるのは、幸せなんだろうなと思います。
 親と会話がない、ほとんど顔も合わせない、そういう家庭もあります。

 勉強ができれば親が喜び、評価がそこにしかないという家もあります。
 でも、子供と過ごせる時間って、思っているより短い物だから、今の
 この時を大切にしたいですね。

 



 回転寿司に久しぶりに行って
 3人で食べても、三千円ぐらいで
 済むって、本当に安上がりというか
 うちは小食なんだなと思ったまめっち
 ママに愛の応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
712:管理人のみ閲覧できます by on 2014/11/15 at 13:58:35

このコメントは管理人のみ閲覧できます

▼このエントリーにコメントを残す