プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

またしても奇跡が

 娘の強運というか、世の中本当に捨てたもんじゃないなあと思うこと
 が起きました。

 財布見つかったんです。

 今まで何度かなくしていますが、ほとんどちゃんと戻ってきているの
 で、今回も娘はきっと戻ってくるからと、悪びれもせず落ちついてい
 たのですが、本当に戻ってきました。

 LINEのメールにはごめんの4段活用みたいなのが書かれていて

 ごまん、ごみん、ごめん スタンプみたいな・・・

 腹が立つというより、もうここまでいくと、なんか見つかるかもしれ
 ないという気が私までしてきて、果報は寝て待てでいいかと思ってま
 した。

 そしてその通りになったという・・・

 信じる者は救われるというのは、あながちうそじゃないですね。

 本気で信じていないから願いはかなわないんだという法則が理解で
 きた気がしました。
 人間、信じていると言っても、心のどこかでそんなことあるわけない
 よなと思っていたり、疑いの気持ちを持ってしまうので、娘みたいに
 完全にそうなるよと信じていると、向こうから幸運が歩いてくるのか
 もと、最近思えるようになってきました。

 たまたま日本だから、落とし物が戻ってきやすいだけだと思いますが、
 これが外国だったら、たぶんそんなもの戻ってきはしないだろうなと。

 とにかくよかったです。

 親切な駅員さんが探してくれて、落とし物センターに無事届いていた
 のを確認し、一度はないと言われたのですが、その後電話をしてくれて
 放送までかけて娘を呼び戻してくれたそうです。

 ありがとうございます。

 いい人に拾われてよかったね。というか二度とこんなことがないように
 深く反省せよと思いました。

 ああ一見落着とほっとして、家に帰ってきた娘のカバンを開けたら
 
 弁当箱がまたない・・・・・・

 財布は戻ってきたけど、弁当箱は学校に忘れましただとさ・・・・・

 もうこいつは一生直らないと確信しました。

 
 

 毎度お騒がせしていますが、
 とりあえずはこんなんでも元気に
 生きてます。こんな風に生きられたら
 幸せだなと思う方は応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ

 

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
707: by 通りすがり on 2014/11/07 at 22:39:47 (コメント編集)

何故かいつもの名前でコメントできませんでした・・・・。
我が子がなぜそうなってしまったのか考えたことありますか。普通とちょっと違ったら、AHDHと決めつけたり、世の中が勝手に我が子をあたかも障害があるから、病気だからと決めつけたりしていて、誰しも出来ないことはあるのに、何故か子どもだけには、大人は完璧を求めて、自分自身も完璧な人間ではないし、この世の中で完璧な人間は残念ながら見たことがない私は、やっぱり視野の狭い人間かもしれませんが、わたしたちが人を判断する基準はその一部分であって、その人のすべてを、理解していると思いがちですが、子どもの心は子どもしか分かりません。
だから、まめっちまま様のお子様は、そういう忘れ物があることが人間らしく、欠点と母親は思いがちですが、そうではないと思います。お弁当箱を持って帰ってこなくても、死にません(笑)
そういうお子様沢山いますよ!ランドセルを持って帰るの忘れていた友達もいます。
ハラハラドキドキで、毎日がスリリング。
まめっちママ様のお子様は自分で自分の未来を切り開いていかれると思います。
いつも応援しています。

708:通りすがり様へ by まめっちママ on 2014/11/08 at 02:32:23

いつもコメントありがとうございます。
私が娘に呆れてしまっているのも、半分はギャグみたいな
もんです。社会生活をしていく上で娘は人に助けられて
結構何とかやっているので、愛されキャラであることは
確かなので、それほど実は心配していません。
ましてADHDとも思っていません。診断なども出ないし
娘の社会性の高さを見ていると、そういった発達障碍は
当てはまらないので、これぐらいのそそっかしい子は
いくらでもいるという前提で、私も見守っています。
忘れ物が多いのは確かですが、ここぞという時には
きちんとできるし、自分が必要と思うことは私が言う
までもなくちゃんと段取りもするので、恐らく彼女の
大切だと思っている基準が私とは違うんだということで
そのあたりはよく理解しているつもりです。
弁当箱を置いてきても死にはしませんよね。確かに(笑)
私もそれぐらいの気持ちでいつもいます。
気にしていたら娘とは生活できないですから(笑)
楽しい子ですから、日々今日は何をしでかすんだろうと
期待している部分もあるかもです。このブログはお笑い
学力向上なので、あくまでも娘の失敗談が中心になりま
すが、娘の本質は真面目で繊細だということもブログを
ずっと読んで下さっている人にはわかるような書き方を
しているとは思っています。また過去に遡って、色々
あった娘の成長記録をお暇な時にはすべて目を通して
みてください。今以上に楽しい幼少期の話もたくさん
あります。これでも随分成長したんだなと思えますよ。

709:よくわかりますよ。 by 通りすがり on 2014/11/08 at 14:29:50 (コメント編集)

まめちママ様のお子様の幼少期の症状はバイリンガル教育をしている家庭は少なからず同じ経験を皆様されていると思います。実際我が家の娘もそうでしたから。
しかし英語をやめてから、漢字も、日本語もイメージ出来るようになりつつありますが、やっぱり難しいですね。いかに幼少期を過ごすかによって将来が全く変わってきますね。
自分なりにがんばっていきます。

710:通りすがり様へ by まめっちママ on 2014/11/10 at 02:16:34

幼少期の症状は、バイリンガルの子だけに多い特徴
なのかどうかはわかりませんが、英語をやめてから
漢字力や日本語力が上がったかどうかは微妙です。
むしろ同時に色々やっていた頃の方がいきいきしていて
時間のやりくりも上手くいっていた気がします。
今は普通に学校の英語の時間だけで、他に特別なことは
していないのですが、それで国語が前よりもっとできる
ようになったかというと、そうでもないし・・・
漢字も英語のスペルも書くという行為がうちは好きじゃな
いので、目で見て覚える系の娘には、手を動かして何度も
書いてというような勉強法ではあまり効果がないのです。
人それぞれやり方はたくさんあります。汚いノートでも
ちゃんと自分だけはわかるという子もいますし、丁寧に整理
され、わかりやすい自分オリジナルノートの作成をすること
で、勉強がはかどる子もいますし・・・
本当にこればかりは人によって違うのです。
それと同じで、英語をやっても上手くいかず、日本語に影響
が出て来る子もいれば、ほとんど影響を受けずにどちらも優
秀になって、母語を二つ以上もてるようなレベルに到達する
子もいます。
これはやってみないとわからないことなので、子供の様子を
見つつ、どれぐらいが自分の子供にはいいかを見極めて、バ
ランスよくやっていくのが一番かなと思っています。

711:管理人のみ閲覧できます by on 2014/11/10 at 16:49:21

このコメントは管理人のみ閲覧できます

713:実は、私も.... by masyaまま on 2014/11/22 at 03:20:40 (コメント編集)

こんにちは(^^)

実は、私も財布やら携帯やらチョイチョイ落とすと言うか、置き忘れるのですが、ほぼ戻ってきます。

場所は電車だったり、トイレだったり、喫茶店だったりマチマチです。

日本って本当に親切な方が沢山いるんだなと実感します。この国に生まれて幸せだなと。拾って届けて下さった方々に感謝です。

もちろん、忘れ物をしないようい注意しないとですよね!!

714:masyaまま様へ by まめっちママ on 2014/11/23 at 01:18:30

日本って本当に親切な人が多いまれに見るいい国みたい
ですね。イタリアとかでは本当にすぐに盗まれてしまうらしく、
ヨーロッパって、行くと意外に幻滅するよと言って
ました。その方はファッション関係の人で、仕入れに
イタリアやフランスによく行く方なんですが、そういう
国だと認識して行かないといけないと言ってました。
日本って有り難い国なんだなとあらためて感じました。

▼このエントリーにコメントを残す