プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
705: by スライム(父) on 2014/10/31 at 16:29:57

人間は爆発的加速度で増えすぎてしまいましたね
日本にいると感じることも少ないですが
貧困や戦争が日常的にある地域はまだまだ存在し
テレビを通じてそれを知っても
何かを行動するまでにはいたらない事が多いです

目の前の命を救う医者という職業の素晴らしさも
新薬を開発して何十万の命を未然に救うのも
戦争が起きないように指導者となるのも
清潔で快適な暮らしができるような科学を
得ることもすべてが素晴らしいことだと思いますw

きっと娘さんは娘さんの正義と信念を持って
これから社会にでていくんですねw

時に挫折も無力さも味わうことになるし
見えない成果はやる気も失うことがありますが
どうかその志をずっと持って大人になってください

ありがとうと感謝されることだけが誰かを助けることでなく
知らず知らず当たり前のように生きていることが
見知らぬ誰かの努力によって生まれていること

世界中に広がる無意識の小さなありがとうを
きっと得ることができますよw

人生は限りあるものだけど誰かに伝えた何かは
何世代にも残り使われ愛されていきますよw

あれw今日凄く私真面目かもw


706:スライム父様へ by まめっちママ on 2014/10/31 at 23:55:33

時には人間真面目になりますよ(笑)
うちも娘は普段ふざけてばかりで、何を考えているんだ
と思うことが多いですが、意外としっかり考えているよ
うで、動物実験大反対の立場だけはしつこいぐらい貫い
ています。化粧品の開発に動物実験をやめるとかも最近
の傾向にありますが、そういう方向へと向かってくれる
とうれしいでしょうね。ips細胞で心筋シートがたくさん
作れるようになったから、動物実験しなくても、それを
使って副作用などの実験ができるかもという話も朗報で
す。娘が思っているような世界に少しでも近づくように
彼女も何か素晴らしい発明をして動物を殺さなくてもい
いような方法を編み出せば理想です。

▼このエントリーにコメントを残す

   

娘がなぜ医学部を諦めたか(頭が足りないからという突っ込みはなしで)

 ずっと昔、娘は七夕の短冊に医学部合格できますようにと書いたこと
 があります。小学校の低学年だったと思いますが、その頃はまだよく
 わかっていなくて、ただ人を助けたかったというのが素直な動機でし
 た。曾祖母が娘が幼稚園年長の冬に亡くなり、小学校入学を見る事な
 く逝ってしまったので、余計にそういう風に思ったのかもしれません。

 いつも娘と黒ひげ危機一髪というゲーム(樽に海賊が頭だけ出してい
 て剣をさしていって、飛び出すと負け)をやって喜んでいたのを今も
 思い出します。

 その曾祖母を助けられなかったということも彼女にとって医学部を
 目指したいと思った理由の一つかもしれません。

 偏差値が高いからとか、お金がもうかりそうだからとか、安定してい
 そうだからとか、そういうのとは無縁な子供の純粋な動機だったので、
 いい医者になってくれたらいいなと親の私達も密かに思ったもんです。

 それから年月が過ぎ、娘も医学部に行くと何をしなければいけないの
 かとか、色々わかるようになりました。生き物の命をすべて平等に考
 えている娘ですから、ごきぶりも蚊も殺しはしません。人間だけが命
 を長らえるということに否定的なので、動物実験をして薬を開発する
 ことにも否定的です。

 そういう考えがいつ頃から出てきたのかはわかりませんが、人間は
 そこまですべての生き物より優先されるような尊い物ではなく、むし
 ろ人間が一番いてはいけない存在なのかもしれないと考えているんで
 す。それは環境破壊したり動物を絶滅させたりしてしまう姿を見てい
 るからで、そういう人間のために何の罪もない動物達が実験台になっ
 ているのは耐え難いと感じるから、解剖の授業も今まで一度も娘は
 まともに参加したことがありません。

 学校でカエルの解剖をした時も、何でする意味があるの?と激しく
 抵抗し、自分は結局一度も触らず後ろを向いていたらしいです。

 もうすでにカエルの体の中なんてすべてわかっているのだから、
 今更班でカエルを一匹ずつ解剖する必要などどこにもないし、それこ
 そ勉強するのなら、3Dプリンターだってあるのだから、それで作った
 模型でいいじゃないかと。

 確かにその通りで、麻酔もろくに効いていないカエルを切り出す子も
 いたらしく、見ていられなかったそうです。

 感情移入が激しいので、魚の頭を殴って一瞬で殺して新鮮さを保つこ
 とに対しても、痛いだろうなとか考えてしまう子です。生物の時間か
 何かに魚は痛点がないから痛さは感じないのだということを聞いて
 (実際は痛さを感じているという発表もあるよう)
 ほんの少しだけほっとしたと言う娘は、テレビでタコを鉄板に押しつ
 けジューと焼いているのを見ただけで、チャンネルを変えてしまいま
 す。いつもこんな感じなので、どう考えても医学部や薬学部で解剖し
 たりするのは無理に決まっています。
 生物の教科書を見るのもあまり好きじゃないぐらいなので、理科は
 もう必然的に化学と物理選択となります。本当は地学が一番いいらし
 いのですが、学校で選択できないのです。

 志はあってもこのハードルがクリアできない娘なので、ここでは偏差
 値云々はおいておいて、まず仮に行けたとしても無理だということで、
 それなら人助けするための道具を作ればいいんだと発想の転換をした
 んですよ。

 例えば途上国で電気もない、水道もないような場所でも、人々が勉強
 できるようにするにはどうしたらいのかを娘なりに考えているようで
 それこそ水道を引いてしまうとか、電気工事をするというのではなく
 その国のその人達ができる支援のあり方で、長く続けていける方法を
 娘は考えているようです。

 電気を引いたところで、維持して行くお金がないわけです。
 電球を買えるようなお金がない人達にそういう先進国の手段を持ち込
 むことは何の支援にも実はなりません。

 高価な機材が使われずに埃を被っていたという話も聞きます。
 だからこそ娘はそういう場所でも使える方法、電気がなくてもどうす
 れば夜の灯りの代わりになるかなどを考えたいと言います。

 そういう誰か又は生き物のためになるような道具を開発したいという
 のが最近娘がたどりついた方向です。

 歩けなくなった犬が歩きやすいように歩行を補助する道具とか、実際
 そういうのがありますよね。もっと義足を改良するとか、あるいは
 介護ロボットを作るとか・・・もちろんこれらも高額なお金がかかる
 ことですし、金持ちしか使えないというのではダメだと思います。

 その辺りもきっとこれから娘が突き当たる新しい壁になると思います。
 良い物を作っても、結局開発にはお金がかかるということや、貧しい
 人や手段を持たないすべての生き物を救うことの難しさなども、これ
 からまた悩んでしまうことになるかもしれません。

 でも、少なくともこの心をいつまでも忘れずにいて欲しいですね。
 
 人間は確かにあまり褒められるような存在ではないかもしれないけど
 その人間だからこそできることもあるんだということに気づいて、自
 ら率先して役立つ人になって欲しいなと心から願っています。
 



 インコが飛べるように毎日
 少しずつ飛ばす訓練をしているのだけれど
 焦ると怖がって引っ込んでしまうので
 様子を見ながら少しずつ慣らしていく
 日々を送っています。早く元通り飛べるように
 なって欲しいと願うまめっちママに愛の
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
705: by スライム(父) on 2014/10/31 at 16:29:57

人間は爆発的加速度で増えすぎてしまいましたね
日本にいると感じることも少ないですが
貧困や戦争が日常的にある地域はまだまだ存在し
テレビを通じてそれを知っても
何かを行動するまでにはいたらない事が多いです

目の前の命を救う医者という職業の素晴らしさも
新薬を開発して何十万の命を未然に救うのも
戦争が起きないように指導者となるのも
清潔で快適な暮らしができるような科学を
得ることもすべてが素晴らしいことだと思いますw

きっと娘さんは娘さんの正義と信念を持って
これから社会にでていくんですねw

時に挫折も無力さも味わうことになるし
見えない成果はやる気も失うことがありますが
どうかその志をずっと持って大人になってください

ありがとうと感謝されることだけが誰かを助けることでなく
知らず知らず当たり前のように生きていることが
見知らぬ誰かの努力によって生まれていること

世界中に広がる無意識の小さなありがとうを
きっと得ることができますよw

人生は限りあるものだけど誰かに伝えた何かは
何世代にも残り使われ愛されていきますよw

あれw今日凄く私真面目かもw


706:スライム父様へ by まめっちママ on 2014/10/31 at 23:55:33

時には人間真面目になりますよ(笑)
うちも娘は普段ふざけてばかりで、何を考えているんだ
と思うことが多いですが、意外としっかり考えているよ
うで、動物実験大反対の立場だけはしつこいぐらい貫い
ています。化粧品の開発に動物実験をやめるとかも最近
の傾向にありますが、そういう方向へと向かってくれる
とうれしいでしょうね。ips細胞で心筋シートがたくさん
作れるようになったから、動物実験しなくても、それを
使って副作用などの実験ができるかもという話も朗報で
す。娘が思っているような世界に少しでも近づくように
彼女も何か素晴らしい発明をして動物を殺さなくてもい
いような方法を編み出せば理想です。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。