プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

ラプンツェル効果どこまで続くかな

 アナと雪の女王のDVDを娘と一緒に見てから、娘の英語熱が復活し、
 そののりでラプンツェルも購入して見てみました。

 なかなかこちらも素敵な物語でした。どちらかというと、こっちの方
 がよかったかなという感じで、歌もストーリーも文句なしに感動もの
 で、テーマ性はどちらも相手を思いやる自己犠牲愛みたいな感じでは
 あるのですが、愛の色々な形を描くという共通点があって、より複雑
 な愛の形を描いているのが「ラプンツェル」という感じを私は持ちま
 した。

 自分の永遠の若さと命のためにラプンツェルを利用してきた魔女に
 対しても、娘はそれほどいやな気持ちではないと言います。
 子供は親の多少の束縛があっても自分のためだからと言われ続けて
 育つと、それがすべてと思うように洗脳されていくのですよ。

 このストーリーにはそういうゆがんだ愛も描かれています。
 
 と、ここまでは褒めてみましたが、つっこみどころがないわけでは
 ありません。ディズニー映画ですから、最後はハッピーエンドになる
 というお約束みたいなものを理解していますから、そこはあえてつっ
 こみません。人魚姫の話でも泡になって消えるはずの結末が、ハッピ
 ーエンドになるのがディズニーですしね・・・・

 ただ、娘も指摘しているように、ラプンッェルを誘拐して塔に閉じ込
 めたけれど、18年間も娘として一応育ててくれた魔女なので、そこま
 で悪ではありませんし、実際自分の若さのためとは言え、大事に育て
 てはいるのです。塔の中では自由に過ごしていましたし、本物の親子
 のように仲むつまじく暮らしていたのですから、極悪非道とは言えな
 いから、娘は魔女のことをきらいじゃないと言ってます。

 実際、ちょっと深窓の令嬢のように育てられている昔のお嬢様なら
 それに近いような状態もあったかもと思えます。

 誘拐されて18年間悲しみに暮れている本物の王様と王妃様の気持ち
 を思うと、許されることではないと思うのですが、そもそも魔法の
 花を摘んで王妃様に煎じて飲ませなければ、魔女は姫を誘拐する必要
 はなかったのです。ひっそり咲いている魔法の花の力を先に使ってい
 たのは、この魔女でしたから・・・摘まれてしまってなくなったから
 生まれてきた姫の髪の毛に魔法の花の力が宿っているのを知って、そ
 れが欲しくて姫を誘拐したというやむをえない?事情もあったわけで

 目的はそれですが、子供を育てるということは大変なことですし、
 虐待することもなくのびのび塔の中だけですが、素直に育っている
 姿を見る限り、魔女はそこまで悪い奴ではなかったということになる
 わけで、その辺の善と悪の判断が単純すぎるのは、ディズニーらしい
 というか、相変わらずの夢物語主義だなと思います。

 まあそういうことはおいておいて、普通に楽しく笑って泣いて感動し
 て見られる作品であることは間違いないと思います。

 細かい突っ込みはいくらでも入れられますが、そこはアニメです。
 現実ではないんです。映画はすべてリアルでないといけないわけじゃ
 ないですから、これはこれでいいと私は思います。

 むしろ素直によかったと見るべきなんじゃないかと・・・・・

 日本の複雑なアニメのストーリーに慣れると、違和感を感じることも
 ありますが、それは子供向けのアニメですから、シンプルでいいと
 思います。誘拐して閉じ込めた悪い魔女が最後は死んで、王女は本当
 の親の元に戻り、魔法の髪の呪縛からも解き放たれ、幸せに暮らしま
 した。ちゃんちゃん。娘は案外シンプルな話が好きみたいです。

 魔女に同情するところなどは、娘らしいと思います。
 娘はちゃんとそのあたりもしっかり見ていたんだと思います。
 英語音声英語字幕で見ましたが、セリフをきちんと翻訳してくれるの
 で、私がよくわからなかった部分が解説されて助かりました。

 映像特典も娘は楽しく見ていたようです。今度は日本語で見てみたい
 と思います。(私が)

 娘はそのままでいいらしく、日本語では見たくないみたいです。
 たぶんイメージが大きく狂うからで、声優さんもあれだし・・・・
 まあ色々あるので、娘は吹き替えは好きじゃないという信念に基づい
 て、字幕を確認しながらまたきっと何度も見るんでしょう。

 来週からは私との古文塾をいよいよ始動するつもりなので、それに
 ともなって買っておいた古文の漫画なども一緒に見ながら、楽しく
 勉強できるといいな。

 あくまでも娯楽ののりでやるのがポイントです。決して教えてやると
 いう上から目線ではなく、一緒に楽しむ・・・ここが大事なんです。
 そうでないとすぐにへそを曲げてしまうのが娘ですから。

 難しい年頃ですよ。本当に・・・・




 親子で一緒に何かを見たりしたり
 するって、それだけで楽しいなと思う
 まめっちママに、そういう親の気持ち
 わかるよと思われましたら応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す