プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

できる子ばかりの集団にいるのか分相応の集団にいるのか・・・

 タイトルにあるようなことは、よく世間で言われていることですが、
 確かに頑張っても集団の一番下にいるより、ちょっと頑張るとトップ
 にいられるような環境の方が、やる気も出るし、モチベーションが
 アップし、そこを維持し続けようと頑張るというのは、その通りなん
 ですが、例外も多々あるようで、身近なところではわが娘なんかは
 そうです。

 できる集団にいても、そうでなくてもそれほど変わらずいつも通りで
 定位置をマイペースでキープしています。

 もちろん現在のクラスではクラス順位は昨年より下がってます。
 定期考査の成績は、それは無残なものでしたが、でも模試の成績は
 いつも通りで、全体的に見ると、何も変わりはしないという・・・

 だからもしもクラス順位を上げたくて、ちょっと下のクラスに入っ
 たところで、今度はそこで普通に緩くなりますから、それほど焦らな
 くても、まあまあ普通にはなるだろうということで、今より余計に
 勉強はしなくなり、クラスが下がってもそのクラスでトップには
 恐らく絶対になりはしません。

 真ん中ぐらいを何もしなくてもキープしていくという、ものすごく
 緩い学校生活になって終わるでしょうね。

 娘とまったく同じで、友達がそうなのです。
 類は友を呼ぶのかもしれませんが、昨年まではそこそこの位置につけ
 ていたのです。ところがクラスが離れてから、緩くなったクラスで
 どんどん自ら緩くなっていき、今年になってから新しい部活まで始め
 てしまって、しかもかなりその部活がハードな練習をする部活だとい
 うから、娘でさえ何で今ごろそれ?みたいに不思議がっています。

 クラスに残れなかったのだから、頑張っていくのならわかるけれど、
 去年よりあきらかに勉強しなくなり、どんどん成績も落ちています。

 ついに模試の名前すら載らなくなってしまって、相当やばい状態に
 なっているのです。楽なクラスに行って、奮起してトップにいるぞ
 と頑張るというより、緩みすぎてそこでさえ後ろから数えて早い順
 になっているという現実・・・・

 これはクラスを上がれなかったからやる気がなくなったというので
 はなく、緩い環境になるとそこに適応してそれなりにさぼっていっ
 てしまう娘と同型タイプだからです。
 
 逆に奮起してものすごく勉強を頑張り始めた子もいます。
 そういう子は少し下のクラスでいわゆるトップを取ってやるという
 意気込みを持つことで、悔しさをバネにして這い上がるタイプなの
 で、その子にとってはそこが一番適位置だとは思うのです。いわゆる
 努力が報われる位置にいることで、やる気を保つタイプですね。
 ただ、注意しないといけないのは、その頑張りのおかげで上に上がっ
 たとしても、今度は努力してもいつも下ばかりになってしまうのだと
 したら、自分の力のなさを実感しすぎて一気にやる気がなくなるとい
 う反動が来る恐れもあります。

 だから必ずしも上に行かない方がいいのかもしれません。
 中ぐらいの集団で常にトップ争いをしている方が、結果的には最終
 の蓋をあけてみた時、一番よかったとなる可能性が高いんじゃないか
 と・・・・このあたりの見極めは難しいですね。

 うちの場合は、娘が自覚しているので、絶対に下がるとそれで終わる
 という確信があります。それも悲しいんですが、本人が一番そこは
 わかっています。

 自分は無理してでもたとえべったになっても、食らいついていくこと
 で、最終的には果実を手に入れるタイプという分析をしています。

 そう上手くいけばいいけれど、本人にはその方があっているのなら
 それなりに落ちない程度に頑張るでしょう。

 なんとも頼りない勉強の仕方だなと思うけれど、友達を見ているので
 余計に自分も確実に楽な方へ流されるという危機感だけは持っている
 ようです。

 それでもね・・・・宿題の進捗状況がまるで途中でインストールが
 とまっているパソコンみたいな感じで、イライラするのですよ。
 見ている方は、早くさっさと動けと思ってしまうのですが、せっせと
 USJに行く段取りだけはしていて、優先的に入れるエクスプレスパス
 も買う気でいます。

 そういうのは本当に要領よくできるのですよ。片付けはできないし
 現在にきび治療をしているのですが、もらっているビタミン剤は
 飲み忘れてばかりのくせに、自分にとって大事なことは忘れないと
 いう・・・大事という基準が私と違うんですよね。

 私だったら、ビタミン剤をちゃんと飲んで、治療効果をあげること
 の方が大切だったりするのですが、娘には友達と遊ぶ方が100倍
 大事なんでしょう。

 まあそれもいいんですが、お金がかかっていることなんだから
 それ相応に成果が出るように、自分も努力してもらわないと困るわけ
 です。親のふところが痛むだけで、直接自分の実感がわかないからか
 親不孝してますとケラケラ笑っているのが、またむかつくんですが
 厳しいと言われている学校でそれなりに楽しくやっていくためには
 多少こういったこともなかったら、やってられないんでしょう。

 ちなみにUSJに行く友達はみんな超賢いです。
 学年トップクラスの子ばかり。

 娘はもれなくその中ではべったです。でもその集団についていくこと
 でどうにかやっているのも事実なので、振り落とされようないように
 頑張りなさいね。でも、その子達はできるから遊びに行っても問題な
 いんですよ。うちは宿題が未だ20パーセントぐらいしかできてない
 んですけど・・・・・どうする・・・・・





 インコのかごにいたずらのつもりで
 小さなインコのストラップをかけたところ
 猛烈にそれにアタックしていたのがかわいくて
 仕方無かったまめっちママに応援よろしく
 お願いします。
 (テリトリーを侵害されたと思っているんでしょう
  ね。面白いな・・・)

  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
670: by スライム(父) on 2014/08/04 at 13:36:25

それではそんなインコ萌えの
まめっちママにポチっとw

働き蜂の原理もあるのかもですねw

どんな集団でも1/4はさぼるが
その集団を隔離して4チームを集める

全員がさぼるはずだが・・

結果1/4がめちゃ働き
2/4は普通となり
1/4はさぼる

みたいなw

小集団がクラスであれば
大集団は模試判定と考えて
模試の結果が下がっていないということは

やっぱり娘さんのバランス感覚が
いいのかなwwと思いますw

真面目であることと要領がいいことは
相反するものですがどっちも素敵ですよw

671:スライム(父)様へ by まめっちママ on 2014/08/04 at 23:37:07

インコがかわいすぎてすっかり私のペットになりました。
本当は娘のペットなんですが、全然なつかず、こっちに
ばかり来るので、娘がすねているという状態です。
まあそれはいいとして、うちは働き罰の原理でいうと
真ん中の適当にやるという集団かな・・・・
どこに行ってもそれなりに適当・・・
がむしゃらという言葉は辞書にはないみたいです。
さぼりまくりはしないけれど、上手に手を抜くんですよ。
感心するぐらい、いつも調整しているかのように成績
も模試は同じような位置にいるから不思議です。
いいように考えれば、あまり変動がないということで、
安定しているとも言えますが、実際数学は????な
点数なので、いまいち娘がわかりません。
うちは決して要領はよくないんですが、ピンチの時には
頭が回るんですよね。普段はぼんやりしすぎてどうしよう
もないんですが、困った時には機転が利くというか・・
そこはしっかりしているので、たくましく生きていけそ
うな気がしてきました。

672: by まめっちママ on 2014/08/07 at 21:16:02

訂正です。
働き罰になってましたね。
働き蜂です。

▼このエントリーにコメントを残す