プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

面談が終わって一安心?

 高校初めての面談は、緊張するというより思っていたよりは何事も
 なく終わったという感じでした。

 もう娘の成績のことはわかっていますし、親が何も知らずにいきな
 り呼び出されたわけでもないので、それほどびっくりおっかなでは
 もちろんなかったわけですが、担任の方がすごく心配してくれてい
 ました。

 「いや、定期考査を見ると、ちょっとどうしようか
  と思いましたが、模試で頑張ってくれたので
  本当に模試は取れるんですね。いやもう
  どうなるかとびくびくしてたんですよ。」

 担任からこう言われるぐらいなので、心臓に悪い偏った成績を取るの
 もいい加減にしてほしいよと、毎回思うのです。

 S台模試の成績は、全国レベルでいうと、大体上位15パーセント以内
 ぐらいの成績でした。今回は予想より英語が悪くて、自己採点より低
 かったので英語で必ずしもかせいだというわけでもなかったのです。

 国語がましだったので、英語、国語だけならかなり上位の成績だった
 という感じで、どうも数学がいまいち足を引っ張っている感じで、
 困ったことだなと思います。

 ただ、国語が悪くないということは、うちではとても重要なことで、
 人からよく「英語をやりすぎて国語がダメなんじゃ意味がない」と言
 われてしまうので、特に気にしている科目なのです。

 英語より国語でしょというその言葉は、かなりダメージを与える言葉
 ですからね。もし娘の国語がひどい成績だったら、やっぱり幼少期に
 英語なんてやってるから、肝心の国語力が育っていないなんていう
 心ない言葉を投げつけられるのは、目に見えてましたから、どうして
 もそれは避けたかったわけです。

 でも、実際娘の国語力は低くないし、漢字こそあまりできるとは言え
 ませんが、それは練習すればできるようになることです。読解力が
 高かったので、救われました。

 先生も定期考査ではほめるところがどこにもないので、ひたすら模試
 が悪くないというのは、いいことだと、そればかり言ってました。
 逆だと困りますけれど、まあ人間得意じゃないものもあるってことで
 こっち〔定期考査)ももう少しだけせめて平均に近づくように頑張っ
 て、後は模試でもっと得意なことを伸ばしてくれたらいいかなと思い
 ます。みたいな言い方で、思っていたよりは何も言われなかったので
 娘もほっとしたようです。

 まじめで生活態度が悪くないので、そっち方面に関しては文句を言わ
 れるようなことはないし、何か言うことがあるとしたら、ただひたす
 ら定期考査の成績についてだと思うので、もうそこだけなんとかして
 欲しいと切に願っているのですが・・・・・・

 こればかりは、娘も友達もみんなが不思議がるぐらいできが悪いので
 す。なんでそうなるかなと思うぐらい、模擬試験の成績とは雲泥の差
 なのです。

 こういう子っているんですかねと聞いてみましたが、

 「まあそうですね。こういう傾向の子もいますが
  ここまで極端ではないですね。ものすごくめずらしい
  パターンですね。定期考査でこれぐらいの子は
  ほぼみんな模試も悪いですからね・・・・・
  偏りが激しいですね。           」

 先生もそれ以上は言えないという感じで、親や本人がわからないこと
 を先生がわかるわけないかと・・・・

 まあそれはいいとして、次はもう少し頑張ってもらって、今より上が
 ることを期待することにします。

 模試の成績は廊下に貼り出されているので、しげしげと眺めてみると
 上位層はいつものメンバーで、さすがだなという感想です。
 模試で分けた成績だけあって、娘のクラスと隣のクラスの子がほとん
 ど上位を占めていました。

 たまに他のクラスのメンバーが混じっていることもありますが、やは
 り模試は正直ですね。実力がそのままでます。

 その中で注目されたのが高入生ですね。

 ベスト100までに何人か入っていたので、この子達は相当賢いのは
 間違いないです。先取りしていない公立から来ているはずなので、
 それでここまで食い込むのは、かなりできる証拠です。

 娘より上は一人しかいませんでしたが、ベスト100の後半に5、6人
 いたと思うので、これは手強いです。

 今後増えてくる可能性もあり、気を引き締めていかないといけません。
 一貫生でも軽く抜かれている子もいますから、やはり先取りが必ずし
 もいいとは限らないということでしょうか・・・・

 それともそういう子達は自分でもっと先まで進んでいたのかもしれま
 せんが、とにかく普通の公立中学から高校入試で入ってきた子でも
 十分太刀打ちできる実力のある生徒がいるということで、勉強は
 進めばいいのではないなとつくづく思いました。

 基礎をしっかりやってこつこつ勉強するという習慣をつけた子は
 強いです。娘にはまだまだ自覚が足りないようです。

 夏休みはがっつり学習してもらって、基礎固めに励んでほしいなと
 思います。




 先日塾でふざけていた教え子に激突されて、
 思い切り吹き飛ばされたせいで、
 膝をかなりすりむき痛くてしょうがない
 まめっちママに愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。