プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

校内で迷う?

 娘が初めて電車で遠く離れた学校に通学することになった3年前。
 当初は、電車の乗り間違い、寝過ごしなど、あまりにもありすぎて
 まともに学校にたどり着けるのか心配だったのですが、さすがに
 中学3年間でそんなことはほとんどなくなりました。

 はるか彼方まで電車で連れて行かれ、ここはどこ?になって電話を
 かけてきたのが懐かしいぐらい、今は結構色々な所へなんとか自力で
 行けるようにもなりました。

 高校生になったんですから、それぐらい当たり前で、やっとですかと
 思わないでもないけれど、娘の方向感覚はひどいので、えっ????
 となることばかりだったんです。

 この頃はそういう頓珍漢なことがなくなったので、ほっとしていたん
 ですが、娘がそんなにすんなりいくはずはなく、今度は校内でいつも
 迷うらしいんです。

 はあ??????

 校内で迷うって何?

 3年間も通ってどういうこと?

 中学と高校で校舎が変わり、食堂もこの間はじめて新しい所を利用し
 たということなので、どうやら新しい校舎の自分の教室への行き方が
 未だに飲み込めていない様子。

 そんなに迷路じゃないし、どんだけでかい学校やねんと突っ込みたく
 なるぐらいの、普通の校舎です。

 階段は二カ所にありますが、毎回パターンが変わって脱出しにくい
 ダンジョンとかじゃないんだから、右か左の階段を上がったらすぐ
 なんですよ。

 なのに、自分の教室が毎回上がる階段が違うとわからなくなるって・・
 
 これには友人も呆れて、

 「さすがにそれはないわ。
  どうやったらそうなるわけ?」

 と、超天然の子にまで言われる始末。

 右と左という感覚がそもそもおかしいのです。前にも書きましたが、
 娘には誰を基準にしてどの方向から見て右かということにこだわりが
 あって、歩道橋で道の向かい側に渡って右というのでさえ悩むのです。

 歩道橋って真っ直ぐに降りていきませんよね。
 向こう側に着いたら、ちょっと階段が曲がってることが多いです。
 そうすると、娘からみると右は建物になるんです。

 普通、そうは思いません。右っていうのは、渡って右。
 車道に並行に右ですよ。

 この当たり前の感覚がないんです。だから学校で迷う・・・・

 この間も真顔で、

 「ママ、後ろから友達によばれてふり返って
  そっちじゃないよ。右って言われたけど
  この場合右ってどこ?」


 ・・・・・・・・・

 娘は斜め後ろをふり返ってますから、そこから右ってどこよに
 なっているのです。右からふり返った時と左からふり返った時では
 方向が違いますよね。

 いや、普通友達が後ろからそっちじゃない右って言うのは、真っ直ぐ
 に娘が行こうとしているから、右に行くんだよということです。

 なぜに自分の見ている方向から右になるのか・・・?

 これでは口頭で指示しても永遠にたどりつけないわけですよ。
 
 わからんわ〜と真顔で悩む娘がわからんわ。

 


 こんなにひどい方向感覚なのに
 人からしょっちゅう道を聞かれる
 娘って・・・・一体どうやって人に
 教えているんだろう・・・・
 あまりにも怖すぎてその先が聞けない
 まめっちママに励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ




 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す