プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

中学卒業そして新学年スタート

 中学を無事卒業し、本来なら感動して別れを惜しむシーンなんか
 もあるのかもしれませんが、中高一貫校では、ほぼ全員上にあが
 るので、知った子ばかりで、気持ちが新しくなることはあまりな
 く、誰とどのクラスになるのかが、唯一気になる点でした。

 今回クラス分けで上位2クラス、まん中2クラス、そしてちょっ
 とゆっくりクラスの5クラス編成になることで、娘がどこになる
 のかが、一番心配でした。

 定期考査がいまいちな娘は、模試だけが頼りで、どの成績がどれ
 ぐらい考慮されるのかが不明で、模擬試験の結果を上から並べて
 上位2クラスにしますと聞いてはいたものの、実際どうなるのか
 は、蓋をあけるまでわかりませんでした。

 本人は「大丈夫や」と言ってましたが、本当はやばいかもと少し
 心配していたそうです。

 幸いにも一番の友達と仲良く上位2クラスに残れたので、ほっと
 していますが、娘の性格から考えて、少し上のクラスにいる方が
 伸びる傾向にあり、楽なところにいくと、それなりになってしま
 うという困った性質があるので、これでよかったと思います。

 友達の中には微妙な位置で娘と良い勝負だった子が、クラスに
 残れなかったので、実際はかなり危うかったのではないかと思い
 ますが、どうにかスタート地点でふるい落とされることだけは
 避けられたようです。

 でも、これからが大変です。何せ成績のいい子ばかり集まってま
 すから、ちょっと頑張ってぐらいじゃ全然足りないわけですよ。
 テスト前になると、日曜日に10時間勉強しますなんて子も同じ
 クラスですし、何度も問題を解いて、試験前には最低でも3回
 復習するという真面目な子も同じクラスです。

 うちみたいないきあたりばったりは、ここでは通用しません。
 下手すると最下位になる可能性だってあります。

 これはやばすぎると、さすがに娘も思ったようです。
 色々な子がいれば、いくら何でも自分がべったにはならないだろ
 うと高をくくることもできたわけですが、今度はそういう気持ち 
 の緩みは即はねかえってきます。

 何事もスタートが肝心ですしね。ここで気を緩めてはダメです。
 珍しくやる気になって、課題テストの勉強をやってるじゃないで
 すか!だから雨なのか・・・・ってぐらいに外には雨が降って
 ます。しかも今までカバンからこちらが救い出さないと決して
 親の目にはとまらなかったお知らせプリントを、娘自らがちゃ 
 んと出してきて、必ず何曜日までに提出だからねと念押しに
 来ました。もうびっくりですよ。嵐も吹くってもんですよ。

 中学までの成績はころっと変わって高校の成績の地図は塗り変
 わるなんて先生には言われてますが、娘のような今まで散々さ
 ぼっていた子が本気を出すとか、外から新しく入ってくる高入
 り生が頑張るとか・・・そういう環境の変化があるのかもしれ
 ませんね。

 いい方に傾いてくれるといのですが、何せ根性なしなんで、
 どこまで続くのかって話で・・・・

 先生からも猛烈に発破をかけられてます。
 このクラスから難関大への合格者がどれだけたくさん出るかな
 んて言われると、うちのようなへたれが足を引っ張るんじゃな
 いかと心配で、どうしようかという気持ちになります。

 今までなら自分より高い能力の子と一緒にやることで、どんどん
 伸びていったのですが、同じ年齢同士でライバルになる子供達ば
 かりの中で、どれだけ力を発揮してくれるのか・・・・

 年齢が小さい時は目先のことを考えずにすんで、長い目でゆっく
 りでもいいから才能を伸ばしてなんて言ってましたが、これから
 はそうも言ってられないわけですよ。

 誰かと競争するのではなく、常に昨日の自分より何ができたかで
 過ごしてきた幼少期。どんどん色々なことができるようになって
 新しい発見もあって、それだけで楽しかった日々が懐かしいです。

 これからは少し人を気にしていかないといけないわけで、娘が
 どれだけ自分を奮い立たせてくれるのか・・・・

 まだ先は長いです。息切れしないようにボチボチでいいから、
 やる気がなくならないように程よく頑張ってくださいよね。




 いつも大布団をしまうと、必ず寒くなり
 ひどく後悔するまめっちママに励まし
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す