プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

雛飾りがどんどん押しやられていく!

 今年は、早々に雛人形を押し入れから出し、和室に飾ったのです
 が、昔は七段飾りをこのくそ狭い和室(六畳)に出していたので
 す。そうするとどうなるか・・・・・

 寝るとこなくなるんです。

 何も家具を置かずに端に寄せて飾ると、布団を一組だけは敷ける
 状態ですが、たぶん誰かが通ると頭を踏みつけそうな距離感で
 怖くて歩けません。

 そんなこともあって、この何年間というもの、雛人形はおひな様
 とお内裏様だけ。後の人形を出してやりたいのに、できないのが
 心苦しい状態が続いてます。

 それにあれを全部飾るのは相当大変で、小物も多いし、段を組み
 立てるだけでも一苦労。
 それから色々飾りだし、できたと思っても、三日過ぎると嫁に
 行き遅れるとか言うので、大慌てで片付けないといけないし・・
 面倒極まりなく、遂に今のような人形二人だけとなりました。

 それが、インコを飼ったため、インコのカゴが雛人形を置いて
 いる和風のテレビ台の右半分に置かれたため、ますます雛飾り
 が居場所をなくしてしまって、押しやられています。

 なんか恨めしそうに見えるので、毎日、
 「ごめんなさい。狭くて」
 と謝りつつ、インコの羽とかが落ちるのを掃除しています。

 でも、不思議ですが、うちのインコはカゴから出しても、決し
 て雛飾りには近寄らないんです。

 インコって何でもかじる習性があるのですが、雛飾りには
 乗ってみたり、かじったりはしません。

 人間の顔をしていても、違うってわかるんでしょうかね。
 
 まあかじられると困るので、近寄らないでいてくれる方がいい
 のですが・・・・・

 広い和室に堂々と飾られている七段飾りって格好いいですよね。
 今の住宅事情では、なかなか難しいですが、マンションとかは
 特にそうですよね。

 うちは一軒家ではあるのですが、それでも都会の家は狭いので
 分不相応な物を買ってしまったうちの母のミスでしょう。

 この雛人形は、私が子供の頃に親が買ってくれた物で、それを
 孫である娘にひきついで使っているので、相当な年季が入って
 ます。だから大事にしたいのですが、大きすぎるのも考え物で
 もう少しこぶりでケース入りだったら、もっとよかったかなと
 今更のように思うのです。

 娘が成長してもっと大きい家でも建ててくれるような甲斐性の
 ある子になったら、この雛人形をお嫁に持っていってもらって
 大きな家でちゃんと飾ってやってほしいけれど・・・・・

 そういう大きな家を買えるような子になるのかどうか・・・・
 いいパートナーに巡り会えるのかどうかも、はなはだ疑問です。

 でも、仮にそんなことが実現しなくても、幸せであってくれれば
 一番それが親の希望なんですけどね。

 娘のインフルはすっかり回復し、携帯やパソコンを眺めることが
 できるようになっています。

 病気にかこつけて、すっかり怠けまくり、勉強も何もしてない
 状態が続いていますが、元気でいてくれるだけで親は何も多くは
 望まないものですね。

 



 インフルのせいで体重が二キロほど落ち、
 足が細くなったのが、不幸中の幸いみたいに
 思っている娘・・・・インフルダイエット
 成功なんて不謹慎なことを言っている娘に
 あきれてもうしばらく苦しんで寝込んでおけと
 思わず心で叫んでしまったまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ




 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す