プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
629: by masyaまま on 2014/02/04 at 22:49:23 (コメント編集)

要領良く仕事をするのと誤魔化して仕事をするのは違いますよね。

お友達のしていることは(例えばマラソン)要領がいいのとは違うと思います。学生だから問題にならないだけです。私が勤めていた職場ではそれを「要領・効率が良い」ではなく「虚偽」と言いました。

実社会では長い目でみると、意外に誤魔化し上手な人は淘汰されていると思います。定年まで働くなら40-50年ですよね。一度もボロが出ない訳ありません。ちゃんと見る人はみてますし、また見るべき人は見る目をもっています。万人に見えていないところがまた怖いのです。

若いうちは順調に来ているように見えてもほころびが40代後半~50代で出始めます。そこまで気がつかないし、ボロが出る時期が遅ければ遅いほど取り返しがつかない。私の職場にはそんなおじさん・お爺ちゃん達がいっぱいいました。

何事も堅実に正確にこなすのが一番。そんなことを、関東のおばちゃんが言っていたとお嬢さんにお伝えください。

630:masyaまま様へ by まめっちママ on 2014/02/04 at 23:06:21

そうですよね。いつかつけは回ってくる・・・そう
信じていますが、娘はいつそんな日が来るのかっていう
あきらめのような物を感じてしまっているのです。
見ている人は必ず見ている。私もそう思います。
だから今は腹が立っても人生はトータルで考えないと
いけないので、きっととってもいいことが自分におきる
日がくると信じてほしいです。世の中そんなに捨てたも
んじゃないと気付く日がきっと来ると信じて、自分の
正しい倫理感を貫いてほしいと思います。ありがとう
ございます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

道徳観の欠如した生徒が多すぎる?

 道徳なんて書くと、戦前かという人もいるかもしれませんが、
 娘の話を聞くと道徳感の欠如した子供があまりにも多いことに
 驚かされます。

 別にいいんじゃない?人に迷惑はかけてないから・・・
 そう考えて何も悪いと思っていない子がいるという事実に驚く
 私や娘の方がおかしいのか・・・・・?

 具体的に書くとですね、今のこの時期って長距離走とかやるの
 ですよ。グラウンド何周かしてタイムも計って、心臓ばくばくに
 なりながらも、必死で頑張って完走する・・・・私の時代でも
 学校では体育の授業中にやってました。

 それが娘の話によると、走ったふりをしてタイムを適当に書いて
 おくという子が何人もいるらしいのです。
 しかも娘に

 「何秒やった?」と聞いて、それより10秒ぐらい早いタイムで
 申告して、しれっとしているというのです。
 友達のタイムを参考にして、ちょっとそれに近いタイムで控えめ
 に遅く書いたというのなら、まだ救われますが、平然と10秒も
 誤魔化すって・・・・・娘もさすがに腹が立って、自分はちゃん
 と走ったのに、走らずに更にそれより早いタイムを書くって、ど
 ういうことやねんと、カンカンです。

 当たり前ですよね。先生がなぜ気付かないのかと聞いてみたら、
 どうも前半組と後半組に分けているから、前半組で休んでいる人
 なのか、後半組なのかがわからないから、紛れて誤魔化している
 ということらしいのです。

 先生もうっすらと把握していて、人数を数えて不正しないように
 見張るようになったらしいのですが、それでも今度は一周誤魔化 
 してしまうとか・・・・どこまでもずるい子は存在するのです。

 こういったことが他でもたくさんあり、小テストはカンニングし
 点数の水増しをして居残りを避ける、そうすることで余計な宿題
 をしなくて済むので、要領の良い子は全く居残りせずに、ずるし
 て平然と帰っていくという・・・・でも、それはきっと成績に
 反映してくるだろうし、先生もわかっているらしいので、いいん
 じゃないの?と思うけれど、娘にしてみると、先生がわかって
 いるのなら、なぜ真面目に居残りしている子にそういう宿題を
 課すのか?不正している連中をしっかり叱るのならまだしも。
 見捨てているだけで、そのとばっちりは自分達に来ているのだ
 から、全然よくないと思っているのです。

 確かにこういうことがあると、ずるして評定をあげて推薦を
 取ろうとする子供達が増えたりして、まともに頑張っているのに
 小テストが悪い子は、報われなくなったりするかもしれません。
 体育だって評定に入るのなら、タイムを誤魔化す子の成績が
 よくなって、真面目に走った子が損するなら、そんな指定校推薦
 制度の評定なんてあてにならないんじゃないかと思うのも、当然
 のことです。

 娘が「こういう奴らが将来社会に出ても得するんやろな」
 と、つぶやいたら、「そうだよ〜」と平然と笑って、何も感じ
 ていないのが信じられなくて、ひどく落ち込んでしまったそう
 です。なんだか薄ら寒いというか、切ないですよ。
 
 道徳なんていらないという子が多いクラスとは聞いていましたが
 ここまでとは・・・・・

 面白い子が多くて、話ののりはいいし、娘自身はクラスでも受け
 入れられて、人気者なのですが、この点に関してだけは、大きく
 意見の相違があるのです。だからといって、真面目なことを言う
 つもりもなく、それを言うとKYな奴ということになるだろうから 
 娘の心は複雑な気分になり、楽しいのに気持ちがすっきりしなく
 て、悶々として家で愚痴るわけです。
 私の気分も落ち込んできますよ。

 世の中そんな人ばかりじゃないし、立派な人だってたくさんい
 ます。優しい人も自分を省みず人助けする人も・・・・・
 そういう人に出会えば、また変わるのかもしれませんが、今は
 子供のずるい面だけが見えて、人間って最低だと思うことばかり
 で、多感な年頃の娘には、一つ一つが重く感じられて仕方無いよ
 うです。

 こういう要領のいい子がコミュニケーション能力が高いことも
 皮肉なことです。そういう人が評価されるような入試システムは
 どう考えてもおかしくて、人物重視ほど当てにならない制度はな
 いと、やはり私は思うんです。

 周りの塾関係者に聞いても、ほぼ全員学力勝負でいいと、口をそ
 ろえて言ってますから、その危うい人物重視という物差しの胡散
 臭さは、みんなわかっているようです。

 それなのに、なんで入試制度をいじってセンター廃止の方向に
 もっていこうとか、考えるんでしょうかね。
 お役人は暇なんだよと言う人もいました。(笑)

 そうなのかもしれませんね。何か改革をやりましたという実績
 が欲しいだけなのかもしれませんね。
 まあこれから試行錯誤して、制度改革には時間はかかるでしょう
 から、娘の大学受験の時は、まだ現状のままだとは思いますが、
 それに翻弄されてしまう受験生は、気の毒です。

 
 


 マラソン選手なんてあの長い距離をひたすら
 黙々と走り、自分との戦いを続けているのだから
 凄すぎますね。上には上がいて、人はどこまでも
 頑張れる生き物でもあるんだよと娘に言ってやりたい
 まめっちママに、励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
629: by masyaまま on 2014/02/04 at 22:49:23 (コメント編集)

要領良く仕事をするのと誤魔化して仕事をするのは違いますよね。

お友達のしていることは(例えばマラソン)要領がいいのとは違うと思います。学生だから問題にならないだけです。私が勤めていた職場ではそれを「要領・効率が良い」ではなく「虚偽」と言いました。

実社会では長い目でみると、意外に誤魔化し上手な人は淘汰されていると思います。定年まで働くなら40-50年ですよね。一度もボロが出ない訳ありません。ちゃんと見る人はみてますし、また見るべき人は見る目をもっています。万人に見えていないところがまた怖いのです。

若いうちは順調に来ているように見えてもほころびが40代後半~50代で出始めます。そこまで気がつかないし、ボロが出る時期が遅ければ遅いほど取り返しがつかない。私の職場にはそんなおじさん・お爺ちゃん達がいっぱいいました。

何事も堅実に正確にこなすのが一番。そんなことを、関東のおばちゃんが言っていたとお嬢さんにお伝えください。

630:masyaまま様へ by まめっちママ on 2014/02/04 at 23:06:21

そうですよね。いつかつけは回ってくる・・・そう
信じていますが、娘はいつそんな日が来るのかっていう
あきらめのような物を感じてしまっているのです。
見ている人は必ず見ている。私もそう思います。
だから今は腹が立っても人生はトータルで考えないと
いけないので、きっととってもいいことが自分におきる
日がくると信じてほしいです。世の中そんなに捨てたも
んじゃないと気付く日がきっと来ると信じて、自分の
正しい倫理感を貫いてほしいと思います。ありがとう
ございます。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。