プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

本当に頭が良くなる1分間勉強法を読んだ感想を聞かれた・・・・

 先日、旦那から「本当に頭がよくなる1分間勉強法」とかいう本
 を読んでみて感想を聞かせてくれと言われました。
 丁度私は、古文の長文を四題解き終わって、頭がメッチャ疲れて
 いて、そんな時に読む気なんておきないので、正直どうでもよか
 ったんです。面倒なことを言うなと舌打ちしたくなるぐらいの
 気分だったのです。

 でもすぐに読めるからとりあえず見てと言うので、仕方無く手に
 とって、読み始めました。

 内容の薄さは言うまでもなく、実際は一ページで終了する程度の
 もので、よくまあここまでこの内容でページを引っ張れるなと
 別の意味で感心しました。

 どうしてそういう勉強法が必要なのかは力説されてましたが、
 肝心のやり方がほとんどわからない。
 その方法に触れてあるのは、一ページか二ページしかないのです。
 これでお金取るのは、どうなのかなと正直思いましたね。

 アマゾンのレビューも見てみましたが、やはり低評価。
 ただ、ここに言われているやり方は、少し違いますが、要するに
 速読の原理と同じなのです。

 作者の方は、速読を習得してこいというのとは違うなんて言って
 ましたが、いや、その原理そのまま速読に繋がってますからと
 言いたいです。

 娘が速読教室に通っていたので、言いたいことはわかります。
 でも、それを習得するのは週末二日では無理です。

 訓練をしてお金もかけて、インストラクターの方でも、かなり
 頑張らないと、人間の元々頭の中で声に出して字を追って読む
 スタイルは変えられないからです。

 フォトグラフィックメモリーのような感じで、文字を目で追わず
 に写真のように眺めて記憶するという、それだけが難しいのです。

 ああこんなこと書いてしまうと、もう本読まなくても済んでしま
 いますが、間違ったことを書いているわけじゃないけれど、でき
 ませんという類の内容かと思います。
 もちろん最初からできませんという思考がいけないのだとも
 書いてありましたけどね・・・・

 それもその通りなんですが、誰でもはできません。
 頭が柔らかくて、素直で、信じて訓練できる方だけが、時間とお
 金をかけたら、それに近いことができるようにはなりますよと
 いうことです。

 すぐに読めるからと言うのは、本当でした。
 あんなに早く一冊読めるのは、近年まれに見る珍しさです。

 人から借りている本なので、別に腹も立ちませんし、こんなの
 は、前からわかっているし、娘で実践済みなので、何度も書いて
 覚える系ではない娘の記憶法を考えると、原理そのものは間違っ
 ていませんから、うそは書いていない?ということになるんで
 しょうかね・・・・

 短時間で多くの情報を一気に聞いて、それを何度も繰り返すと 
 いう娘の耳からの記憶法の目バージョンという感じです。

 英単語の覚え方は、一日10個づつじゃなく、100個ぐらいを
 眺めて聞いて、それを10回やる方が、確実に長期記憶として
 定着します。それと同じことを言っているのですが、勿体つけて
 長々とページばかり割いて、本としてはお金を払いたくないと
 いう感想しかありません。

 私はあまり人のやることや、書いたことに文句はつけないタイプ
 なんですが、疲れて休みたい時にこんなので時間を取られたこと
 でむかついているので、過激な発言になってしまいました。
 すいません。

 次回の記事は、ちょっと大物監督がいちゃもんつけて物議を
 かもしている映画「永遠の0」についての私的見解を書いてみよ
 うかなと思います。

 


 

 読後にさわやかさが残る本に
 出会いたいと心底思ったまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。