プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ぶらっと見ていて気になった参考書(娘のいらつきマックスになったものも・・)

 中学受験前は、よく本屋さんで色々な参考書や受験関連本を立ち
 読みしていたものですが、最近はそれもあまりしなくなって、た
 まに行くと、新刊の漫画出てるかな?とかになってしまって、な
 んというか、親ものんびりムードでたるんでます。
 進撃の巨人の最新刊がどこも売り切れで、本屋さんでは、11巻
 だけがないという状態を見て、本屋のはしごをしてしまったとい
 う、親がこんな状態では子供も参考書など読むはずもなく・・・・
 (海より深く反省。なんて、こんなしょうもないギャグ
  言ってる時点でアウトです)

 結局アマゾンで注文してしまいました。関係ない話ばかりして
 ますが、それはおいておいて、地元のショッピングモール内に
 比較的大きな本屋さんがあります。いつも必ずそこに行くと立ち
 寄るので、その時はついでに英語関連のコーナーもチェックしま
 す。英語本に関しては、娘は読む気無しなんですが、感覚に頼っ
 て問題を解くので、文法用語を正しく理解し、言われている事に
 忠実に英語の問題を解くということが、できていない気がして、
 そこは克服しないといけないと、常々思っているのです。

 今、分詞構文をやっていますが、ここは結構難易度高いです。
 私も生徒に教えている時、生徒が本当に難しがって、なかなか
 習得できない状況を見ていますし、時制も日本人の感覚では、
 完了という概念をよく理解していない子があまりにも多いのを
 見ていますから、このあたりはしっかり理解しておかないと、
 後々困ることになると思い、今娘の学校でやっているところは
 娘自身にもきちんと正確に理解してほしいと思っていました。

 ただ、一般の問題集では、その時はそこばかり練習するので、
 同じようなパターンでやればできた気になります。ところが単元
 が変わり、他の問題と混ぜて出題されると、忘れてしまってでき
 なくなる生徒があまりにも多いのです。

 要するに単なる暗記になっているがゆえ、その時は頑張って覚え
 たものの、使えない状態であるということで、それを使いこなす
 ためには、イメージで概念としても理解する必要があるような
 気がするんですよね。娘はこのイメージ部分は逆にできますから
 理屈づけで暗記する部分をきちんとすれば、もっとそのなんとな
 く使えていたものが正確になるとは思うのです。

 どちらも大切な気がして、参考書はきちっと系の文法書一冊と
 ネイティブ系が考えるイメージを説明してくれているものの両方
 をやってみると、もやっとしたものがわかる気はします。
 冠詞の使い方などは、まさにそうですね。
 一つ一つ固い説明をされても、覚えきれません。でも、こういう
 風に考えているんだと説明されると、曖昧だった暗記に頼ってい
 た部分が鮮明になることもあるので、最近はどちらも読むように
 しています。

 私は中学から英語を学んで理屈で考えることしかできない典型な
 ので、娘のような感覚はわかりません。でも、なんとなく彼女が
 言わんとしていることはわかるのです。

 娘は人に英語を教えられないと言います。

 「だってさ、we am students.なんて言ったら
  おかしいと感覚的にわかるやん。
  それ変やという感覚・・・・そんな風には
  絶対言わないというのがわかるから、それを
  教えるのは無理と思うねん。文法もわかるけど
  言葉で説明できへんというか・・・・なんか
  これは絶対おかしい。こんな風には言わないと
  しか、うちは説明できへんから、友達に聞かれ
  ても、困るねんな〜。」


 この感覚・・・・私にはわかりません。というかそんな説明さ
 れると切れますよね。そんな感覚、母国語じゃない人にわかる
 わけないやん!そういう授業されると、マジ困ります。

 ところがこの感覚を説明してくれる参考書もあるわけです。
 有名どころの文法書としては、「English Grammar In Use」
 あたりがそうです。日本人が書いていないので、そういうわかり
 にくい感覚が英語で実に明確に書かれています。

 

 どういう時に使うかをきちんと説明してくれているので、これ
 は今も留学生などが授業で使っている根強い人気のある文法書
 です。日本語訳のものも出ていますから、そういものを併用す
 るといいとは思いますが、こういう文法書は、まず受験用では
 ないです。受験参考書とは全くアプローチが違うので、これは 
 一通り、英文法を日本の参考書で学んで理屈を頭に入れた人が
 その後で読むと、霧が晴れたような感覚になるというものなの
 で、高校生や中学生で読む人はあまりいないです。
 
 娘はこの手のものを先にやってしまったので、逆に日本の参考
 書が意味不明になっています。それはそれで問題なので、学校
 で配られているものはきちんと勉強してほしいと思いますね。
 
 そんな思いを持ちながら、本屋をうろうろしていて、ふと目に
 ついたものがありました。
 一つは「一億人の英文法」です。
 
 これは確かにわかりやすいです。読んでいて飽きない気がして、
 既存の文法書でしんどくなった経験のある人にはいいと思います。
 ただ、あくまでも基礎ができていての話で、最初からこれ一冊で
 というのは危険な感じですが・・・・

 もう一つは「超低速メソッド英語発音トレーニング」という本で、
 音声が流れていたので、ちょっとだけ聞いてみました。

 

 確かに英語の発音は、早くて聞き取りにくいことが多いので、
 これほど丁寧に発音されていると、細部がわかっていいのかも
 しれませんが、相当根気がいるような気がします。いらちの人
 には向いていない気が・・・・・

 娘も「これめっちゃむかつく!なんかCD
    叩き壊したくなってくるわ。」

 と、その場を離れてしまいました。日本人が聞き取れない発音を
 ゆっくり低速で発音しているからで、元々そういう風に英語を聞
 いたことがない娘には、違和感ありすぎということのようです。
 
 高速で聞いてその後にゆっくりめの発音で聞くと、細部が聞こえ
 るようになるというのは、よくありますが、これは発音の仕方を
 丁寧に教えてくれるものなので、日本人的発音を少しでもよく
 したいと思う人には、いいのかもしれません。
 受験向けではないので、いらつかない人でじっくり発音を矯正し
 たいという人は、買ってみる価値がありそうです。
 
 たまにこうしてふらっと英語コーナーを見ると、色々なものが
 出ているんだなというのがわかって、面白いですね。




 色々参考書があっても、結局は同じものを
 繰り返してやるのが一番という気がする
 まめっちママに、共感できましたら応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。