プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

図書館戦争のような世界が到来しそうな事件

 この時期は戦争に関するニュースやイベントなども多く、映画も
 その手のものが結構上映されます。

 我が家でも「少年H」や「永遠の0」などを見ようかなと思って
 います。この間はちょっと軽めに「謎解きはディナーの後で」を
 見てきました。「スタートレック」も是非見たいし、映画好きの
 私は色々と見たいものがあるのですが、旦那は邦画専門なので、
 「少年H」が次の候補になりそうです。

 で、それとは別の話ですが、戦争の悲惨さを描いたものと言えば
 「はだしのゲン」ですよね。子供達にも見せたいと思うような
 ものだったはずですが、それが規制されて見られなくなっている
 というニュースを見て、私は真っ先に「図書館戦争」を思いおこ
 しました。過激なシーンがあるから、残虐すぎるからと抗議があ
 ったことから、そういうことになったようですが、きれいなシー
 ンばかりでは、戦争の怖さなどは伝わりません。実際にあった壮
 絶な体験をそのまま伝えることで、二度と戦争を起こさない平和
 の大切さを学ぶこともできるのですから。

 これはまさに図書館戦争の規制と同じ現象です。
 こういうことが今後どんどん起きると、いずれは究極の検閲世界
 が到来することになるかもしれません。何でもありとは思いませ
 んが、今頃になって、今までたくさんの人に支持されてきたもの
 をこういう形で規制するなんて・・・・不可解ですね。

 事実をねじ曲げるシーンがあったとか、偏向した思想で描かれて
 いるとか、そういう問題があるのも知っていますが、その部分だ
 けを取り上げて、全てをなかったことにすることはできないと思
 います。 

 それに、醜い残虐な事が一つもないような戦争は考えられず、
 程度の差はあれ、必ずどこの国でも何か言えないことを一つや
 二つは持っていると考えるのが普通だと私は思っています。
 そういうことが起きないように二度と戦争をしない国になったの
 が日本ですから、平和をずっと維持し続けてきた実績を、もっと
 今後はアピールしていくのが建設的な方向でしょう。

 戦争の悲惨さを伝えつつ、平和に貢献してきた日本の努力と歩み
 を同時にアピールしていく、そういうバランスがほしいですね。

 素人判断にすぎませんが、白か黒ではない解決策を探すことも
 重要かと思います。ロシアが領土問題を日本以外の周辺国と
 上手く解決していっているのを見ても、妥協点はどこかに必ず
 あり、立場の違う人同士が納得できるような着地点を見いだす
 ことは可能だと思います。

 なんだか今回は随分政治的な話になってしまいましたが、基本
 私はバランス感覚が最重要だと思っているので、どちらかに傾い
 たいきすぎは好きじゃないのです。

 今後の動向がますます気になる管理人の独り言として、聞き流し
 てください。
 
 さて、今から仕事に行ってきます。




 インコのために留守中エアコンをつけた
 ままでいられるのも、太陽光発電のおかげで、
 設置してよかったと思います。
 あとは、夜間の電力のために蓄電できれば
 いうことないのにと、そればかり考えてしまう
 小市民のまめっちママに、ささやかな応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。