プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

地頭だけでは乗り切れない

 最近、地頭という言葉がもてはやされています。
 主として未知・未経験の分野に対する「論理的に対処し考える頭」
 そして地頭力とはそこでの「問題解決能力」という風に定義されて
 いるようです。つまりパターン練習ではない、自分で初めてのこと
 にも対処できる考える力とでもいいましょうか、それを伸ばすという
 ことだと思いますが、理想はその通りで何の異論もないし、また
 その力がないと生き抜くことは難しい世の中になってきているのも
 事実です。

 娘はどちらかというと、今までこの地頭だけで勝負してきたところが
 あるのです。幼いころから自分で独立して考えることが得意で、物
 作りに精を出し、紙から靴を作りだしたこともありますし、廃物利用
 大好き、箱と石を集めることが趣味という一見変わった子供でした。
 (置くとこないっちゅうねん。
 箱なんか収集されたら!)

 
 幼稚園(英語のプリスクール)では、先生から
 indpendent thinker(独自の、自主的な考えを持った人)
 と呼ばれていました。
 (なんか格好いい称号やな~
 いや・・単に人のいうこと聞けへんだけかも)

 クラスで一人一人に称号を与えるのですが、それぞれの子供の
 一番すぐれている点を表彰するシステムです。
 その時にもらった称号がこれです。

 こんな風に娘は小さい頃から独立した考え方を持っていて、人に頼
 らず考え出す力には秀でていました。
 それなら何も言うことはないだろうと人は思うかもしれませんが、
 ここに大きな落とし穴があります。

 確かに娘は、範囲の決まったテストより範囲が決まっていない実力
 勝負の見たことのない問題に強いのですが、それが地味にこつこつ
 漢字を書くとか、計算をするということから遠ざけてしまい、考えれば
 何とかなるという一種のふざけた勘違いにつながっているのではと
 心配してしまいます。

 考える力は大切だけれど、教えられたことを愚直なまでも一生懸命
 やることも大事なことだと私は思っています。

 もちろん娘も努力はすごくしています。
 簡単に英検や塾でのクラスに合格したわけではありません。
 それでも先生の言うことをきちんと守ってその通りにやる素直さは
 まだ足りないような気がするのです。
 自分でこうした方がいいと勝手に基準を決めていい加減なノートの
 取り方をしたりするので、計算が複雑になったり、途中式が意味を
 持つような問題に遭遇した時、元々の適当な性格が災いし、途中
 式が書いていなかったために検算不能になったりするのです。

 国語も同じで、評論には強く、答えを選択肢から選ぶ問題は間違
 いが少ないのです。というのも論理的に考えてありえないものを省
 いていく力は持っているからです。
 ところが、記述になると丁寧さや書き方の独特なパターンが必要に
 なってきます。それが独自の判断で勝手にこれでいいと決めて
 止めやはねは無視、継ぎ足したり、くにがまえの字をひと筆書きに
 したりするという根っからのいい加減さが災いして、見事に塾では
 ×をもらってきます。

 大きな順位の転落はないものの、今ひとつ成績が上下するのは、
 こういう地味な努力が必要な部分に欠けているからだと思います。

 性格と片付けてしまうのではなく、何とかこの大切な部分を自覚
 してほしいと切に願っています。
 


 PS 地頭プラス素直さが最強のコンビだと
    管理人は思っているのですが・・・・・
 

 人気ブログランキングへ
関連記事
トラックバック
by ブログニュース on 2008/08/30 at 10:17:03

 全国学力テストの大阪府の結果について、府教委や府の関係者からは落胆や怒りの声が相次いだ。 橋下徹知事は「教育委員会には最悪だと言いたい。これまで『大阪の教育は…』とさんざん言っておきながら、このザマは何なんだ」と述べ、26日の教育委員との懇談の際と同...

トラックバック送信先 :
コメント
28:No title by バニラ on 2008/08/30 at 07:31:14

地頭力、たしかに最近やけに耳にしますね。

高卒の私は、深い知識も専門能力もなく、苦労することがたくさんありましたが、そのせいか、逆境には強く、何度も絶対に在りえないから・・・可能性ゼロと人から言われることを、何度も可能にしてきました。
結婚前、3人もの別の医師から、「あなたは不妊症だから、治療をするか人工授精でもしない限り子供はできない。」って言われていたんですが、結婚してまもなく何の治療もなく自然に妊娠し、陣痛から出産までわずか2時間の超安産でした。(もっと感動的な出産をイメージしていたので残念!)
仕事に関しても、学歴なし、資格もゼロだから無理・・・と回りに言われても、一流金融企業でのお仕事もらえたし・・・。
人の借金被されてお金の返済に困り、いよいよ一家心中か夜逃げするきゃない!というまで追い込まれ、翌日ばっちり一千万円荒稼ぎして借金返済し、身よりも知識もなく、会社を立ち上げたとか結構ミラクルな体験を何度も経験しているんです。
夫も・・・お前の精神力って凄い!って惚れ直してくれました!!うふふふ。
結局、私みたいに高い学歴がなくても、高収入を得るのは可能だし、高い能力や資格ががなくても、人間はみな生きていくに値する、それぞれが大事な命だと思います。

娘には、「七転八起の精神で、人にできて自分にできないことはない!他人に不可能でも、自分が可能にする事は可能!」とおまじないのように叩き込んでいます。私の経験上、自分が絶対に叶えたいこと、なりたいことを得るためには、どうすれば良いかを考え、そのために惜しみない努力ができる人は、おのずと道が開けてくると思います。
それが地頭力ってことだと思います。

ジュニアちゃんは、お医者様になるのが目標だから、医者になるにはどんな努力が必要か?というのをイメージしながら勉強させると効率的かも。。新薬や新しい治療法などを読んでいると、難しい言葉も漢字もいっぱいでてくるから、小学生の漢字はしっかり固めておくと後が楽になるよ~。
夢の第一歩が中学受験なんでしょうしね。
子供の夢の実現に向かって、お互い監督業だけでなく、自分の夢もがんばろうね。
司法書士、応援しているよ。

29:バニラ様へ by まめっちママ on 2008/08/31 at 10:31:26

バニラさんは本当にすごいなあといつも感心します。
学歴や境遇に負けない精神力が誰よりも強いし、努力家だと
思うよ。地頭だけではなく、この惜しみない努力と絶対に
なんとかしてやるという精神力が結局最後に自分に幸運を
もたらしてくれると思います。
娘に欠けているものは、サバイバル精神かもしれない。
根が人と競争を好むタイプじゃないので、考える力や創造力
はあっても、是が非でも根性出してこれをやってやるという
のがないような気がするんですよ。
ここが大切なのに、なんかのらりくらりとしているのが見ていて
歯がゆいというか・・・・
ぴしっとせんかいと思ってしまう。(笑)
ないものねだりで贅沢な悩みだと言われればそれまでだけれど
受験って厳しい側面があるから、勝ちとらないといけないことも
あるよね。そういう意味でも受験させて本当にいいのかって
ずっと自問自答しながら、それでも娘が選んだ道だから親は
応援してやるしかないんだって思う。

自分の夢・・・・・こっちも確かに頑張らないといけないね。
私は器用貧乏だから、あれもこれもやりたいと思って結局
一流じゃないんだよね。これが一番やはり悩みです。

▼このエントリーにコメントを残す