プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

相手の立場に立ちすぎるのも考え物かな(ちょっと真面目な話)

 よく世間では、自分のいやがる事を人にするな。相手の気持ちに
 なって考えろ的なことを言います。

 これ自体は正論で、私もその通りだと思うんです。

 ただしこれは対人間ということにおいてで、生き物全部にそう
 いう気持ちを持ってしまう娘のような場合、とても困るのです。

 娘は蚊やごきぶりも極力殺さないようにして逃がすタイプです。
 娘の友人で蚊にかまれまくり、腹がたったからといって、蚊の
 羽をむしって足をひきちぎって捨てたという子がいるらしいの
 ですが、そういうことがもし犬やネコにしていたら、虐待犯罪
 ということになります。

 生き物に差をつけるのがそもそもおかしいと考えるのが娘で、
 カエルの解剖だってする意味はない、もう体の中のこともわか
 っているし、まだ動いているカエルを麻酔もろくにきいていない
 状態で解剖するって・・・・それだけでカエルの気持ちになって
 しまい、もう何もできなくなります。

 魚をつるためにつけるミミズにさえもそういう気持ちを持つん
 ですよ。半分にちぎって、それだけでも十分かわいそうなのに
 更にそれに針を差し込んでしかも海に投げ入れ魚に食われるな
 んて・・・・・もうこれが人間だったら、どんだけひどいこと
 なんだと置き換えて考えてしまうんです。

 高等生物じゃないから、そんな感情ないと言っても、それなら
 人間よりもっと高等な巨人みたいな生物が支配者で、人間を
 モルモットとして実験してひねりつぶすとしたら、どんなに痛
 いか・・・・そう考えただけでももうだめだと言うんですよね。

 確かに不必要な解剖は私も意味が見いだせません。
 ただ、救いなのは、それだからといって肉が食べられないとか
 にはなっていません。死んでしまって肉になったものは仕方
 ないから食べるけれど、殺すのは自分には絶対に無理だという
 レベルでとまってはいるので、何とか日常生活はできますが、
 もしエスカレートして生き物を食べることに罪悪を持つように
 なったり、極端に純粋な気持ちで人間の悪を憎むようになったり
 したら・・・・・

 それが一番怖いです。
 
 人のために新薬を作る研究に使われるという目的があっても、
 モルモットをかわいそうだと思うようで、そんな娘は生物の授業
 がなければ、まだ医学部を目指して頑張ろうかなという気持ちも
 持てるけれど、どう考えても無理そうだからと最近は別の進路を
 考えています。

 まあ成績のこともあるので、どのみちそんな心配する必要なんて
 ないのかもしれませんが、最初からモチベーションがすでに下が
 ってしまってます。

 生物の先生がごきぶりを新聞で叩いたんだけれど、死なないので
 ペットボトルに入れて洗剤を入れてふってみたけれど、それでも
 死なないからとか、そういう話にものすごい嫌悪感を示していて
 潔癖すぎる娘は、日々物事に対して真剣に考えすぎて悩みも人の
 何倍も深くなる・・・・そんな感じです。

 今まで楽天的な子だと思っていました。というか、内心は思い
 詰めるタイプだというのはわかっていましたが、いつもすぐに
 忘れてけろっとしているので、そんなに心で色々考え込んでい
 るとは思ってませんでした。

 ストレスをためすぎてそれをうちに秘めて出さないようにして
 いるだけで、いい加減なちゃらんぽらんな子ですが、それは
 面倒くさいことができないというだけで、人より物事に対して
 ずっと真剣に考えていたんですね。

 親の心子知らずといいますが、子供の心も全部わかっている
 わけじゃないってことです。
 
 間違っていないけれど、もう少し柔軟に考えていいんだよという
 事が世の中にはたくさんあります。

 今の娘にそんな要領を説いてみても、逆に大人への不信感を
 募らせ、ますます頑なになりそうなので、時々ガス抜きをさせ
 私に怒りをぶつけてきても、話を聞いてやって共感してやるこ
 としかできないのかなと思います。

 思春期という言葉だけでは片付けられないこと・・・・・
 結構今の私にはこれが悩みです。


 


 勉強のことだけ考えていられるって
 本当はとっても幸せなことなんだと
 つくづく思うまめっちママに愛の 
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。