プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
571:貴重な記事、ありがとうございます! by *siesta* on 2013/05/21 at 19:57:55 (コメント編集)

まめっちママさん、こんにちは。
たびたび、すみません。

先日、こちらにコメントを書かせていただいたときに、関連記事の表示で、こちらの記事に出会い、「へぇぇ-」「やっぱり、そうなのか」と、読ませて頂きました。

現場をご存じの方が書かれているだけに、説得力があり、非常に参考になりました!

貴重な記事を有難うございました_(._.)_

P.S
「予備校講師・・・旬の時期は短いけれど」も興味深く拝読いたしました♪

572:siesta様へ by まめっちママ on 2013/05/23 at 13:44:07

いつもコメントありがとうございます。元々こっちの
ブログは不定期更新でしばらく放置していたものだった
ので、最近割とよく更新しているなと自分でもびっくり
しています。こちらは別人として当初書いていたのです
が、最近は「想定外バイリンガル物語」の方のブログと
同一化して、相互乗り入れ体勢になってきました。
そういう意味でこっちのブログは、中学受験したいと
思っているもう一つのブログの読者の方が両方読みに
来て下さっていることが多く、新規でリンクしたり
積極的に訪問したりしなくなってしまった怠惰な私には、
こうして新しいブログ仲間がコメントしてくださるという
ことが、実はとてもうれしいのです。
今後ともこんな怠け者のブログですが、よろしくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す

   

学校の真の力は外からではわかりにくい

 大学受験結果が出そろって、雑誌やネット掲示板などで盛んに
 どこが何人東大に入れただのランキングがどうだのと、やかま
 しいぐらいに騒いでいますが、確かに自分の子の学校が活躍し
 ていると、自分のことのようにうれしいものです。

 ただ、それはあくまでも先輩達の実績であって、自分ではない
 のです。どこに通っていてもできる子はできます。
 できない子はたとえそれが天下のN高校であっても、数こそ少な
 いですが、信じられないほど落ちこぼれることもあります。

 できる子がたくさんいる偏差値の高い高校へ行くことで少しでも
 モチベーションを高く保てるという期待はありますが、やらない
 子はやらないです。

 まして学校が自由すぎると、時としてそのままズルズルサボって
 気づいた時には昔は歯牙にもかけていなかった偏差値の学校の
 生徒にすら負ける・・・・そういう事例もたくさんあります。

 だからこそ下手にどこそこの学校がどうとか、成り上がり校は
 だめだとか・・・そういうことは言えないなと思うのです。

 名門校に運良く?入学できた、伝統校に通えて鼻高々・・・
 もちろんそれはその時その子が頑張った成果なので褒めていい
 と思います。でも、そういう選択ばかりが正しいわけではない
 のです。人生は逆転もあるからこそ面白いのです。

 名門に入れなかったけれど、新興校で頑張っていたら意外にも
 学力が伸びたなんてことはよくあります。

 名門でも塾に通って効率的に勉強しないと、そう簡単には高い
 偏差値の大学に行けるわけではないです。

 うさぎとかめじゃないけれど、追い抜かれても寝てましたなんて
 ことにならないように気を引き締めないと、人間の能力などとい
 うものはそんなに大きな違いはないのです。
 よほどの一部の天才でもない限り、普通に努力を少し人よりでき
 たから、中学受験で成功して高偏差値校に入れた、それだけです。

 要するにこつこつ継続して燃え尽きないように自分のペースで
 その後もどこまで努力できるか・・・・そこですよね。

 それができるように学校が手伝うのが伸び盛りの新興校という感
 じでしょうか。中学受験までは幼くて勉強の仕方がよくわからな
 かった生徒が多いですから。

 伝統校は自由にやって、後は予備校での方が多いですしね。

 実績が出ているというのは、実は学校のおかげというより、塾
 の実力であることが大きいです。

 辺鄙な場所にあって名前もよく知らない学校が進学実績が高い
 なんていう影には、予備校の存在があります。
 そこの学校の生徒の御用達のような予備校がしっかり学力の面倒
 を見てくれているので、そのせいで意外にもたくさん合格するの
 です。

 我が家はそういう予備校業界の真っ只中にいますから、どこの
 学校が本当は学校の力でのみ生徒を伸ばせているのかおおよそ
 わかります。

 反対にうちの予備校のおかげだなと思う学校もたくさんあります。

 一般の人ではわかりにくいそういう学校の力というものを知らず
 してネット掲示板で他校の悪口を数字だけ見てこきおろしたり 
 している人達を見ていると、知らないとはある意味最強だなと
 思ったりします。

 もちろん最終的には本人の力ですよ。
 でも、学校が自由で何もしていないのに、さすが伝統校は違う
 なんて言うのは短絡的な考えということです。

 男子最難関のN校の生徒もたくさん塾通いしてます。
 旦那の生徒にもいます。でも公立の生徒でもそのN高校の生徒よ
 り英語ができたりすることもありますし、同じぐらいに肩を並べ
 ているような場合だってあります。

 それがあるからこそこの職業はやりがいがあるのです。
 こちらが頑張ってそれに応えてくれる生徒がぐんぐん伸びていく
 こういうのを日々経験しているからこそ、学校のことをごちゃ
 ごちゃ言っている人達にはその暇な時間を他に使ってもっと建設
 的に世の中のためになるようなことをした方がよくないですかと
 思ってしまうんですよ。
 
 だれでも自分の学校を好きでいたいじゃないですか?
 でも、褒められるばかりではないです。
 勉強ばかりできてもろくな人間にならないわよと言われることだ
 ってあります。高偏差値校に行ってもけなされ、新興校に行って
 も、それはそれでスパルタで監獄みたいだと言われ・・・どちら
 も余計なお世話です。

 みんなその時の導きでそうなるようになったのですから。
 だから現状でできる最大の努力を惜しまず、他者への批判を
 しないで自分との戦いであるということを自覚して日々過ごして
 いれば、それが何年後かの結果につながるのです。

 人生に逆転はつきものです。
 学力で負けても他でそれ以上の幸福を得られることもあります。
 そんな人生は誰にも予測できないのですから、人をおとしめるこ
 とに専念するのではなく、明日の自分が今より幸せであるように
 頑張る方が100倍いいと私は思っています。

 娘も果たしてどれだけ自覚して頑張ってくれるのか・・・・
 人のことは気にせずマイペースで自分時間を過ごしていますが、
 きっと彼女にもそれにあった導きでどこかに決まるのだろうなと
 思います。願わくはお金があまりかからないような所に行って
 ほしいですけどね・・・・・

 


 宿題がどっさり出ているのに、なぜに
 ソファでそんなにものんびりできるのか
 不思議で仕方無いまめっちママに
 その気持ちわかるなあと思われましたら
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
571:貴重な記事、ありがとうございます! by *siesta* on 2013/05/21 at 19:57:55 (コメント編集)

まめっちママさん、こんにちは。
たびたび、すみません。

先日、こちらにコメントを書かせていただいたときに、関連記事の表示で、こちらの記事に出会い、「へぇぇ-」「やっぱり、そうなのか」と、読ませて頂きました。

現場をご存じの方が書かれているだけに、説得力があり、非常に参考になりました!

貴重な記事を有難うございました_(._.)_

P.S
「予備校講師・・・旬の時期は短いけれど」も興味深く拝読いたしました♪

572:siesta様へ by まめっちママ on 2013/05/23 at 13:44:07

いつもコメントありがとうございます。元々こっちの
ブログは不定期更新でしばらく放置していたものだった
ので、最近割とよく更新しているなと自分でもびっくり
しています。こちらは別人として当初書いていたのです
が、最近は「想定外バイリンガル物語」の方のブログと
同一化して、相互乗り入れ体勢になってきました。
そういう意味でこっちのブログは、中学受験したいと
思っているもう一つのブログの読者の方が両方読みに
来て下さっていることが多く、新規でリンクしたり
積極的に訪問したりしなくなってしまった怠惰な私には、
こうして新しいブログ仲間がコメントしてくださるという
ことが、実はとてもうれしいのです。
今後ともこんな怠け者のブログですが、よろしくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。