プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

中高一貫生の塾事情 PART3

 個別指導には大きくわけて二つあります。
 一つは、大手予備校などが併設している個別部門ともう一つは
 中小の個別専門塾です。

 娘の通っている個別は大手予備校の併設個別部門ですが、どちら
 がいいかは子供の学校のレベルにもよるし、本人の適性もあるの
 で、絶対にこっちがいいとは言えませんが、大手のいいところは
 予備校のクラスの授業をパソコンで見られることや、同じテキス
 トを使用できるところから、個別では自分の立ち位置が把握しに
 くい欠点を補うことができます。

 もちろん個人的に持って来た学校の宿題も見てもらえますし、テ
 スト対策なども行われるので、ここは中小の個別と同じだと言え
 ます。

 私が今勤めている個別は大手の個別部門とフランチャイズの
 塾(個別もやっている)両方なので、その違いが非常によくわか
 ります。

 先生はどちらも比較的優秀で、人材面ではかなりいい人を採用し
 ている感じです。
 基本のテキストがあるので、授業はそれに従って進めていきます
 から、漠然と生徒の宿題を見るだけではないので、個別の最低限
 のレベルはクリアしているわけです。

 ただ、塾専用テキストとして販売されているものを使っている
 ので、他の塾でも同じテキストだったとか、そういうことは
 よくあります。だからこそ教える側の力量に左右されるんです。

 これが大手予備校だとオリジナルテキストを使用することがで
 きるので、市販されていないそこの塾ならではのテキストで
 カリキュラムに従って進むことも可能です。

 もちろん中小の個別や塾でもオリジナルテキストはあります。
 私が勤めている塾はどちらもオリジナルテキストがあるので、
 それぞれ子供の能力に応じて使い分けていますし、どの先生
 も急な授業に対応できるだけの力量は持っています。

 塾専用のテキストも使い、予備校のオリジナルテキストも使い
 パソコンで予備校の講義を受けることもできたりと、工夫は
 されているので、それなりにまともな個別と言えると思います。

 進学実績はフランチャイズの塾の方は、地元の公立生を対象に
 しているので、私立受験専門の塾とは違ってそれほど高偏差値
 校に合格する子は少ないです。

 高校受験も公立が中心ですし、大学受験はあまりメインではない
 という感じです。
 
 大手予備校の個別部門の方は、それなりに国公立に合格する子
 や有名私大に合格する子がいますし、中高一貫校の生徒も在籍
 していますから、どうしても進学実績は見栄えがいいものにな
 りますね。

 まあざっとこんな感じですが、模擬試験の採点処理をやってい
 た頃、個別指導で有名なとある全国展開の塾の生徒の答案を
 毎日のように見ていました。それがあまりにひどかったことと、
 教室長のいい加減さが見えて、これでは伸びるものでも伸びな
 いなと思ったことがあったので、本当に中に入らないとわから
 ないことは多いなという感じです。

 フランチャイズというのは、先生の力量にものすごく左右され
 ます。中には本当に熱心でいい塾もあります。ただ、直営である
 方がいいのは、こういうレベルの極端な差が少ないからです。

 そういうこともよく入塾前には調べて、見学をきちんとし、
 知りたいことを丁寧に聞くことも大事だと思います。
 なかなかわかりにくい塾の内情ですが、先生の年齢層を見るのも
 いいかもしれません。比較的年配の先生がいると所は指導力を
 重視していますから、学生のみというところよりかなりしっかり
 しています。

 年齢が若い先生で構成されていると、活気はあるし、楽しいので
 すが、本当に指導力があるのは、正社員が多く、経験豊かな年配
 の講師が活躍している塾かもしれません。

 あえて学生は避けて社会人の先生をメインに採用している塾も
 あります。そういうところも狙い目です。

 色々書きましたが、自分の目的にあったところを選ぶということ
 が一番なのは言うまでもないことで、名前や規模で決めるのでは
 なく、しっかりとした展望があることを確認して慎重に選びたい
 ものです。
 

 

 理科もできれば習いたいと思っている
 けれど、お金が苦しいので自力で
 頑張ってもらうしかないまめっち家に
 愛の応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。