プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

手作りってそんなにいいかな?娘の素朴な疑問

 前々回に続いてバレンタインネタ再びです。
 友チョコしか贈る予定のない娘が、昨年からずっと探し続けて
 いたチョコが実はあります。

 その時に買っておかなかったことをすごく後悔していて、今年は
 絶対に買うと決めていたので、見つけた時には感動して、あげる
 予定もないくせに買っていました。
 それがこれです。残念ながらネットでは売り切れています。

 


 美しい惑星のチョコで、他にももっとすごいバージョンの物
 があったのですが、さすがにそんなに高い物はよほどの本命
 でないと、あげる気もおきないんじゃないかと思います。

 高いと言えば、チョコではGODIVAが有名ですが、二粒800円
 とかあり得んと娘は思っていて、それよりこっちの方が美しさ
 では遙かに勝ってるよと、ほれぼれしながらチョコを眺めてい
 ます。それでも結構な値段ですけどね。そこまでしてでも買い
 たかったらしいのです。

 ただ、これだと友チョコとしてはとても使えず、よほどの人
 にあげないと勿体なさすぎになるでしょということで、あげる
 人に頭を悩ませています。
 (自分で食べてしまうんじゃないかという気もしないでもない)

 手作りした方が安いのは確かですが、手作りって実はそれほど
 みな喜んでいないらしいのです。

 せっかく作ってくれたのだから、その心はいただくけれど、
 本音の部分では、衛生的に気持ち悪いとか、何日もたったら
 保存料も入ってないし、なんか食べる気も起きない・・・・
 そういうこともあって、市販のおいしいチョコの方がいいよ
 という話もよく聞きます。

 昔、手編みのマフラーとか贈られて、しないと悪いけど、どうし
 てもださくていやだという男の人の本音も聞いたことがあります。
 だから、手作りを喜ぶ人ばかりじゃないってことです。

 なんとなく言えない、手作りの方が心がこもっている気がする
 そういう漠然としたイメージがあるからでしょうね。

 でも、よく考えたら市販のチョコを溶かして型に入れ、ちょっと
 飾りをつけただけの物も多いし、本当に一から作ったというのは
 少ないのです。溶かして小さくしてたくさんの人に配るという
 のは、娘的には、せこくて心がこもっているとは思えないそう
 です。親友には良い物をあげたいという娘なので、そんな適当な
 板チョコを更に小さくしたような物をもらっても、なんだか自分
 が大事に思われていない気がするというのも、分かる気はします。

 友達の中には、ポッキーを半分に折って、それを友チョコにして
 配るという節約家もいます。
 一本をさらに三等分とかあり得んと、娘はびっくりなんですが、
 そうでもしないと友チョコは数が多くて、大変ということなん
 でしょうね。でも、そんなせこいことして配るチョコにどんな
 意味があるのか考えると、娘が憂鬱になるのも理解できるのです。

 たかがチョコ。そんなに真剣に考えなくてもいいのですが、娘は
 そういうところにこだわりを持ってしまうタイプで、それも面倒
 くさい性格ですよね。

 余談ですが、うちの旦那は結構チョコをもらってくる方で、
 生徒や職員から毎年何十個ももらうので、これも実は食べるのが 
 大変なんです。中には手作りもありますが、早めに食べないと
 これはまずいだろうという材料だったりすることも多く、手作り
 をもらって困るという人の気持ちも分かる気がします。

 でも、もらえるだけでも有り難いことで、おっさんにそれだけ
 チョコをくれるという人がまだいるのだということは、本人的
 には、自分もまだまだもてる?と大いなる勘違いをさせてくれ
 るのがいいんでしょうね。

 その分ホワイトデーのお返しがものすごく大変なんです。
 お金をそのためだけに貯めておかないといけないことになるぐ
 らい、万単位で出ていくんですよ。

 500円ぐらいの物をお返ししても、20人いれば一万円になります
 からね。100円の板チョコを溶かして細かくして贈られた義理
 チョコの相手でも、お返しはそれぐらいになるんです。

 そう考えたら、女性の方もあまりせこいものは贈れないですよね。
 
 3倍返しなんていう言葉があるぐらいだから、そこでけちると
 今度は何を言われるかわからないし、男の人は大変ですよ。
 もっとも、もらって返さないというデリカシーのない男性もいる
 らしいので、それはそれでどうよという感じですが・・・・・

 世の中で上手く生きて行くって結構しんどいことですね。

 



 冷蔵庫で出番を待つチョコが
 かなり邪魔だなと思うデリカシーの
 ないまめっちママに応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。