プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

センター試験の英語は易しかった?

 うちでは職業柄、センター試験の問題が新聞に掲載されると、
 必ず問題を解いてそれを分析します。

 旦那も朝から新聞とにらめっこしながら、英語の問題傾向を見て 
 いたようですが、簡単やなと一言。

 「日頃やっている問題の方がよっぽど難しいから、
  これは差がつきにくいな。
  できる奴は満点とるなあ・・・・
  難しすぎるのも困るけど、簡単なのも困る・」

 難しい問題の時に高得点を教え子達が取ってくれれば、講師と
 しては最高なんでしょうけれど、問題が易しくなると、みんな
 取れるので、そこで差がつかないとなると、他の科目のできが
 どれぐらいかで勝負が決まってくるでしょうね。

 娘も英語が得意なので、それを得点源にして、模試の成績を
 かせいでいるだけに、もしもセンターを受ける時に簡単で
 みんなと英語の点数で差をつけられなかったとしたら・・・・

 やはり万遍なくできるのが一番ということになりますね。
 大きく崩れない、何が出ても取れる。
 問題傾向が変わったからといって動揺しない、そういう精神も
 大切ですしね。

 娘は楽天家なので、焦るようなことはあまりないと思いますが
 まだ早いと思っていても、すぐに大学入試なんてやってきます。

 よほどの改革がない限り現状の入試制度はそのままでしょう。
 だとしたら、知識を問われる問題であることに変わりなく、
 娘も思考力を問う問題は得意だけれど、知識の詰め込みは苦手
 なので、今からこつこつ知識を蓄える努力をしないといけませ
 ん。

 ところで、世間の目はセンター試験に向いているかもしれません
 が、丁度関西では、中学入試の真っ只中です。もう初日校の発表
 も済んでいる所も多いです。
 
 不本意な結果になり、中期、後期の受験にかけている子もいる
 でしょう。どの子もこの日のために頑張ってきたのですから、
 桜がすべての子に咲いてほしいと心から願っています。

 早すぎる試練に心が痛むこともあります。
 私も3人の中学受験生を担当していますから、彼らがどんな
 気持ちで毎日塾で頑張っていたかをよく知っています。

 だからこそ、あの子達がぐっすり眠れて満面の笑みで私の前に
 来ることができるように祈らずにはいられないのです。

 春から新しい制服に袖を通し、元気に通う姿をどうか見られ
 ますように。

 


 入試の時っていつも寒くて
 温かい時に入試が行われたらどんなに
 いいかと思う。
 なんで一番寒い時にやるのか、夏に
 入試をした方が絶対にいいのにと思う方
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ




関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す