プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

カウントダウン表示が出て思うこと

 10月も終わりに近づいてきました。
 私の職場(塾)でも、はやくもカウントダウンが始まりました。
 中学入試まであと何日が出てくる季節になったんですね。

 自分の子供の時は、余計なプレッシャーがかかるから、あまり
 気にしないようにしてきましたが、教える立場としては、もうそ
 こまで来たのかという気持ちで、何とか合格させなければという
 使命感のようなものもあり、前より気にするようになっています。

 私の生徒には浪人生と中学受験の子がいるのですが、思うような
 模試の結果が出ず、ダメかもという焦りにも似た表情を見ると、
 つらくなります。

 この間、浪人生の女の子の模試の結果を見せてもらいました。
 大本命の学部はまだD判定。

 滑り止め校はかなりの確率で大丈夫そうですが、何とか本命校の
 学部の中で、行ってもいいかなと思える所がC判定ぐらいの感触
 なので、あとほんの少しでいいから得点の上積みができれば、い
 い感じに仕上がってきてはいるのです。

 国語は比較的得意で、彼女の得点源になるのですが、弱い部分が
 いつも同じなので、そこを強化すれば、もう2、3点は取れます。
 文学史の知識が著しく欠けているため、その手の問題が出ると、
 聞いたこともないという感じで、必ず失点してしまうのが自分で
 もわかっている弱点なので、対策の立てようがあるのは救いです
 が、有名どころの作品名がわからず、読書量が少ないため、語彙
 力にやや問題があるということから、覚えていれば得点できる問
 題で点数を落としてしまうという、大変勿体ない結果になってい
 ます。

 もちろんこういう問題は多くはないので、やらなくても大きな
 マイナスにはなりません。でも、たまに出る問題でほとんど正解
 したことがないのは、やはり残念です。

 もしそれが取れたら、合格ラインに乗るかもしれないという瀬戸
 際だった場合、取れる問題は絶対にはずさないということは大事
 ですからね。

 彼女は私大希望なので、国語と英語は特に細かい部分までやり込
 む必要があります。現役の頃に世界史で失敗したという苦い経験
 があるため、どうしても社会ばかりやってしまう傾向があるのは
 仕方ないのですが、そうなると、今度は現役時代にマックス近く
 頑張ってきた英語や国語の力が、逆に落ちてきているという事も
 あったりして、だから浪人はよほどの精神力がないと勧めません。

 後がないという不安のせいで、元々現役で合格してもいいぐらい
 の力があった子が、社会で落ちたという場合、むしろその時の力
 を維持することが難しいこともあるのです。

 それともう一つ読解の弱点が見つかりました。
 全くの見当違いの解答をする子なら、根本の読み方を教えていき
 むしろ白紙の状態として指導できるのですが、なまじできる子な
 ので、自分でああこれはこういう事をいってるのねと、理解して
 勝手に自分の中でまとめあげてしまう傾向があるということです。

 特に字数制限の70字ぐらいでまとめるのが、一番中途半端で
 キーワードを抜かしてしまって、自分流にまとめてしまってい
 る解答を見ると、採点者によって判断しにくい答案ということに
 なって、微妙な感じです。そういう記述式の対策などもやってい
 るのですが、同じ子の面倒を見ていると、その子の癖や弱い
 部分がよくわかり、こうするともっとよくなるなということも
 わかってくるので、やはり我流の勉強は、国語に関してはしない
 方がいいなと思います。

 自分が講師だから言うのではなく、自分で勉強していると気付き
 にくい点を発見してもらったり、それを克服していくカリキュラ
 ムを作ってもらえるという利点があるので、お金の問題で片付け
 ずに、適切な指導者を付ける方が受験に関してはやはり安心だと
 言えます。

 うちが中学受験の時に一斉授業をやめ、個別に絞ったのは、先生
 の質がよかったからで、娘の弱点を見抜き、適切なカリキュラム
 で夏の間に総復習ができたというのが大きいです。
 あのまま塾に居続けたら、テキストばかり増えて、自分のペース
 で勉強できずに自滅していたと思います。

 よい先生に巡り会うことは本当に大事で、それができれば、家勉
 より随分効果があることは間違いないです。

 そういう先生を見つけられるかどうか・・・・そこは親の力量で
 もあり、子供本人も面白いだけの学生先生を安易に選ばないよう
 な確かな目を養わないといけないと思いますね。




 国語の点数がよいのはうれしいけれど、
 入試は総合点なので、バランスよく
 全科目頑張って晴れて合格してほしいと
 切に願うまめっちママに励まし応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。