プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

級をすっ飛ばすのは、やっぱり無謀かな・・・・

 これまで娘は何とか滑り込みセーフで各種検定に合格してきまし
 たが、さすがに級が上がってきて、そうもいかなくなってきまし
 た。英検は無茶苦茶難しいし、数検だって学校の範囲を逸脱して
 いて、先取りをしていない娘にはちょっと無理そうだし、漢検に
 至っては、前回落ちているだけに、今回はリベンジになるはずな
 のですが、それがですね、前回の落ちた級を受けるのではなく、
 一つ上の級を飛び級して受験するので、ほんまにそんなんでいい
 のか?と心配してたんですが、やっぱりかなり厳しそう・・・・

 毎日学校でやっている漢字テストが級に対応しているので、
 それが勉強していることと同じなんですが、うちの場合、娘の
 漢字テストの点数がびっくりするような点ばかりで、20点満点の
 12点とか・・・・よくても18点ぐらいなので、そんなんで受ける
 と言う方が無謀すぎる・・・・・

 「最近はテスト頑張っているから、まあいけるんちゃう」と、
 また軽いのりで友達と同じ級を受験しようというのだから、あまり
 にも自分の力をわかっていなさすぎですよね。

 小学生の頃に漢検5級を一度落ちているのですが、それをすっと
 ばし、4級を一回で受かったということもあって、必ずしも順番
 に受けないといけない訳じゃないんですが、漢字に関しては全く
 自信のかけらもないので、どうするつもりなんでしょうね。

 受かれば結果オーライですけど、落ちたら前の級も受かってない
 のに、もうどんどん友達に置いていかれるじゃないですか!

 なのに全然焦る気配なし。
 どこをどうすればそういう生き方ができるのかな・・?
 全く謎です。ミステリアスすぎて、ついていけないです。

 うちの子には成績で悩むとか・・・そういうのはほとんどない
 みたいです。できるから悩まないっていうのなら、それはうれし
 いことなんですが、できもしないのに、悩まない・・・・・
 ショックを受けても一時間ぐらいで立ち直るし、ある意味うらや
 ましい性格ですが、それじゃあだめでしょ。

 しっかりせんかいと喝をいれても、暖簾に腕押しとはうちの娘の
 こと。ああもうじれったい・・・・

 私のあまりにカリカリしている姿を見たのか、なぜか英検の
 問題集をおもむろに取り出してやり始める娘って・・・・やっ
 ぱりピントがずれてます!

 漢検の勉強するならわかりますよ。なんでそこで英検の問題集
 なのかな?今からこつこつやることは大事ですけど、目先の
 テスト勉強が全然できてないのに、優先順位違わなくない?

 もうどういう頭をしてるんだと言いたいです。
 計画が立てられないのはわかっていますが、まもなく訪れる漢検
 を優先しなさいよね。

 私が神経質なのかもしれませんが、例えば自分の仕事に関して
 私なら娘のような行き当たりばったりは絶対ないです。
 夏は夏期講習などもあって変則授業になっていますから、特に
 予定表はきちっと把握していないと、授業に穴をあけることに
 なったりするので、カレンダーも携帯もパソコンもしっかり見る
 ようにしています。それに合わせて予習の順番を考え、どこを
 どうやって進めて行くかを決めるわけです。でも、娘は違うん
 です。

 言わないと何をしていいかわからないし、前の日に突然明日の
 ことを思い出したり(思い出すだけまし)ひどい時は当日朝、
 あれがいるこれがいる、持って行かないといけないプリントが
 ないとか・・・・・そうなるので、いつも口うるさく注意を促し
 ているのですが、できるだけ何も言わないように心がけてはいる
 ものの、言わないと本当にどうしようもない状態になることも
 しばしば。

 昨日は、定期券がなく、更にPITAPAがないとか、大慌てで探し
 まくり、結局この前カラオケに行った時に持っていったカバン
 の中に入れたままということが判明。

 出かける直前にそれだったので、大幅に時間が遅れアウト。
 なんでちゃんと確認しておかないのか、私ならそういうことは
 真っ先にちゃんとしておくことなのに・・・・・

 親子は性格も違うし、人格も違うのは当たり前ですが、親の背中
 を見て育つということわざは、うちでは当たらない気がします。

 もちろん根本の善悪の判断基準や、服装の好みなどは親と子が
 似ているなと思うこともあるのですが、日常の細かな習慣は
 ほとんど娘には無用な手本のようです。

 まあそんなことはどうでもいいけど、漢検受かってほしいな。
 奇跡はそう簡単におきないけれど、お願いしますよ。

 



 最近手柄が全然ない娘の自信を
 取り戻してやりたいなと思う親心
 に愛の応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ




 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。