プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

何度目の本気?(後半ちょっと重くなります)

 今度こそともう何度言ったかわからないけれど、ついこの間中間
 テストが終わったと思ったのも束の間、期末テストが見えてきま
 した。

 娘は決して余裕を持って何日も前から準備するタイプではありま
 せん。旅行の時でも前の日に必死で準備して詰め込んでいくので
 もし、何か買わないといけない物があったらどうするのかという
 ぐらい、ギリギリ綱渡りのようなことを平気でします。

 すぐには用意出来ない物があったら、どうしようもないので、
 私が何日か前までにとにかくしおりを持ち物の中から救出し、
 用意しとかないと、娘にまかせていたらたぶんアウトです。

 だから娘が早めに準備したというのは、恐らく3日前ぐらいの話
 で、テスト勉強も2週間前ぐらからこつこつ着実に準備なんて
 ことはまず望めません。

 だから試験一日前でやってない科目が存在し、慌ててプリント
 などを見るものの、当然分からないところが出てきますよね。
 ノートを見ても、ただ写しているだけなので、何がどうなって
 いるのか把握していなく、何が大事かもわからない・・・・
 そういう事が起きてきて、古文などは手つかず状態だったり、
 現代文に至っては、もう教科書すら見ていなく、漢字の練習も
 していないので、取れる所で点数をかせげない・・・・そういう
 子でした。
 
 簡単な公式を覚えていないから、みんなが取れるところで点数
 をとれないなんていう馬鹿をやるのも娘です。

 そこは誰でも取れるというおまけの部分で点数を落とすって・・
 残念な子です。でも、自分でそれは一番よくわかっているんで
 す。娘と似たタイプの友達とそのことについて話したらしく

 「うちら、本当はもっとできるはずやん。
  さぼらず真面目に本気だしたら、絶対あの辺の
  賢い子らに負けへんと思うねんけどな。
  だから今度はちょっとまじで勉強して
  抜かしたろうや。」

 とか何とか話したそうなんですが、これは言い訳にすぎず、
 たとえどんなに口で言ったところで、実際結果をだしてから
 言ってほしいですよね。頑張っている子は上位をキープしたい
 から、手を抜きません。ますます頑張って落ちない努力をし
 ますから、それを抜くのは言うほど簡単じゃないです。

 手遅れになる前に気付き、何倍も努力しないと今までさぼった
 分を取り返すのはきついはず。甘い考えでやっていると、この
 まま鳴かず飛ばずの位置をさまようことになるのが怖いです。

 こういう子を持つと、親は気苦労が絶えません。
 放っておいても自分でちゃんとやる子はいいんですが、うちは
 何も言わないと、適当に自分の基準でやることはやるんですが
 見ていても詰めが甘い甘い!

 もう少しそこは問題を解いて完璧に覚えておかないといけない
 でしょと思うところも、たぶんいけるんちゃうと流してしまう
 ので、多少覚えていなくてもそれで勉強した気分になるようで
 本当に大雑把すぎてどうしようもないですね。

 それに集中力がもたないので、一時間もすると、もう他の事 
 をし始めて、休憩がまた長い!
 (書いていて段々むかついてきた

 パズル的なことは大好きで、考えて推理するのは大得意なので、
 そういう問題が学校のテストにはないのが悪いとまで言い出す
 始末。頭の体操的な問題には本当に目を輝かせる娘が今後どう
 いう道に進めばいいのか・・・・単にいやなことでもやらない
 といけないのが学校というものだとか、そういう意義を説いて
 みたところで、心に響かないものはどうしようもないです。
 
 一番努力して結果が出やすいのは勉強です。
 他の何よりも努力がストレートに出て、公平なものは学歴であ
 ることもこの教育業界にいればわかります。

 だから最低ラインにはたってほしいのが、親としての率直な
 希望です。きれい事を排除して、生きて行くのに必要なある
 程度のラインには到達してほしい・・・・中学受験をして
 この勉強という世界に来てしまった以上、そこで生きるしか
 ないのだから。

 娘と色々話していて、彼女が言いたいことはとてもわかります。
 なんでみんな何も文句を言わずに休み時間まで勉強したり、
 そんなにきちっと何日も前から準備万端で、30分前にはすでに
 多くが集まっているとか、そんなことができるんだろう・・
 自分にはそんな毎日きちっと決められた通りに動いたりは到底
 できそうもないよ・・・・

 だからといって飛び出せるのか?と言えば、それはしたくない
 という娘。ちゃんと進学して親に迷惑をかけないように生きた
 いと思っているから苦しいんだろうな・・・・・

 うちでは娘が本気で何かをしたいから今のシステムを離脱する
 というのなら、それもよしと思っているのですが、本人は
 人をいつも気遣いすぎて自分の希望を引っ込めてしまうので
 いつもやろうと思う気持ちとこれは自分の勉強じゃないという
 気持ちがせめぎ合い、悶々としてしまい気付いたらテストが
 始まり、またいつもの日々に取り込まれていく・・・・この
 繰り返しになるようです。

 思春期だからこんなことを考えるのかもしれません。
 自分の存在価値や社会の矛盾や勉強の意義・・・・何もかも
 に疑問を持つ年頃だからなのか、敏感すぎる娘はこういうこと
 でシンプルに割り切ることができません。

 楽天家でまあ何とかなると言う性格の裏には、こんな複雑な
 心が隠されているのを知っているからこそ、どうしてやれば
 いいのかいつも考えてしまいます。
 
 ただ見守るしかないと思っても親の心は複雑です。
 有無を言わさず甘えるなと言うのは簡単ですが、自ら光の方へ
 歩き出してほしいです。




 いつもになく重苦しい記事になってしまい
 すいません。鼻炎の悪化で少々気持ちが滅入
 っているまめっちママに励まし応援よろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。