プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

英検レベル別に見る難易度の差

 今回、娘の学校では大勢の子が英検3級に中1で合格しました。
 友達の中には、準2級に合格した子もいます。
 二次テストでは、準2級ぐらいまでは、ほとんど不合格にはなり
 ません。よほど全く答えられないとかでない限り、それほど高度
 な英語は要求されないからで、おまけ点と言われている(実際は
 どうか定かではないです)
アティチュードは微妙なラインの時に
 救うためにあるなんていううわさもあるぐらいです。

 あくまでもうわさですから、本当のところは知りませんよ。
 リーディングも大きな声ではっきり読めたら点数は結構つくと
 思います。これだけでかなりかせげるので、意外と合格してし
 まうのです。

 英語のレベルは3級と4級とではほとんど差がないです。
 3級と準2級は少しありますが、それも小さい子にとってはそう
 であっても、中学生ぐらいになると、それほど大きな差はないか
 もしれません。合格点がそれほど高くないので、ギリギリでも
 滑り込めば二次はなんとか合格できそうです。

 ただ、娘が合格した英検の過去の状態を見ていると、3級の時は
 ほぼ満点、準2級で8割5分ぐらいの得点率だったのが、2級で
 一気に難しくなったような気がします。2回目の受験で合格した
 のですが、ここでの得点率は6割でした。あと一点というところ
 で涙をのんだのが1回目です。2回目は問題が難しかったので
 合格最低点が下がり、前より点数が2点下がったのに、合格して
 いました。ものすごく複雑な心境でしたね。つまりぎりぎりの力
 しかなかったので、運が悪ければ不合格になるし、たまたま合格
 ラインが下がればそれでも合格してしまう・・・・それが英検
 です。二次の面接は質問されることが正直準2とは雲泥の差です。

 聞き取れなければそれで頭が真っ白になって終わってしまったと
 いう大人もいます。まずはリスニングが最重要なのですが、日頃
 からニュースなどをよく見たり聞いたりしていないと、答えられ
 ない質問が英語で出されます。準2と2級との間には大きな壁が
 あるなというのが正直な感想です。

 そして2級と準1級の間にもまた大きな壁があります。
 合格ラインが7割を越えてくるからで、質問も全部英語で書かれ
 ていますし、リスニングも2回は言ってくれません。スピードも
 早く一度きりなので、しかも内容が難しい・・・・なかなか
 突破するのが難しい壁です。娘がずっと2級から受験していなか
 ったのは、この壁が年齢的に無理だと判断したからです。
 
 受験もあって英語ばかりやれなくなったこともあって、なかなか
 次に進む勇気がなかったんです。でも、そろそろ次にいかないと
 やばいなという感じで、娘にも本気を出してもらいたいのですが
 日々パソコンばっかりやっていて、英語の勉強しているところを
 見たことないんですよね。宿題はやっていますから、少しはやっ
 ているんでしょうけれど、暗唱も家でしてるところを聞いたこと
 ないので、いつやっているのか・・・・友達もどうやら英語は
 あんまりしなくても今のところいけるから、他の数学とか古文を
 頑張るみたいな感じだそうです。

 普段、毎日英単語集からテストがあるのと、復習テストが毎週
 あるので、それだけでかなりの力が勝手についているようです。

 そうでなければ、中学3年生で英検2級が大量合格する学校には
 なりません。確かにすごいことですよね。そこまでの力をつけ
 てくれるのなら、早期教育の意味すら失いそうな勢いですから。

 ただ、机上の勉強と実践力は違います。どうしても越えられな
 い感覚というものは存在します。そこをどれだけ埋められるか・・
 学校がどこまでそこを伸ばせるかは興味があります。

 普通に真面目に勉強していて、英語が話せるようになるのなら
 日本の英語教育もまんざらじゃないなと思えますし、本当は
 そうでないといけないんですけどね。受験だけのための英語で
 はなく、使える英語力も同時に身につけることができる授業が
 学校で行われるのだとしたら、私達の子供が大きくなってその
 子供が中学生ぐらいになる頃には、ほとんどみな英語を理解し
 て日常会話ぐらいはできるようになっているでしょう。

 そういう世界を夢見ているんですが、さて果たしてそんな日は
 来るのでしょうか?

 



 いつものように娘から帰るコールがあって
 迎えに自転車に乗っていったのだけれど、
 日に日に出会う場所が家に近くなってくる
 のは気のせいかと思っていたら、真正面から
 ものすごい勢いで手を前後に振り大股歩き
 して接近してくるターミネーター(娘)を
 発見!あまりの迫力にガソリンスタンド
 のお兄さん達が毎朝、じろじろ眺めるのは
 (決してもてているわけじゃない)
 このせいだったのだと悲しいけれど理解した
 まめっちママに励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。