プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
426:お久しぶりです♪ by リコ on 2012/01/27 at 10:54:55

まめっちさん、お元気でしたか?!お久しぶりのコメントになってしまいました!もうすぐ7歳になる男の子、あのまめっちママさんのお嬢さんと読書傾向が似ているね~なんて光栄にも言って頂き有頂天(笑)のあのリコです~覚えてますか~?!

さて、とてもコメントせずにはいられない内容なので、ぜひコメントしにきました♪そうなんです!英語が話せる子のママとの共通の悩みは、「この子たち、このまま英語がすごい得意ですっていて行くには相当な努力が必要な世の中だよね~」「かといって
私立に入ったら、みんな勉強ができて英語も得意だったっていう子がわんさかいるよね~」「どうする?高校からイマージョン校に行かせる手もあるけど…」などなど、迷える子羊な私です^^; でも、結果今まで英語がとても得意で、ある意味それは才能(ピアノなどと同じような)と見れば、そこをぐんぐん伸ばしてあげることだけ今は考えていけば、まめっちさんの所のようにずっとバイリンガルを強みにしていけるのかななんて改めて思いました♪ またじっくり読ませて頂きますね♪
今年もよろしくお願いいたします♪

427:リコ様へ by まめっちママ on 2012/01/28 at 00:23:04

英語がある程度できるというのは、確かに学校では強みに
なります。たとえみんながもう少ししたら追いついてきたと
しても、今までやってきたことが自信になって何事にも
いけいけで臨めるという利点はありますね。
うちの娘はあまり真剣にテスト勉強したり覚えたりしません
が、それでもリスニング満点とかを取れるのはやっぱり他に
いないので、誰にも負けないという自信のある科目が一つ
ぐらいあってもいいのかなとは思います。

ただ、それにあぐらをかいていたら、転落するのも早いので
これからは真剣に今以上にもっと上を目指して頑張ってほし
いです。イマージョン校は見学したことがありますが、これ
はこれでなかなか難しいようです。学力の差がそのまま英語力
の差につながり、というか比例するんです。
話すだけなら見た目はバイリンガルですが、ここで大きな
差がつきます。セミリンがルの典型みたいな怪しい日本語の
作文を書く子供もいて、それが自分の子供でないとは言い切れ
ないと思うんです。リスクも大きいということで、バイリンガル
って本当に定義が曖昧でやればやるほど奥が深く、これで完璧
なんてことがないんだとしみじみ感じています。
うちは日本の学校で普通に大学受験する道を選んだのですが、
幼少期にバイリンガルの基礎みたいなものを習得できたこと
だけは生涯の宝になるかなとは思ってます。
まあ宝の石も磨かないとただの石ころですから、これから
原石を磨いて輝かせるって感じですね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

帰国子女もどきの娘の英語をどうするか・・・

 我が家のような、幼稚園だけ英語で保育してくれる所に通って
 英語を習得した帰国子女とも言えないような子供達が最近増え
 ています。

 本来なら小学校に入学前だけ英語をやっていたわけですから、
 忘れてしまってもおかしくない年齢です。

 しかも家庭内では日本語しか使わず、親は普通の日本人です。
 海外帰国子女でも、日本に帰ってくる年齢によっては、英語を
 忘れてしまったという例がいくつもある中、日本から出たこと
 がなく、周りも家も日本語の中で英語を維持し続けることは、
 とても大変だったわけです。

 だから自然に英語を習得できて楽だねではなく、疑似英語環境
 を作りだし、様々な試行錯誤を繰り返し、英語を忘れる危機を
 回避するべくお金も時間も使って頑張った結果が今の娘なので
 そこは我が家なりの努力を重ねてきたとは思います。

 でも、その努力は親が導いてできたことで、本人は小学生の間
 そのレールに乗っていただけなので、自分でどうやって英語を
 伸ばしていくかまでは、なかなかわかりません。

 中学に入ってから学校で英語が始まったので、いやでも毎日
 英語を聞く機会だけはできました。今までは英語圏の子供達と
 同じ方法でやってきて、理屈なしに何となくわける状態だった
 ことを理屈で理解することでより強力な英語力に昇格させる
 チャンスが到来したと喜んだのですが、実際、なかなかそうは
 いかず、私達日本人が生まれてから日本語を理屈で学んだこと
 などないのと同様、娘は今更理屈づけて考えることが苦手に
 なっていました。一つは文法用語が訳分からないということ、
 もう一つは、色々なシチュエーションで言い方が何通りもある
 のに、解答が一つしかないような小テストの方式・・・・・

 そういったことに戸惑い、実際は新聞のコラム程度の英語なら
 リスニングして理解できる英語力があっても、テストでは微妙
 に間違えるということが日々起きてしまいます。

 英語を中学から始めた子供の方が、先生の言う通りにしかもテキ
 スト通りに暗記してくると、点数がよくなるという傾向もあり、
 英語教育の難しさをしみじみ感じています。

 そんな娘の英語をもう少し何とかしたくて娘に合った方法で
 今以上に伸ばすことはできないのかと考えても、やはり既存の
 英語スタイルでは無理で、我が家がずっとやってきている洋画
 やアニメを英語で見聞きすることと、英語ニュースなどを今後
 聞いていくこと、英字新聞や雑誌をかかさず読むことを中心に
 していくのが、ベストなのかなと思います。

 学校特有のテスト対策は慣れればなんとかなるでしょうから、
 それは娘が要領を覚えさえすればいいのです。

 受験英語を強化するのか、それとも全く違う方向を目指すのか
 欲張りな我が家は両立したいと願っているのです。少々虫がい
 い話なのかなと思うものの、それでも道は開けるんじゃないか
 と、娘を見ているとこっちまで楽天的になっていくから不思議
 です。

 


 新年最初のおみくじを家族3人で引いてきたら
 私と娘が吉で、旦那が小吉でした。
 娘のおみくじには、やった分だけの成果が出る
 と書かれていて、そうだよね、まぐれはないんだと
 妙に納得してしまったまめっちママに励まし応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
426:お久しぶりです♪ by リコ on 2012/01/27 at 10:54:55

まめっちさん、お元気でしたか?!お久しぶりのコメントになってしまいました!もうすぐ7歳になる男の子、あのまめっちママさんのお嬢さんと読書傾向が似ているね~なんて光栄にも言って頂き有頂天(笑)のあのリコです~覚えてますか~?!

さて、とてもコメントせずにはいられない内容なので、ぜひコメントしにきました♪そうなんです!英語が話せる子のママとの共通の悩みは、「この子たち、このまま英語がすごい得意ですっていて行くには相当な努力が必要な世の中だよね~」「かといって
私立に入ったら、みんな勉強ができて英語も得意だったっていう子がわんさかいるよね~」「どうする?高校からイマージョン校に行かせる手もあるけど…」などなど、迷える子羊な私です^^; でも、結果今まで英語がとても得意で、ある意味それは才能(ピアノなどと同じような)と見れば、そこをぐんぐん伸ばしてあげることだけ今は考えていけば、まめっちさんの所のようにずっとバイリンガルを強みにしていけるのかななんて改めて思いました♪ またじっくり読ませて頂きますね♪
今年もよろしくお願いいたします♪

427:リコ様へ by まめっちママ on 2012/01/28 at 00:23:04

英語がある程度できるというのは、確かに学校では強みに
なります。たとえみんながもう少ししたら追いついてきたと
しても、今までやってきたことが自信になって何事にも
いけいけで臨めるという利点はありますね。
うちの娘はあまり真剣にテスト勉強したり覚えたりしません
が、それでもリスニング満点とかを取れるのはやっぱり他に
いないので、誰にも負けないという自信のある科目が一つ
ぐらいあってもいいのかなとは思います。

ただ、それにあぐらをかいていたら、転落するのも早いので
これからは真剣に今以上にもっと上を目指して頑張ってほし
いです。イマージョン校は見学したことがありますが、これ
はこれでなかなか難しいようです。学力の差がそのまま英語力
の差につながり、というか比例するんです。
話すだけなら見た目はバイリンガルですが、ここで大きな
差がつきます。セミリンがルの典型みたいな怪しい日本語の
作文を書く子供もいて、それが自分の子供でないとは言い切れ
ないと思うんです。リスクも大きいということで、バイリンガル
って本当に定義が曖昧でやればやるほど奥が深く、これで完璧
なんてことがないんだとしみじみ感じています。
うちは日本の学校で普通に大学受験する道を選んだのですが、
幼少期にバイリンガルの基礎みたいなものを習得できたこと
だけは生涯の宝になるかなとは思ってます。
まあ宝の石も磨かないとただの石ころですから、これから
原石を磨いて輝かせるって感じですね。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。