プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

国語と英語の関係 PART1

 今回は私自身のことについてちょっと書いてみようと思います。
 いらん?そう言わずにおつきあいください。

 タイトルに書いたとおり、国語と英語の関係は相反するものでは
 なく、結びついて相乗効果をもたらすものだと私は思っています。

 国語はセンスの問題なんて言う方もいますが、そういう部分が
 ゼロとはもちろん言いませんが、それはどの教科にしてもそうで
 数学なんて特にセンスがないと、ある一定レベルを超えたところ
 には到底行けません。でもこつをつかめば国語に関しては、セン
 ターで100点にも届かない子が50点ぐらい上げることはできます。

 私は高校時代これでも一応途中まで理系でした。
 国語教師をしていたくせに理系ってどういうことよと思われるか
 もしれませんが、実は数学が好きで、むしろ英語は死ぬほど
 嫌いで、どうにも勉強をし始めると居眠りしてしまい、英語の
 文章は睡眠薬みたいなもので、自然と目が閉じる・・・そんな
 感じでした。

 当然点数は英語が低空飛行で、数学で100点を取ったことはある
 けれど、英語はまじで80点も取れたら天変地異かと思うほどの
 得点で、今思えば、もっと勉強しておけばよかったなと後悔する
 ことばかりです。

 まあ、そんな私ですが、英語も一念発起して頑張った結果、それ
 なりに文法力などは身に付き、中学までは得意だったというのも
 あって、今はそれほど不得意とは言えない状態になりました。

 子供が英語をやっていたのもあって、一緒に学んでいくうちに
 リスニング能力も上がり、外国人とも込み入った話さえしなけれ
 ば、言ってることぐらいはわかるようになったわけです。

 学校を出てからの方が英語力については上がったような気がしな
 いでもないのですが、よく考えると、基礎の地味な文法を中学の
 時にさぼらずにやって確実に身につけていたことが良かった気が
 します。私が英語を離れてもうかなりの年月がたっていますが
 いまだに中学レベルのことは忘れずにかなりしっかり覚えていま
 す。高校部分の英語は、とりあえず受験のためにと頭にたたき込
 んでなんとかしのいだだけなので、受験が終わり、大学を卒業し
 た途端、すっかり忘れて単語などは聞いたことがある気はするけ
 れど、全然意味がわからない状態になってしまいました。

 でも日常の会話などや子供のレベルの話なら高校レベルでなくて
 もなんとか意思疎通することは可能です。私が辛うじてやってい
 けるのもこの中学までの基礎のおかげです。

 だから中学英語は実はとても大切で、ここでさぼると、どうにも
 なりません。英語に関しては外国人と話せるようになりたいだけ
 なら、まずは中学英語レベルを完璧にすることでなんとかなりま
 す。それ以上の職業として成り立つようにするには、その先の
 レベルがいりますが、まあ日常に英語を使う機会は正直ほとんど
 ないでしょう。よほどそういう職につかない限り、普段の生活
 には全然困りません。

 そういうわけで、英語なんてできなくても生きられるという極論
 も登場し、それより日本語だなんてことになるわけです。

 これはある意味正しいです。
 日本語の力、とりわけ国語の読解力があると、英語の問題も答え
 がなんとなくわかってしまいます。

 実は最近私はとある塾の採用試験を受けたのですが、この採用
 試験はなんと英語と数学の二種類しかないんです。国語の講師
 採用なのに、なんでやねんと突っ込んでしまいましたが、塾の
 入塾試験の判定が英語と数学で決まる所は結構あります。

 変なシステムと言えばそうなんですが、まあそれはここでは置い
 ておくとして、そのテストのレベルは高校受験レベルが半分、
 センターレベルの問題が半分という感じで、正直英語から離れて
 かな~りたっている私のような年齢の人にはきついです。

 現役大学生ならまだ覚えている範囲かもしれませんが、卒業し
 て英語の仕事についているわけでもないのに、そんな難しい問題
 出すか?とちょっと焦りました。

 でも、中学レベルがかなり完璧だったことと、記号問題では答え
 が書いてありますから、それから選ぶのはなんとなくこれしかな
 いなとわかってしまうんです。

 例えば英語を日本語訳する問題で、いくつも紛らわしい訳が並んで
 いるのですが、よく日本語を読むと(ここがポイント)文章のつな
 がりがわかり、本文の流れからいってもそういう訳にはなるはずが
 ないという勘が働き、これしかないなという答えにたどりつきます。

 これはもう国語力の問題だなと思うんです。
 長文読解などにしても、英語が少々わからなくても内容一致はこれ
 だとわかってしまいます。もちろんこれは邪道なんですが、国語の
 センター試験問題が得意なら、消去法で英語もこれだよねとおよそ
 の想像がついてしまう・・・・国語力はやはりものすごく大事なん
 です。
 
 今回の採用試験でも国語力が役立ちました。
 数学を選ぶ勇気はさすがになかったです。

 というわけで、長くなりましたが、国語と英語、意外に関係が深
 いなと私は思うわけです。

 



 PART 1と書いてみたものの
 なんか完結してしまった気がする・・・・
 次はどうなるのだろう・・・・・
 次が出ないかもしれませんが、それはそれで
 笑って許してやってください
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。