プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

日本語検定の勉強をして思うこと

 日本人だから普段話している日本語は大丈夫でしょと思っていて
 も、私達が間違えている使い方は思った以上に多いようで、娘が
 学校からもらってくる日本語検定対策プリントを見ていると、
 本当に日本人でも間違えていることばかりで、あらためて勉強し 
 てみると、いかに普段いい加減な使い方をしているのかがよく
 わかります。

 微妙に敬語がおかしいなんてことは、話していても気付かないし
 文章を見ても、どこがおかしいのかわからないぐらい、それ
 普段よく使ってますけどという表現があります。

 明らかにおかしいものや、世間でよく問題にされる全然の使い方
 とか鳥肌が立つの誤用などは、かえって間違えないのです。

 そういうよく指摘されるものは、テスト対策でも皆そこだけは気
 を付けるので、意外と正解するんですよ。

 娘もそれは間違えていませんでした。
 他にも「的を射た」とか、「気のおけない」とか、いかにも出そ
 うな問題はできます。

 問題なのは、二重敬語になっているものや、謙譲語と尊敬語など
 の使い方で、これはどう言っていいのか舌がもつれるような変な
 敬語になっていたり・・・・・

 意外と難しいのです。日本人だからといって、侮れません。
 こんな勉強は社会人になって、会社で鍛えられるものかもしれ
 ませんが、こういう機会があって勉強しておくのはいいことです。

 今は無茶苦茶で、中学受験してきたはずでしょ?これってどうな
 のと思うようなひどい日本語使いも見られますが、親との会話では
 そんなあらたまった敬語は使いませんし、日常会話では、これら
 を自然習得するのは難しいです。

 ある程度法則を学び、何度もそういう使い方を目にして実際
 実践で使っていくことで定着していくものなので、やはり言語
 というのは、なかなか机上の勉強だけではいざ使おうと思うと
 頭が混乱してきて使えないものですね。

 中学生では日本語がまだ完全じゃないです。
 大人でも怪しい人はたくさんいますし、完璧な人なんていません
 から、ある程度言葉というのは、流動的で変わっていっても
 いいとは思うのです。「ら」抜き言葉などは、正直、らを入れな
 い方が意味が通じることもあります。
 
 食べられるなどは、受け身なのか可能なのか、形だけなら同じ
 ですし、それなら食べれると使い分けるのも、ありじゃないの
 かと国語の教師だったくせに私なんかは思ってしまうんですよね。

 いや、もちろん添削や授業では間違いですと直しますよ。
 でも、こういう言葉はいずれ「ら」なしが主流になっていくよう
 な気もします。そうなると、その時はそれが正しい日本語として
 定着認知されることになるのでしょうね。

 今は過渡期という感じで、ややこしい日本語はもう嫌いだなんて
 娘が叫ぶ気持ちもわからないでもないのです。

 あきらかに違和感を感じる使い方もありますが、まあそういう
 感覚は人それぞれのようで、私は鳥肌が立つを感動した時に
 使うのはものすごく違和感を感じますが、娘などはそんなこと
 ないと言います。敷居が高いという表現も、ハードルが高いと
 同じ意味で使われていますし、私もたまに間違えてそんなこと
 を書いてしまうことがあったりして、日常に違和感が限りなく
 なくなっている表現は多いですね。

 でも、検定となると、どっちでもいいのよとはいかず、覚え
 ないといけません。社会人としてもある程度のレベルはクリア
 しないといけないですし、日本語ってかなりやっかいな言語だ
 と思います。

 さて、毎回ボロボロのテストを持ってかえってくる娘の変な
 日本語をいかに修正していくか・・・・

 英語を早期教育したからとか、ここでそういう指摘は意味があり
 ません。日本語力と英語をやってきたことは、娘に関してはほぼ
 影響なしと言い切れますから、それはまた別の問題だということ
 で、ここでは突っ込みなしでお願いします。

 よくそういうことを一般論で言われる方がいますが、中学受験で
 それなりの学校に合格できている国語力はありますから、英語の
 せいで日本語がおかしくなっているなどということはないです。

 漢字は確かに勉強不足でちょっと・・・・ですが、それは英語
 のスペルも不得意な娘ですから、要するに書いて覚えろ的な
 事が受け入れにくいという性格の問題だと思います。

 この辺りを混同して日本語もできないのに、英語なんていらない
 となるのは乱暴過ぎる発想だと思っています。
  
 ちなみに私は日本語重視派です。幼児英語教育を一通りしてきた
 のに、どちらかというと、日本語を大切にと毎回嫌みなほど言っ
 ているので、これでもものすごくバランス派だということを付け
 加えておきます。

 

 
 今日はなんだか挑戦的な記事になってますね。
 別に機嫌が悪いわけじゃないんですが、
 i phone4sのアプリのデーター引き継ぎが
 上手くいかなかったのがちょっと原因かも・・・
 とりあえずほぼ同じ環境で使えるようになって
 ホッとしているまめっちママの応援よろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



 

 
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。