プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

よい個別指導の選び方

 皆さんご存じのように、私はとある関西では大手と認識されてい
 る予備校で国語講師をしていました。今時の予備校は昔のように
 浪人生の行く所というイメージではなく、現役高校生が通って
 いて、いわゆる高校生の塾という位置付けです。

 私は浪人生もしばらく教えていましたが、現役の高校生に古文
 漢文、センター対策などを教えていて、当時はまだ個別指導と
 のかけもちは少なかったように記憶しています。

 ところが、最近は集団授業プラス個別指導というダブルスクール
 状態も珍しくはないです。メインのクラスは大教室で、そこで
 わからなかったことや、もっと掘り下げたことは個別でというよう
 に上手く使い分けている難関私立中学の子供はたくさんいます。
 ただ、こういう高度な内容を教えられる個別指導というのは、
 限られていて、一般的には、集団に馴染みにくく、質問などがし
 にくい大人しい性格の子が、落ち着いて自分のペースで勉強でき
 ることが最大のメリットだということを売り物にしている塾が
 多いです。

 どちらかというと学校の補習の意味合いが強いと言えます。
 面倒見がよい、質問がしやすい、一人一人に目配りできるという
 いい部分が一人歩きし、個別指導塾が急激にこの何年間で増えま
 した。でも、あっちにもこっちにも乱立している状態を見て、
 果たして先生はどうなっているのだろうかと思いませんか?

 大半が大学生のアルバイト講師で、それこそ質はピンキリで、
 はずれの講師もいれば中にはこのまま就職してほしいと思うぐら 
 いの先生もいたり、まあ上手く当たればラッキーだったなという
 ぐらいで、真に学力を伸ばし、子供の将来を考えてカリキュラム
 作りをしてくれる先生となると、オンライン英会話の先生では
 ないけれど、そういう人の授業を取るのは極めて困難になって
 います。だから大抵は人柄がよくて生徒の気持ちに近いお兄さん
 やお姉さんという立場で、聞き上手な先生が人気が出るという
 感じでしょうか・・・
 
 自分の子供の担当講師が学生になるのは仕方無いという前提で
 書きますが、講師の採用は本当に塾によって大きく違います。
 履歴書と面接のみというところもあれば、学力テストがきちんと
 行われるところもあります。未経験者大歓迎なんて書かれると
 そんないい加減な募集をしてほしくないと、元予備校の正社員
 であった私はちょっと心中複雑な気分になることもあります。

 研修制度があるので、初心者でも大丈夫ですという職種とは
 本来違うと思うのです。教育って何にも代え難い大切なもの
 ではないのですか?

 もちろん学歴では人を上手く教えられないのも事実です。
 でも、学生である程度の大学を出ていればOKなんていう
 所は求人要項を見ればわかりますから、もし判断に迷えば
 予備校塾講師専門サイトをご覧になって、求人の項目を確かめ
 てみてください。

 そんなんでいいんですかという所がたくさんありますから。
 実績も書かず、成績が20点アップしましたとか、そういう
 体験談ばかりのところもありますし、もっとひどいのは、過去に
 中学時代少しだけ在籍していた生徒が合格した大学を自分の塾
 の実績にカウントしているということもありました。

 高校時代はすでにその生徒はいなくて、全く別の塾のおかげで
 あるにもかかわらず、東大合格が出ましたと書いてしまう塾・・・

 そんなことを考えると、なかなか自分の娘を預けるのは勇気が
 いります。我が家は中学受験を最終的に個別指導一本で乗り切っ
 ていますから、よほど信頼していないとそんな怖いことはでき
 ません。でも、それをあえてすることができたのは、まれに
 見るよい先生に当たったからで、運がこの時からすでにあったと
 いうことなんでしょうね。

 大手塾の上位クラスをやめ、個別指導へと移った我が家だからこ
 そ、単なる面倒見がよいという理由だけで個別指導を安易に選ぶ
 怖さも感じています。

 6年生にもなると、もう迷っていたりあちこち移り歩く時期を
 過ぎてしまっていますから、5年生の秋までに確実に納得できる
 所を選んでくださいね。

 


 今日から娘は祖母の家にお泊まりです
 我が家からよりずっと学校に近くなるので
 いっそのことそっちに住めば楽だなと
 思うちょっと不謹慎なまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す