プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

早朝ジョギング開始

 もうすぐ娘の学校では体育祭があります。
 クラス対抗リレーに出場することになった娘は、少しでも速く走
 れるように早朝特訓をすると言い出し、昨日から目覚ましをかけ
 て一人で起きて走っています。

 普段、学校に行くときはなかなか起きられず、そんなもの無理に
 決まっていると思っていましたが、やる気があれば起きられるん
 ですよ。いつもは親に甘えているだけで、夜早く寝てすっきり
 目覚めれば、朝型の規則正しい生活だって出来るわけです。

 こちらはその分大変なんですが、朝起きて走ってきてから少し
 勉強し、余裕を持って学校に行くことができるのはいいことです。

 だらだら夜起きていて宿題をしたり、パソコンばかりやっていた
 りするよりずっと健全な生き方ですよね。

 まあいつまで続くかわかりませんが、少なくとも体育祭が終わる
 までは頑張るでしょう。

 小さい達成感ですけど、うちの場合はこういうしょぼくても
 目標をクリアできることが次に繋がるので、決してハードルを
 あげすぎて結局達成できなかったとなるよりはいいんです。

 逆の子供も多いとは思いますが、挫折の連続で人生をあきらめ
 てもらっては困ります。ハードルが低ければ誰でもできるかも
 しれませんが、子供ってそういうことが積み上がることで、
 自信がついてもっと大きな目標にもチャレンジできるんじゃな
 いのかと思います。目標が高すぎて段々小さくしていくより
 最初はそれぐらいというところからスタートしてあげていく方
 が自分が進歩したと思えますよね。

 例えが適切かどうかはわかりませんが、超難関校を志望校に
 していて、そこしか行かないと強く希望してその夢がかなう
 場合ってまあ少ないと思うのです。
 段々現実が見えて無理だとどんどんレベルを下げていかない
 と行けない場合・・・・こっちの方が親子共々つらいです。

 よく五年生後半ぐらいに塾に来てあっと言うまに伸びて思って
 いた以上の学校に進学していく子がいますが、恐らく最初から
 地頭がよかったからというよりは、全てが新鮮で段々できるよ
 うになる喜びが大きいからだと思うんです。

 入ったばかりはスタートの遅れで全然そんな大それた学校には
 行けそうもない状態でも、スタートがそこなのですから、それ
 以上になればよかったねと素直に喜べますし、少しでも上に
 上がれば、親もこんなに遅いスタートなのによく頑張ったねと
 言ってやれると思うのです。子供もストレスにならないし、
 もっと頑張って追いつこうとなっていいサイクルができあがる
 結果、夏過ぎてからも激しく追い込み、最後にものすごく高い
 偏差値の学校に行けたという子を実際知っています。

 みんながそうなるわけではありませんが、夢に手が届きそうに
 なってくると、頑張れるものです。でも、はなから無理すぎる
 となかなか頑張れません。よほどの精神力がないと、普通の
 子はしんどいのが当たり前です。

 それが段々わかってきて、不思議とテストでもあまりカリカリ
 しなくなりました。前より上げていこうというのが目標ですか
 ら、中間より期末がよかった娘は、一応目標達成できた訳です。

 今度は一学期よりもう少し上げてみようが目標なので、ノート
 をきれいに取るようになりました。前よりずっと見やすくなり
 前はサブの問題集しか見ていかなかったテスト勉強を地図帳や
 資料集からたくさん出題された経験を踏まえ、今度はそれも
 きちんと見ていくことにしたというので、進歩したじゃないで
 すか!うちの目標はこんな感じでものすごくできる家庭から
 見れば、ちっぽけな鼻先で笑うぐらいのものかもしれませんが、
 それも積み重ねれば大きな力になるのは、わかっています。

 娘の英語がなぜここまでになったか・・・・それは大きすぎる
 目標を設定して進んだのではなく、一番下からできなくて当然
 というスタンスで臨んだからです。

 この話はすると長くなりますから、またいつか書くかもしれま
 せんが、というか、もう一つのブログの方に英語関連は詳しく
 書いているので、お暇な方はそちらをご覧になってください。
 
 とにかく気付けば英語歴12年になっていました。英検取得の
 ためだけなら、勉強で3年ほどあればよくできる子供なら達成
 できます。でもそういうプロセスとは違う方法で、親も子も
 何のストレスも感じずにそこまで来ることだってできるのです。

 できるなら勉強だって親子でバトルなどしなくても、勉強しな
 くて困ってますなんて言わなくてもいいようになりたいじゃな
 いですか。

 だから初心に返って娘がどうすれば気持ちよく伸びるかを考え
 て、小さい成功体験の積み重ねで行くことにしたのです。
 英語が伸びた時のことを思い出しながら、少しずつ受験で疲弊
 した精神を回復させている・・・そんな感じです。

 


 50メートル走6秒台のタイムを持っている女子
 (超速い!)が、クラス対抗リレーのメンバーで
 相当なプレッシャーがかかっている娘に
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ
 
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。