プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

人がいいのにもほどがある

 9月から娘はプライベートスクールで数学を習うことになりまし
 た。それが台風のせいで一週目いきなりのお休みとなり、今日が
 一回目の授業でした。

 学校からは余裕で帰ってこられる時間帯に設定していたのですが
 ちょっと学校で友達がトラブったようで、人のいい娘は最後まで
 つきあい、他の友人達がどんどん帰ってしまう中、一人付き添っ
 て塾に遅れそうになるところでした。

 もうどうしていつもこうなんだろうと思いますが、一人で困って
 いる友達を見捨てて帰れないという優しさは、大事にしてやらな
 いといけないと思っています。ただ、いつもそんなに気のいい娘
 なのに、それを利用されてばかりで、本当に娘を大事に思ってく
 れる友人はいるのだろうかと気になります。そんな親の心配は
 よそに、友達が困っている時、絶対に娘は見捨てないんです。
 もし、友達が一人逃げ遅れていたら、きっと娘は戻って救いに
 行くタイプです。たとえ津波が後ろまで迫っていても、そうする
 と思います。だから余計に心配なんですよね。
 
 自分が困った時、誰もそばにいてくれなかったら、やっぱり寂し
 いし、つらいと思うから当然のことをしたまでというのが娘の
 考え方です。

 それほど特別に仲がよい訳でもなく、むしろ裏切られたこともある
 のに、このお人好し・・・・

 でも、こんな娘の性格が私は好きなんです。
 どんなに抜けてても、多少お馬鹿でも人間としての優しさを持っ
 ているから、それが一番だと思っています。

 でもそのせいで夕飯もろくに食べられず、大慌てで塾にかけこみ
 時間の余裕がなくなったからと私に八つ当たりです。

 それはいただけないです。そこまで友情を貫くなら、親にその
 ストレスをぶつけないでほしいです。

 気持ちよく塾に行ってくださいね。
 それを休みたい口実にするのは、全然潔くないですから。
 親には甘えて我が儘言って、反抗ばかりしてくちごたえもすごい
 娘ですが、ここは親がぐっと我慢するしかないんでしょうかね。

 どこかでリラックスできて好きなこと言える場所がないと子供だ
 って疲れちゃいますしね。

 ああ母親って損な立場だわ。

 
 
 
 なんだかどっと疲れてしまった
 まめっちママに応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
359:No title by MUGI on 2011/09/11 at 09:19:29

うちの子もそういうところがあります。お人好しで、「困っているから助けてあげたい」となってしまう。自分のことしか考えていない子に比べれば、親としては好感が持てるのですが、ときに大人の目から見ると筋違いな頼まれ事をしていることもあり、そういうのはきちんと断れないと困るなぁと感じています。
つい最近も、押しの強い子の要求をまぁいいかと飲んできてしまい、でもそれは目先の優しさであって本当の優しさではないという話をしたばかりです。
また、本人に100%助けてあげたいという気持ちだけでなく、自分が断りにくかったという弱気な部分があるのも事実で、多少相手に気を悪くされても、これ以上は無理ときちんと断れるようにならなくちゃいけないというのが今後の課題です。難しいですね。

360:MUGI様へ by まめっちママ on 2011/09/11 at 17:49:29

そうですね。できないことは断れる勇気も必要ですよね。
助けたい気持ちがメインですが、相手の機嫌とりで断れ
なかったとかもありそうで、それが今後の課題です。
はっきり言えばいいのに、言えないというのは性分のようで
直りそうもないです・・・・


▼このエントリーにコメントを残す