プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

とりとめもないこと(能天気な娘を見て思うこと)

 今更こんな記事もどうかなと思うのですが、中学受験を経験し、
 小学校時代の後半は勉強のことばかり考えていた気がするので、
 それを後悔するわけではないのですが、もっとやっておいても
 よかったことがあるのではないか、もしも中学受験を選んで
 いなかったら、どうなっていただろうかとか、やはり夏休みの
 過ごし方を見ていて感じることがあるので、ちょっと私なりに
 書いてみます。

 基本的に今の選択に後悔はないし、娘もたくさんの友達と楽しく
 過ごしているので、小学校時代に戻りたいなんてことは、微塵
 も考えていません。

 でもやはり人間関係はそれなりに難しいことが多く、面倒くさ
 いわ。なんで女子中学生って根性悪いのかな~なんてぼやいて
 いることも多く、大人に早くなりたいわと考えている様子も
 見受けられます。でも、大人になりたいと言っていること自体
 がガキの発想です。大人になれば昔はよかったなとなることも
 わかっているので、子供の時代にできることをたくさんやって
 おきなさいと私は思ってしまいます。

 そう思うのに中学受験をさせてしまったので、この一番遊べる
 時に貴重な時間の大半を勉強することに費やしたからには、そ
 れが後にああよかったと思えるような人生の何か糧にならないと
 いけないとも思うのです。

 中学受験の苦しさを乗り越えて成長して、困難に負けない強い
 心を持つことができたとか、投げ出さずにチャレンジし続ける
 向上心と粘り強さを身につけたため、社会人になってからも
 それが生きる力となっているというように、プラスに働くの
 なら、中学受験は意味があります。

 でも、もしそうではなく、もっとやりたいことがあったのに、
 何も自分には残らなかったと思うようなことがあったとしたら
 それは悲しすぎるので、親としてこの選択が本当によかったのか
 をつい自問自答してしまうのです。

 幸いにも今はそういう傾向は見られませんが、次の大学をすでに
 視野に入れた勉強を周りがしている姿を見ると、正直、娘には
 そんなことを今からできるような根気はないなと思ってしまう
 ので、我が家の娘に合った方法で、最終的に無事着地出来るよう
 にするには、どうしたらいいのか迷います。

 そんなことは、やることをやってから考えることだというのが
 旦那の持論ですし、その通りなんですが、娘にもっと経験させて
 おくべきだったことがたくさんあって、その一つが、書道なんで
 す。今からでも習えるじゃないかと言えばそうなんですが、娘
 の漢字嫌いは筋金入りですし、字の美しさや日本語の絶妙なバラ
 ンスなどに興味を持っていないこと、英語のシンプルさにあこがれ
 日本語の遠回しな言い方や、曖昧表現が嫌いで、白黒つけたがる
 性格もあって、漢字や平仮名や片仮名が混じる日本語の特有の
 美しさも感じることなく、歴史の流れを大河ドラマのように眺め
 ることも好きではなく、とにかく論理的思考とシンプルのみで
 生きている感じがして、それはそれでいいのかもしれませんが、
 なんかこうもっと体で感じるようなことができたら、素晴らしい
 のに、受験の弊害というのか、スピードとテクニックばかりが
 秀でるのも、個人的には好きではないのです。

 元々芸術方面に進ませるのが夢でしたから、娘には理屈ではない
 全身全霊で感じるような感覚を磨いてほしかったというのが、今
 も私の中にあります。

 そういう感覚が娘にないわけではないですが、美しい音楽に感動
 して、それを表現したいから楽器をやりたい、感動を絵に表現し
 たいと筆をとる、書道の字体に魂の叫びのようなものが込められ
 ている、そんな自分の命を削るような作品を生み出す気迫のよう
 なものは全くなく、単にちょっと器用で何でも人よりはできて
 しまうから、あれやってみたいこれやってみたいと気が多くなる
 だけの軽薄さが、どうにも目に余る時があって、私の心を乱すん
 ですよね。

 求めているレベルが高すぎるというのもわかっています。
 所詮芸術に優れた人は、天賦の才能の持ち主で、そんな人は希だ
 ということも理解しています。多くの普通の子は、そんな才能は
 なく、一般的なお稽古事の一つで、ピアノやってました、水泳
 やってました、お習字習ってましたで終わっていくのです。

 それでもいいかなと思うこともありますし、皆がプロを目指す訳
 じゃないし、そういう人しかやってはいけないものでもないので、
 もっと気楽に人生を豊かにするためのオプションみたいなものだ
 と割り切ればいいのかもしれません。

 こんなことを考えるのも、夏休みって娘が家に長くいるので、余計
 なことが目に入ってしまうからです。
 しょうもないこと(パソコンで延々とチャット)をしていても、
 休憩時間内のことで、勉強はちゃんと計画表通りやっているから、
 問題ないと開き直る娘の言い分を、文句の一つも言いたい気持ち
 をぐっと押さえて自由にさせているのも、そんな無駄な時間が
 人間には必要だと思うからです。

 でも、どこかで何か目的に向かって向上するために、休憩時間も
 勿体ないと思うほど、のめり込んで頑張ってみる物がないのが
 ちょっと寂しいとも思うのです。

 なんて贅沢な要求かと思います。
 そんな理想的な人間ってそういるものではないのもわかっていま
 すし、自分だって大した人間じゃないので、娘がまだのめり込ん
 で我を忘れるほど、頑張る物が見つからないからといって、早々
 に諦める必要もどこにもないわけです。

 旦那も昔、長い間モラトリアム状態でしたし、今のようなストイ
 ックさを身につけて、目的に向かうようになったのは、30才過ぎ
 てからのことですから、娘などは、まだまだ時間がたくさんある
 わけです。今はちゃらんぽらんで、何をやっても中途半端にし
 ていますが、そのうちこれだけはやっぱりずっとやり続けたい
 と思えるものが出来る日も来るでしょうから、それまでは余計な
 ことを考えないのが一番なのかなと思います。

 思考が時々乱れて親は色々考えてしまいますが、本人も自覚して
 いることを長々と説教してみても無駄なので、自覚ができるのを
 ひたすら待つ忍耐強さが必要だなとつくづく思うこの頃です。

 
 
 
 旅行先で、ボーリングを3ゲームもして
 しまって、きっと体中が筋肉痛で、しかも
 明日ぐらいにそれが出てくるのがわかっていながら
 つい張り切ってしまった自分に後悔している
 まめっちママに励まし応援よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。