プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
315:分かる~ by 家族ハッピー on 2011/07/19 at 11:38:22

確かに私立を受験しない保護者の方々は、「子供にどのような教育を受けさせる事が出来るか」という、考えではなく、「お金がある人が行くもの」とか、片寄りの考えの人が多いですね。

うちは、公立小学校から学年で一人だけ、私立受験しました。
考え考え抜いて出した結論でしたが、別者扱いの視線が苦しかったですよ。

確かに、塾の送り迎えに時間を合わしたり、塾用お弁当を用意したり、体調管理、精神面などなど、数知れず・・・
公立に進む方たちとは、親か関与する場面は多いわねv-433
入学してからも、遠方通学などで、公立とは違い、親がどうしても必要ですね。

うちは、一人っ子なので、出来るだけ母は我慢して最小限の手出しにするよう努力しています。
勉強においても、計画の無さ、要領の悪さ、まさにその通りですが、今は、将来自分で判断出来たり、自分で物事を進める能力をつけてほしいので、見守っています。

いつも、大変共感したり、勉強になる情報ありがとうございますv-354
また、訪問させていただきます
長々とごめんなさいv-436

316:家族ハッピー様へ by まめっちママ on 2011/07/20 at 00:28:32

学年一人だけの私立受験は大変でしたね。
うちの校区も受験者は少ないですが、何人かいたので
まだそういう特別な視線はなかったです。
皆どちらかというと暖かい人ばかりでした。
なのでいざという時は公立でもいいかとは思いました。(笑)

うちの娘は必死という言葉を知らないんじゃないかと思うほど
暢気です。最後まできちっと詰めてこれで完璧にはならないん
です。大体できたからいいか、さあ遊ぶぞですから・・・
あと少しもう一回復習して完璧にしておくかには絶対になり
ません。もうそれはしょうがないかなと諦めてます。

こんな感じできっとずっとなんとなく行くんだろうなって
思うと、それも気楽でいいかと思ったり・・・・

▼このエントリーにコメントを残す

   

管理しすぎる親達

 中学受験を経験してきた家なら、世間一般の受験をしなかった
 家庭と比べると、子供を管理してきたという面は否めないと思い
 ます。たとえ自分ではそれほどでもないと思っていても、普通の
 人の感覚から言うと、かなり強烈に熱心な家庭と受け止められて
 も仕方ないと思います。

 我が家のような家でも、娘の通っていた公立小学校では、かなり
 教育熱心な部類で、近所の公立に進まれた方の多くは、のんびり
 していて正直私立の学校の偏差値などには興味がなく、どこが
 どれだけ良いのか悪いのかなどとうわさにもならない・・・そん
 な地域でした。

 極端な例ですが、全国で知られているはずの男子進学校N中でさ
 え、名前は知っているけれど男子校であることすら知らないとい
 う方も少なからず存在し、受験するというだけで、すごいなあ
 と素直に褒めることができる人達が多かったです。

 だから公立に進学するのだと思います。要するに荒れていない、
 素直でおぼこい子供達が多い、親もかりかりしていない、モン
 スターと言われる類の人がきわめて少ない・・・よく考えれば
 地域的には恵まれていたのだと思います。

 ではなぜ私立に進学したかというと、それは兵庫県の入試制度
 の特殊性と、娘の性格から内申点が上手くもらえるかどうかが
 疑問だったからです。変わっていて自分をアピールするのが
 下手な娘は、要領よく先生に好かれるタイプではありません。
 誰よりも優しくて思いやりもあるけれど、目立たないので、
 わかりにくい存在で、きっと損することが多いんじゃないかと
 心配したからです。

 実際、今の学校では見違えるほどに明るくなり、毎日たくさんの
 友達と楽しく過ごしているようです。もちろん中学生の女子特有
 のひっついたり離れたり、嫌い好きだの、些細なことで喧嘩する
 というようなことは毎日なにがしかあるようですが、そんなこと
 は段々大人になっていくうちに上手く流してつきあえるように
 なることばかりで、そういうことを経験しながら人間関係を学ぶ
 のだと思うので、特に問題だとは思いません。

 それより中学入学前から親が相当に管理してきたであろう子供達
 が多いことの方が気になります。娘の友達のお母さんの中には
 旅行の時でも、何時から何時まではこの科目を勉強し、列車の
 中ではこれをやってと細かく計画を立てる人がいるそうです。
 娘はそういう管理は絶対だめです。その通りに動くはずもなく
 自分で勝手におやつも食べるし、眠い時には寝ます。
 眠いのにいくら親が怒っても頭に入るわけないから、無駄と言い
 切るところなどは、整理整頓ができない娘ですが、実は論理的に
 物事を考えることができることの裏返しだと思うのです。

 娘は集中力もないし、だらしないところだらけなのですが、論理
 の矛盾を見抜く力はあります。問題を解いていても、これは明ら
 かに問題作成のミス、これでは答えがいくつもできるやんかと
 指摘したり・・・そういうところはよく頭が回るようです。

 だからこそこういう子にはしつこいきっちりしすぎる管理は必要
 ないのだと思います。ただ、うちの場合は、あきらかにあまりに
 ひどい注意力不足で物をなくすので、それだけがどうしても親の
 管理が必要になってきますが、勉強に関しては、たまに漢字が
 読めない時などに私を呼ぶ程度なので、まあ自分でほとんど勉強
 していると言っていいでしょう。
 やり込み不足はいくつもありますが、それが自分でやった今の
 力ですから、どうやれば今後もっと得点できるかは、私もアドバ
 イスしますが、自分で習得していくしかないのだと思います。

 その機会を親が奪うほどの管理はしてはいけないと思います。

 娘流に言えば、これぐらいの努力でここまで取れたらまあええ
 んちゃう(よくないですけど・・・家庭科23点はどないするねん)
 なのですが、詰めが甘いので、中途半端な点数ばかりで、できる
 ともできないともいえない状態になるのが、何とも歯がゆいので
 すが、こればかりはどう言っても本人次第ですから、私が管理し
 ても無駄です。またするつもりもないです。

 見た目は管理されている子供がまだ優勢です。
 でも、6年後はわかりません。最後は塾なしでも合格してしまう
 子供がいるように、結局どれだけ自分の自覚ができて勉強のこつ
 をつかめるか・・・それだと思うのです。もちろんここできれい
 事を言っても仕方ないので、地頭部分や持って生まれての才能も
 大きく関係してくるかと思いますが、それがない人の方が多いと
 思うのです。一部のまれにそういうお子さんがいるのは事実とし
 て受け止め、その上で普通の子供はどうすればいいのかを考える
 ことが建設的だと思います。

 正直、東大入学と言っても、たくさん合格できるのです。
 一部の天才だけしか入れないほど狭き門ではありません。
 それをいうならオリンピック選手になる方がよっぽど狭き門です。

 だからこそ余計に親が必死の管理をして何とか引き上げようと
 するのかもしれませんね。もし、どうやっても天性の物にはかな
 わないから無駄だという現実があったとしたら、最初からそういう
 土俵に乗らないでしょうから・・・・

 そういう意味では日本は皆にチャンスがある国。入学システムに
 問題はあるものの、親の頑張りでいい大学に入れることができる
 かもしれないと思ってしまうのでしょう。

 もっともそうできても社会人になってからは別ですし、親は先に
 死ぬのですから、永遠に管理などできるはずもなく、困るのは
 子供自身ということになるので、やはり将来を考えるなら親は
 ほどほどが一番だと思います。


 

 夏休みの宿題が終わらないことをさすがに
 心配した娘がこつこつ宿題をやっている
 せいなのか、台風は確実に接近中・・・・
 大雨だけでは学校休みにならないし・・・
 おまけに明日仕事だし・・・・
 ああどうなるんだろう・・・・
 憂鬱なまめっちママの応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ
 

 

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
315:分かる~ by 家族ハッピー on 2011/07/19 at 11:38:22

確かに私立を受験しない保護者の方々は、「子供にどのような教育を受けさせる事が出来るか」という、考えではなく、「お金がある人が行くもの」とか、片寄りの考えの人が多いですね。

うちは、公立小学校から学年で一人だけ、私立受験しました。
考え考え抜いて出した結論でしたが、別者扱いの視線が苦しかったですよ。

確かに、塾の送り迎えに時間を合わしたり、塾用お弁当を用意したり、体調管理、精神面などなど、数知れず・・・
公立に進む方たちとは、親か関与する場面は多いわねv-433
入学してからも、遠方通学などで、公立とは違い、親がどうしても必要ですね。

うちは、一人っ子なので、出来るだけ母は我慢して最小限の手出しにするよう努力しています。
勉強においても、計画の無さ、要領の悪さ、まさにその通りですが、今は、将来自分で判断出来たり、自分で物事を進める能力をつけてほしいので、見守っています。

いつも、大変共感したり、勉強になる情報ありがとうございますv-354
また、訪問させていただきます
長々とごめんなさいv-436

316:家族ハッピー様へ by まめっちママ on 2011/07/20 at 00:28:32

学年一人だけの私立受験は大変でしたね。
うちの校区も受験者は少ないですが、何人かいたので
まだそういう特別な視線はなかったです。
皆どちらかというと暖かい人ばかりでした。
なのでいざという時は公立でもいいかとは思いました。(笑)

うちの娘は必死という言葉を知らないんじゃないかと思うほど
暢気です。最後まできちっと詰めてこれで完璧にはならないん
です。大体できたからいいか、さあ遊ぶぞですから・・・
あと少しもう一回復習して完璧にしておくかには絶対になり
ません。もうそれはしょうがないかなと諦めてます。

こんな感じできっとずっとなんとなく行くんだろうなって
思うと、それも気楽でいいかと思ったり・・・・

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。