プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

こんなもの買ってみました(古文編)

 近所の大型ショッピングモール内の本屋でこれを買ってみました。

 「古文単語ゴロ565」

 

 娘の古文を何とか楽しく勉強してもらいたくて、覚えやすいもの
 でそれでいて文法もコンパクトにまとまっているものを探してみ
 たところ、これが結構面白そうでした。

 私が教えても娘はなかなか素直に聞く耳を持たないので、こうい
 うもので興味を持たせ、絵が好きな娘にはイラストが全部につい
 ているこの本は結構はまりそうな気がしました。どうかなと思っ
 ていたのですが、カバンに入れて持っていっている様子。

 まあつかみとしてはまずまずかな・・・・

 ただちょっとエッチなものが多く、これは高校生向けの単語集
 なので、中学生にはまだ早いかな?と思わないでもないけれど、
 今時の子はもう大抵のことは知っているようなので、今更とい
 う気もして、まあいいかとそのまま読ませています。

 いくらKYな娘と言っても、露骨にこれどういう意味なんて親に
 はもう聞いてこないだろうから・・・・

 赤ちゃんがどうやってできるかを知らなかった時は、答えにくい
 ことを親にぶつけてきたんですが、さすがに学校では他の子が
 もっと進んでいるので、娘もそっちから色々聞いている様子です。

 あまり堅物でも困るので、これぐらいは読んでもいいかな・・・

 それにしても今時の子は結構過激なものを読んでいます。
 娘はそういう意味ではおぼこいです。なのであまりにも友人が
 エロい本を読んでいると、いやな気分になるそうです。

 この本はきちんと勉強する人には邪道ともうつるかもしれません
 が、今はまだ中学一年ですから、これでいいのです。
 
 古文の堅苦しいものを文章だけの真面目テキストでやれば、中学
 でいきなり古文嫌いになる可能性が大です。

 私も昔古文なんて大嫌いでしたから、その気持ちはよ~くわかり
 ます。それが、先生が替わって教え方が上手いだけで、一気に
 好きになったのですから、出会いやきっかけは大事です。

 それさえクリアできれば、後は真面目な参考書でも読む気になる
 のです。

 職業として成り立つほどになったのですから、きっかけは何だ
 っていいのです。

 同じ古文を教える身として、中身のチェックはちゃんとやりまし
 たよ。他のものとも見比べ、内容的にもっと濃いものはありまし
 たが、今は楽しいと感じてくれるもの、それでいてかなり覚えや
 すいものという最低限の条件はクリアしていたものがこれでした。

 まあ好き嫌いはあるかと思いますが、絵が今ひとつ好きになれな
 いとか、ちょっとゴロに無理があってわかりにくいとか・・・

 それは全部にイラストとゴロをつけることの大変さをわかっている
 から、十分許容範囲なのです。

 よく巷に英単語のゴロで覚えるものがありますが、はっきり言う
 と、ゴロにしやすいものばかりで作られているのです。
 作りにくいものや動詞などは、あまりありません。

 しかも数も少ないです。それは作るのがものすごく難しいから
 です。誰もが覚えられてそれでいてゴロに不自然さがないもの
 それをすべてクリアするのは本当に大変なんです。

 だからこそ、この手のものは、これだけの数にイラストをつけた
 というだけでも、私的には頑張ったなと思えるわけです。

 別に回し者じゃないです。
 私が予備校講師だったからこそ感じる素直な感想です。

 誰もが満足できるものを自分で作れるのか・・・そう考えたら
 工夫することで、どんなものでもそれなりにつかえるのです。
 
 ということで、自分が教えればただで済むことでも、別の手段で
 自分の子供には違った角度からも勉強してほしいと思っています。

 

 期末の後に、USJに行くと約束している
 おめでたい娘・・・成績次第で夏休みがなくなる
 かもしれないのに・・・・
 心配で仕方無い管理人へ励まし応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


 
 

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。