プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

初めての授業参観(と言いつつ、参観の話は半分しかありません)

 娘の学校で初めての授業参観があります。
 オープンスクールのような感じで、自由にどこのクラスでも見る
 ことができるそうですが、結局最後にある保護者懇談会のために
 最後の方の授業を見ることしかできないでしょうね。
 もちろん朝からずっと見ていれば話は別ですが、そこまで全部
 見るほどでもないでしょうし、こちらも色々用事があって暇で
 はないので、一つか二つだけ見て保護者懇談会に出席して帰る
 というパターンしかなさそうです。

 成績がその時返されるそうなので、一体今回の中間果たしてどれ
 ぐらいの位置につけたのか、怖いです。

 取りこぼしが結構あったので、全体としてはどうだったのか・・
 入試もドキドキものでしたが、これはこれで心臓に悪いです。
 一体いつになったらこういう成績で悩むことから開放されるの
 か・・・・まだ中学に入ったばかりですから、高3までこんな
 状態が続くんですよね。

 高校入試こそないので、そこで悩むことはないですが、大学入学
 までは心配の種はつきません。

 とりあえずは、何年も先のことよりまず今をしっかりやっていか
 ないといけないですね。
 宿題に追われるようではだめで、要領よくすませて余った時間に
 復習しておき、テスト前にここがわからない、あそこが今ひとつ
 なんてことがないようにある程度完璧に理解して頭で整理できた
 状態にすることが大事かなと思います。

 でも、親が思うほど本人はなんとも感じていないようで、時間に
 ゆとりのある時に、少し他の曜日のものをやっておけば楽なのに
 今日の分は終わったからいいねんと、まるで行き当たりばったり
 その日暮らし的発想なんですよね。

 昔からうちはキリギリスタイプで、決して蟻ではなかったけれど、
 中学に入ってもその傾向は変わらず・・・・
 人間の本質はなかなか直るもんじゃないということですよね。

 今日少しやっておけば、きつい曜日の宿題が楽になって寝られな
 いほど頑張る必要がなくなるのに、そうしないって一体何を考え
 ているんだか。私ならこの日がしんどいから先にここまでやって
 おこうと思うけれど、この要領の悪さは何?

 その日暮らしで楽しければいいというのは現代っ子の特徴?

 いや、ちゃんとやる子はやるでしょう。うちみたいな計画性ゼロ
 の子だけがのろのろやって間に合わない状態を作り出すんです。

 娘に言わせれば、なんで毎日そんなにきちっとアクセル踏んで
 ばかりないといけないのか?今日はもう閉店したんだから、それ
 でいいねん。明日は明日考える。今日楽しめなくて死んだらどう
 するの?としゃあしゃあとしたもので、腹が立つけれど、それも
 そうかなと思ったり・・・・・

 一寸先は闇だし、毎日ストイックに生きて結局何も楽しめずに
 人生後悔してしまうぐらいなら、今のうちはまだ中学生なのだ
 から、少しぐらい遊んでいても仕方ないかとも思えてきます。

 小学生の頃に本当ならもっと遊んでいてもよかったんですから。
 中学受験なんてなければ、公園で思い切り汗をかいて走り回って
 いたでしょうし、友達ともっと楽しい思い出だって作れたはず
 なんです。そう考えると、遊びたい盛りの頃に塾と家の往復で
 費やした時間は戻ってこないわけで、それの穴埋めを少しぐらい
 したって罰はあたらないと思うのも当然かもしれません。

 中受は必ずしも人生を約束してくれる訳ではないのは、大学など
 の入学時に塾なし田舎の公立出身という人が少なからずいること
 を見ても、あきらかです。ならばなぜ中学受験させるのか・・・
 堂々巡りの自問自答になってしまうので、深く考えたくはない
 ですが、うちの地域は公立の学校に良いところがないことと
 入試制度の理不尽さで私立受験せざるを得ないところがあるか
 らとしか言えません。

 私がずっと公立で来られたのは、大阪だったからです。
 その頃は公立の3番手校ぐらい以下の子供達が私立専願だったり
 あるいは、トップ層が滑り止めで受けるという意味合いが強く、
 今なら超進学校になっているところでも、私の時代は公立の滑り
 止めでしかなかったからです。そういう時代に生きていたから、
 比較的ゆったりとした学校生活を送ることができたんです。
 
 でも、今の地域では入試制度がそもそも違いますし、私の時代
 の感覚をあてはめることはできません。だからせめて高校受験
 がない私立中高一貫校に入れて、そこで内申を気にせずに
 学校生活を送ってほしいと思うんです。娘のように先生に特別
 に好かれるようなタイプではない子にとって、基準のはっきり
 しない内申点ほど怖いものはありません。

 様々な理由から本当はのびのびと遊ばせたかった小学生時代
 に勉強させる道を選ばざるをえなかった訳で、子供の幸せって
 何だろうと考えるほど、わからなくなります。

 今は気に入って学校に喜んで通っていますから、これでよかっ
 たんだと思いますが、せめてなりたいものだけは自分で納得し
 て決めてほしいと思います。

 

 
 毎日天気が今ひとつよくないですが、
 無事床暖の工事とガス給湯器を発電型の
 ものに替える工事が済み、その間天気が
 崩れなかったのは、日頃の行いがよかった
 せいだわなんて勝手に思っている管理人に
 応援よろしくお願いします
 (御利益で快晴になるかも?うそです)
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ 
 
 

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。