プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ちょっと疲れた様子が見えたら親はどうする?

 台風接近とか何やら怪しいムードになってきましたが、この季節
 は雨が多くなるので、外にあまり出たくない気分ですね。
 (植木に水やりしなくてもいいというのはちょっとうれしい)

 娘の学校は歩くと遠いので、雨の日はかわいそうかなと思うけれ
 ど、子供だから元気に何とかなっているようです。痩せたい願望
 もあるし、いい運動になるんだから頑張れ~と人事のように言う
 私もなんだけど・・・・本人は友達と歩きながら帰ってくるのは
 楽しくて、そんなに苦痛にならないそうです。

 学校生活の方は、中間が一通り戻って来て、お直しをしているの
 ですが、なんでこれ間違えるかな?と思う部分もたくさんあり、
 詰めが甘い娘のちゃらんぽらんさが浮き彫りになりました。

 その反省か、英語は少しぴりっとして小テストは連続満点で頑張
 っていますが、漢字も少しずつ上向きになってきて、ほんの少し
 だけ要領を覚えた様子。

 厳しいから息が詰まるかもと懸念されていたようなことは本当に
 なく、毎日楽しく通っているので、この学校でよかったのだと
 思います。

 実は受験前、個別指導の先生からここはものすごく厳しいから
 どうかなと言われていたんです。もちろんそんなことは通ってい
 る人から実際に聞いていたので、知っていましたし、かなり詳し
 く様子を教えてもらえたので、外の単なる印象やうわさは当てに
 ならないことも分かっていました。それで最終的に家から電車一
 本でも行ける今の学校を選んだわけです。

 そりゃたまにしんどすぎるとやめる子供もいますよ。
 他が第一志望で、どうしてもリベンジしたいからとか、現実を
 受け入れられずいい所を見ようともせず、最初から結果ありき
 みたいに他に移りたいとしか考えない人もいますし、様々なん
 ですが、うちの場合は望んで入った学校だったので、満足度
 は非常に高いです。

 宿題が多少多かろうと、学校が長かかろうと、娘はあまり気に
 してません。そんなことでやめたいなんて思うことはたぶんな
 いと言っているので、今のところ友人関係で何かあったとかで
 ない限りは、学校そのものに不満は持っていないようです。

 ちょっとどうよと思う先生のことでも娘はそれほど嫌いではな
 いそうですし、ものすごく前向きに物事を受け止めているので、
 親の私よりずっと娘の方が人間ができているなと思います。

 よく学校が不満という方は、本当は親が納得できていないだけな
 んです。子供は意外とすんなりなじんで、次に向かって歩き出し
 ているのに、親は自分の望んだ所と違うだけで、いつまでもひき
 ずるパターンが実は一番多いようで、それはどちらにとっても
 不幸なことだなと思います。

 子供がしんどいという言葉を真に受けて、いかにも理解のある
 親のふりをして、その実、上手く誘導して学校をやめさせ、再
 挑戦させたいという思惑も見え隠れします。

 ちょっと宿題が多くて疲れたということは、日常にいくらでも
 あります。そこをすかさず
 「しんどいならいつでもやめていいんだよ。」と言うことは、
 子供のためといいながら、そうでない事も多い気がします。

 本当に子供が学校を全然気に入ってなく、朝も行きたがらないと
 か、起きられないやる気なしとかだったら考えないといけないか
 もしれないですが、元気で通っているのならご縁があって入学し
 た学校なんだから、ここで上を目指して頑張ろうね、あなたには
 十分その能力があるよと励ます方が100倍いいと私は思うんです。

 これも人それぞれですから、私が言うことじゃないかもしれませ
 んが、うちは私より娘の方が切り替えが早く、親が理不尽に思う
 ことやおかしいと思うことでも受け入れてしまう柔軟性を持って
 いるので、子供のことをもっと信じて親があれこれ言わない方が
 やはりこの先伸びるんじゃないかと思います。

 テストの点数や勉強の要領の悪さは気になりますが、本人が
 気に入っていて、やる気がある間は、結果に一喜一憂はしない
 (これが親にとって一番難しいこれにつきますね。

 そういう心境に早く到達したいと日々自省するんですが、なかな
 かこの年になると気持ちをすかっと切り替えるのが難しくて、
 親力を磨くことが当面の課題かなと思ってます。

 

 
 週末は仕事が休みなので、やはり
 家にいられるって有り難いことだなと
 思うまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。