プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

中間テストが近づいてきた!

 早い物で、もう少ししたら中間考査が始まります。
 前もって勉強しておくと頑張ってはいる娘ですが、なかなか宿題
 に追われてテスト勉強まで手が回らない状態です。
 宿題をこなして小テストの点数を取ることがテスト勉強と言えば
 そうなのですが、うちの場合は必ずしもその図式には当てはまり
 ません。小テストのような形では娘の学力は定着しないのです。

 ゆっくり少ないものでも何度もやることで実力をつける方が娘に
 は合っているので、その点だけ考えると、今の学校のシステムで
 はちょっとつらいかもしれません。ただ、周りの子が同じぐらい
 のレベルであることは刺激になりますし、学校は楽しく通って
 います。

 小学校よりずっと活き活きしているので、それだけはよかったな
 と思います。もしなじめなくてつらいとか、自分のペースで勉強
 出来ないことを苦に思ったりしたら、親として、とてもかわいそ
 うな選択をしたことになってしまうので、今のところ毎日大変な
 勉強の割に全然つらそうではなく、朝が苦手な娘にしてはさっと
 用意して出かけて行きます。たぶん小学校の時の友人達と電車の
 時間を合わせて一緒に通っているからだと思います。
 みんな別々の学校なのですが、たまたま電車は同じ方向でかなり
 一緒にいられるので、お互いの学校の事を情報交換しながら
 楽しんでいるようです。この友人達が皆目的意識が高く、すでに
 大学はどこへ行きたいか決めているそうで、それに向かって添削
 を始めている子もいます。頑張り屋さんの友人の中では娘が一番
 ぼーとしていると思います。

 学校では、友達と趣味の世界で意気投合し、クラスの子の面白
 エピソードを箸がころんでも可笑しい状態で語ってくれます。
 
 厳しい学校という評判とは裏腹に、結構楽しく学校生活を送って
 います。もっとも宿題が多すぎてこなせずに時々泣いている子が
 いるなんていう話も聞く事はありますが、子供の性格次第でしょ
 うか・・・・

 うちは間違っても宿題で困って途方に暮れることはないです。
 もしそうなっても、まあいいか、そうやこっそり問題の後半を
 削って少なくして出そうとか考える子ですから。
 この間は恐ろしいことに、代数の問題の後半部分を勝手に改ざん
 して数式を短くして、その計算をして宿題を全部やったことにし
 てました。(こらっ!)

 そんな暇あるならちゃんと解いた方が早いんちゃうのと思わない
 でもなかったのですが、自分でなんとかごまかすのは上手いんで
 すよ。ページを破ってノートの最初にしてしまうことで、前の
 ノートにやっているのを持ってくるの忘れましたとか・・・・
 これは小学校でよく使っていた手です。(先生ごめんなさい)
 
 もうどうしようもなく塾の宿題に終われていた時は、それをよく
 やってました。生真面目に全部やろうと思うと、本当にいくら
 時間があってもできませんから、適当に手を抜く方法を色々考え
 てたんだなと可笑しくなります。

 本当はちゃんとやらないといけないんですよ。
 でも、人間ちょっと適当にやる部分も絶対必要です。子育ても
 そういうところありますよね。一人目の子は必死でよいと思う
 ことを色々頑張るんですが、二人目になるとものすごく手抜きに
 なってきて、少々の事では死なんだろう的に親もどんと構えて
 育児ができるようになってきたり・・・・
 うちは一人しかいませんが、最初はお風呂に入れるのも怖かった
 のですが、そのうち哺乳瓶を逆さまにして口に突っ込んで、枕で
 支えて勝手に飲ませておいて、他の用事をするなんてこともでき
 るようになってきました。

 必死すぎると子供も親も疲れてしまいますよね。
 だから娘の悪行?にもちょっとだけ目をつむって、面白いこと
 するなあと心で笑って済ませてしまったこともあります。

 本気で怒らないといけない事って他のところにある気がするから
 です。人として間違った事をした時、誰かを傷つけた時、そっち
 で叱ることの方が大事だと思うんです。

 と言い訳をしてみましたが、私も娘も完璧主義とはほど遠いです。
 どちらかというと、いい加減な部分も多いと思います。
 私はそれでもまだきちっと予定などを把握して家もきれいに片付
 けられるタイプなので、娘よりは見た目がましですが、娘は私よ
 り何倍も適当なので、ちょっともう少し何とかしてやらないと
 いけないなと反省。でも、生まれつきのこの性格・・・直そうと
 思って直るものでもなく、このままで十分個性的で面白いから
 いいかとどこかで思っている私がいるのも事実です。
 
 まあなんとかなるでしょう。




 またおたくな漫画にはまっている
 お気楽すぎる娘に呆れながらも、自分が
 読みたいと思うこれまた同じぐらい
 おたくなまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ 
 
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。