プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
238:No title by mom on 2011/04/29 at 10:59:34

納得!!です。
英検って、ある程度までなら、お勉強(暗記)で何とかなりそうです。
ただ、自然と身についた英語と、お勉強で覚えた英語では、断然、自然と身についた英語の方が「使える英語」になるわけで…。
でも、受験や学校のテスト等では、暗記も必要ですしね。

どちらもバランスよくやっていくことが大切なんだろうな…と改めて思う今日この頃です。

239:mom様へ by まめっちママ on 2011/04/29 at 21:16:15

そうなんですよ。英検って合格点も低いので、お勉強で
ある程度までは何とかなるんです。
でも、自然に身に付いたものは話す聞くに関しては
かなり有利になりますね。
会社などでは英検何級とかTOEIC何点なんていうのが重要
なので、ないよりは持ってた方がいいというのもあって、
賢いお子さんなら勉強で何とかしてしまう。
そう考えると、幼児の英語って得か損かではなく
効率も悪いのに楽しいから、楽に英語脳?みたいなものを
作れるから子供がまだ自我を持たないうちに脳に刻みこんで
しまえみたいな(笑)たぶんそんな感じですよね。
親も子供に勉強ばかりさせるより、楽しく英語遊び
しながら身に付けてくれたら一石二鳥ですしね。
そればっかりだと後々受験の時にすごく苦労しますけど
勉強もちゃんとやってバランスが取れれば本当に最強ですね。
そうなりたいです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

英検の微妙な位置づけ

 中学入学時に学校から英検をどれぐらい取得しているか聞かれた
 のですが、4級はパラパラ、3級も少し、準2級は不明で、2級は
 娘一人という結果でした。

 今時は受験勉強しながらでも英語も先取りしている子供が少なか
 らずいるということの表れで、すごいなとあらためて思います。

 娘は幼少期に英語で生活する幼稚園に通っていたので、受験勉強
 しながら暗記で取った英検ではありません。

 いわゆる帰国子女と同じような方法でやってきたので、少し普通
 の勉強法とは違います。日常会話ができて英語のドラマや映画を
 普通に見ることができる状態であったため、英検のための特別な
 勉強はしていません。単語集を買って覚えたり英検対策本で問題
 をときまくったりすることなく、力試しに受けてみたのが3級か
 らだったわけで、勢いでそのまま準2級も受けてみたら合格して
 しまった、つまりここまでは正直に言うと、勉強して合格した
 とは言えないわけです。

 ただ帰国子女と違うのは、日本から一歩も出たことがなく、親も
 英語は話さないし、家庭内ではすべて日本語で会話し、更に近所
 の公園でももちろん日本語、、普通の生活はすべて日本語でして 
 きたということです。完全に海外で育って英語を習得した子とも
 ちょっと違うのです。
 こんな風に、最近は日本にいながらにして海外と同じような環境
 を作り出し、英語を幼少期に習得する子供が増えてきています。
 もちろんこれは親のたゆまぬ努力と毎日の継続が必要で、誰でも
 ができることではないのですが、帰国子女でなくても、英語は習
 得できるという例にはなると思います。

 そんな娘がやってきた英語習得方法は、子供向けの英語アニメや
 絵本にたくさん触れること、ひたすら耳を鍛え、英語を英語で
 理解することに徹したということです。

 そうしてきたおかげで、英検というものは勉強ではなく、生活
 の中で自然習得した英語をテストで試してみるという位置づけ
 になり、娘にとっては苦労して覚えさせられたという感覚を
 持つことなく、気がつけば合格していたわけです。

 そんな調子よく英語環境を作れなかった場合や、中学で初めて
 英語をスタートした子にとっては、何の参考にもならないかも
 しれませんが、正直英検4級ぐらいなら賢いお子さんだったら
 中学で初めてスタートしても3ヶ月ぐらい頑張れば合格できます。

 基本単語しかでませんし、基本文型も暗記で十分使える範囲だか
 らです。3級も同じような感じですが、ただ、リスニングと
 スピーキングが入ってきますから、必ずCDを使って単語の発音
 は確認しないといけないし、毎日基礎英語のようなものを聞く
 ことで、たぶんクリアできるはずです。
 聞かれる内容は極めてシンプルですし、好きな食べ物や動物
 休みの日に何をするとか、趣味について答えられるようにして
 おけば、そんなに慌てるような質問はまずないので、定型文を
 駆使して乗り切れるでしょう。

 幼少期にはここまででも難しいんです。大人のように理屈が通じ
 ないし、マークシートをぬることもまだうまくできないとか、
 途中で集中力が途切れて眠くなったとか、漢字が読めないので
 親がつかないと試験を受けられないとか・・・そういった問題
 があるので、早くに受けさせてもあまり意味はないなと思うわけ
 です。中学になればわずか1年足らずでそのぐらいのレベルには
 到達するお子さんが結構いるのだから、なんでわざわざ苦労して
 子供に無理して受けさせないといけないのかと・・・そう考える
 早期英語反対論者がいても不思議ではありません。
 中学からで十分英語は追いつくんです。小学校の間はそこでしか
 できない日本語力を鍛える方がこの先の勉強にどれだけ役立つか
 を受験で身を持って知ったので、私もやはりいきすぎた英語熱は
 反対です。
 ただ、決定的に違うのは、覚え方です。単語帳とにらめっこして
 毎日少しずつ覚えていくのが大人式だとしたら、幼少期はそうい
 うプロセスを踏まずに、ただひたすら見て聞いて、遊んで習得す
 る、そのかわり膨大な時間が必要ですが、その分、脳に英語の部
 屋を確実に作ることができるんです。どちらの方が楽かというと、
 遊んで習得した方に決まっています。だから巷では早期英語教育
 が盛んになっているわけです。

 この楽してある程度のレベルまでくることができるチャンスを
 うまく利用してその上で学業とも両立できたら、それはとっても
 理想だと思うんです。うちが目指してきたのはその路線です。

 中学受験を突破してきた家庭なら、勉強がどれだけ大変だったか
 わかっています。英語なんてやってる暇あるわけない、その通り
 です。だからうちのような低学年で取れたのは、本当にラッキー
 だったとしかいいようがないわけです。高学年にもつれ込んでい
 たら、きっと無理だったと思います。塾の課題だけでもフーフー
 言ってましたし、そんな二足のわらじをはいて合格できるほど甘
 くないのが中学受験ですから。

 実際我が家は2級合格からものすごく間があいています。
 この間、一体何をしていたの?と思われるかもしれませんが
 準1級のレベルが理解できるのは、少なくとも高学年になって
 からです。それより前には、そもそも問題の意味もわからない
 状態ですから、当然受けるのはずっと後ということになります。
 そうこうしているうちに受験勉強が本格化してきてそれどころ
 ではなくなった・・・で今に至ったわけです。

 こう考えるとますます幼少期に進んでおくのが得策だなとなる
 かもしれませんが、何度も言いますが、その時期に英検2級と
 いうのは、リスニング点だけでかせいだもので、理解を伴って
 いたとは到底思えないものだったので、そこで運良く取れた
 のを実力だとは微塵も思っていません。

 世間体はいいかもしれませんが、そんなものでこの先の英語は
 乗り切れないのもよくわかっています。実際娘はスペリングが
 苦手で、簡単な単語でも間違えます。いつも小テスト満点かと
 いうとそうではありません。英検2級でもそうなんです。

 耳から聞くのは他の子供より断然できます。英語の歌も台詞も
 どんなに早いしゃべり方でも関係なく英語のまま理解できます
 から、それはもちろん身につけた宝だと思いますが、日本の
 システムの中にいれば、逆にそれがあだになることも多いの
 です。受験英語は使えない、話せないというのも当たっています
 が、それは娘がやってきたようなひたすら聞く、見るのプロセス
 を飛ばして、暗記だけで英語を習得しようとしたからです。

 どちらもバランスよくやれば、最強のものになるはずだと我が家
 では思っているので、その両立を目指してどこまで本物のバイリン
 ガルに近づけるか・・・それが今後の課題です。

 というわけで、英検は合格ラインが微妙に低いので、これで力
 を見るのは限りなく???ですが、一つの目安として、また
 モチベーションアップのために受験してみるのは、よいこと
 かもしれませんね。



 学校が忙しすぎていつ英検受けようかと
 悩むまめっちママに応援クリックよろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ 
 

 
 
 
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
238:No title by mom on 2011/04/29 at 10:59:34

納得!!です。
英検って、ある程度までなら、お勉強(暗記)で何とかなりそうです。
ただ、自然と身についた英語と、お勉強で覚えた英語では、断然、自然と身についた英語の方が「使える英語」になるわけで…。
でも、受験や学校のテスト等では、暗記も必要ですしね。

どちらもバランスよくやっていくことが大切なんだろうな…と改めて思う今日この頃です。

239:mom様へ by まめっちママ on 2011/04/29 at 21:16:15

そうなんですよ。英検って合格点も低いので、お勉強で
ある程度までは何とかなるんです。
でも、自然に身に付いたものは話す聞くに関しては
かなり有利になりますね。
会社などでは英検何級とかTOEIC何点なんていうのが重要
なので、ないよりは持ってた方がいいというのもあって、
賢いお子さんなら勉強で何とかしてしまう。
そう考えると、幼児の英語って得か損かではなく
効率も悪いのに楽しいから、楽に英語脳?みたいなものを
作れるから子供がまだ自我を持たないうちに脳に刻みこんで
しまえみたいな(笑)たぶんそんな感じですよね。
親も子供に勉強ばかりさせるより、楽しく英語遊び
しながら身に付けてくれたら一石二鳥ですしね。
そればっかりだと後々受験の時にすごく苦労しますけど
勉強もちゃんとやってバランスが取れれば本当に最強ですね。
そうなりたいです。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。