プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
228:理系文系? by リンゴ好き on 2011/04/15 at 15:34:54

タイトルに釣られたんですが、理系頭(脳?)、文系脳とかってききますが、なんか血液型占いみたいな感じでしょうか...でも日本ではかなり幅をきかせてますよね。

ふと思い出したのが、「数学が得意な」私の大学時代の友達のことです。その彼は有名なK成高校の出身なんですが、高校1年で英語をあきらめ、高3時の全国模試の偏差値が30台だったて言ってました(学校内のテストでも英語はいつも最下位争い)。ただし、数学は偏差値80近くだったそうです。

で、ちょっと驚いたのは、彼は微分積分、複素数、あと行列とかは勉強したことないっていうんです。なんでも、「文系数学」では範囲ではなかったそうで...
ただし、大学のプログラミングの授業では、彼は抜群のセンスを見せていました!!

で、まぁ何を思ったかっていうと、
何か、日本における「勉強」の捉え方には無駄なカテゴライズが多すぎじゃね!?ってことです。大学入試科目が基準になってるんだと思うんですけど、余計なところに敷居があるせいで、いろいろなことがコンビネーションとして見えてこないんじゃないかって思っちゃいます。interdisciplinaryってことが日本でも言われてかなりたつと思うんですけど、そういうマインドセットが根付いてないですよね。

いろんな勉強(科目?)が選択肢として与えられる、触れることができるのは、きっとよいことなんだと思うです。
ただ、それをまんべんなくこなせちゃってる人って...(あくまでも私の経験だけの範囲の話ですが)どこか面白くないっていうか、何かに特化しちゃって他が疎かになってるぐらいの人の方が面白いし、信用できる気がしてるんです。
ま、それを正しく評価したり、許容する考え(社会?)ってのが必要なんだと思うんですけどね。

あ、なんか話がどんどん膨らんでしまいそうなんで、この辺にしときます(長々すいません!!)。
私は古文の勉強をしたことがないんですが、明治時代の頃の文章(文語文?)ともかなり違うんですかね~??

229:リンゴ好き様へ by まめっちママ on 2011/04/15 at 23:55:33

文系脳か理系脳かはよくわかりませんが、考え方が
理系っぽいのはありますね。すべて理屈で考える傾向が
あるというか・・・まあそれも一面にすぎませんが、人間
血液型占いにしても4通りのパターンしかないわけなく、
色々な要因が混じり合って一人の人間ってできてるわけです
から、お遊びだと思って、ああそういう傾向あるあるみたいに
言ってるだけだと思います。(笑)

日本の勉強っていうのは、満遍なく出来る方が何かと有利
みたいなところはありますね。突出した物を持っていても、
それしかできないのは、人間的に欠けていてだめみたいに
判断される傾向があるので、何かが著しくできないけれど
これだけはすごいという科目があっても、なかなか日本
では受け入れられないという面はありますね。
外国の方がそういう意味では個性的な人材が受け入れられ
やすいように思います。
リンゴ好き様は、古文は今までやる機会がなかったのですね。
明治の文語とは違ってもっと古い平安時代ぐらいの文章が
多いです。今とは随分単語も違いますし、複雑な敬語や
主語の省略が多く、現代っ子にとっては外国語みたいな
感じだと思います。英語はそれでも今後世の中で役立つと
思いますが、古文って昔の言葉なのに、今更やっても仕方
ないよとか、自分は歴史学者でもないし、古典文学研究家でも
ないのに、そんなものやっても意味ないよと思っている子が
多いので、余計に面倒くさく感じるんですよね。
やると面白いものなんですけどね。昔も今も人の心って同じ
なんだなとわかったり、それなりに読み物としてもなかなか
のものが多いんですよ。
面倒な人は現代語訳で読んでみるといいですよ。
それで古文に興味が出ると、勉強していても楽しいです。

230:興味の多様性 by リンゴ好き on 2011/04/18 at 09:50:36

私はアメリカの高校で、「かっこ良く見えるかも...」みたいな不純な理由で、古代ギリシャ語とラテン語を勉強しました。そんなワケで成績は...でしたけど。
今の時代、「文系」と言われる人でも情報科学やプログラミング、そして原子力のことも知らないといけないと思うんで、反対に「理系」と言われる人も「古文」ぐらいはやらないと(知っていないと)!!ってことですかね...
ま、そういう意味でも、やっぱり理系文系という分け方はナンセンスだと思いますけど。

ただ、友達についてはいろんなタイプの友だちがいるとやっぱり楽しいですよね。「類は友を呼ぶ」とは言いますが、同質の友達ばかりじゃつまらない。自分の興味の範囲が多様であれば友達の幅も広がりますからね~(人数というより種類の面で)。
私はサッカー好きのパソコンgeekだったので、種類(タイプ)が極端に異なる友達がいて楽しかったです(そして、今も)。
JOちゃんもきっと学業以外にもいろいろなことに興味が向くんでしょうね。そこには、きっと楽しい友達がいると思います。

233:リンゴ好き様へ by まめっちママ on 2011/04/18 at 15:45:50

今の時代は、文系だからコンピューターわからないでは
すまないように、色々と出来た方が生き残れるというか、
マルチになった方が重宝されるかもしれません。
突出した変人もいいんですが、日本ではバランス型が出世
している気がします。

まあそんなつまんない人生より何か大きな事をしたり、面白
いことをやる人が世界中から集まるような海外の大学に魅力を
確かに感じます。娘は本当はそっち系だと思うんです。
ただ、実際は色々制約がやはりあるので、できるかどうかは
わかりませんが、後悔しない人生を歩んでほしいなとは思い
ますね。
学校ではオタクぶりを発揮して、それ系のお友達ができた
ようです。(笑)
全然違うタイプの友達も今後はもっと作ってほしいですけどね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

理系頭の娘が古文をやると・・・

 学校の授業も大体どんな物があるか分かってきて、教科書もどれ
 を置いてきたらカバンが軽くなるかを早々に計算して、個人ロッ
 カーにすでに置き勉体勢に入った娘。
 (そういうことだけは頭がまわる
 毎日律儀に全部持っていったのでは、肩を脱臼しそうなぐらい重
 いので、まあ適当に置いてくるのはいいのだけれど、なぜか紙の
 辞書だけは毎日持って帰ってくるので、せっかく電子辞書を学校
 で買わせたのだから、それでいいんじゃないの?と個人的には
 思っているんですが・・・・
 ところが、付箋貼りの宿題が出ているので、仕方無く持って帰っ
 ています。実は今の英語のレベルではまだわからない単語は正直
 ありません。だから付箋で調べるものはないのですが、それでは
 宿題をしたことにならないので、特別にやってもらっている別の
 参考書の方に出ている難単語をひいています。

 辞書引きといえば、古文も面倒です。今はまだ活用表レベルなの
 で、古文単語をひく宿題は出ていませんが、この活用表が娘にと
 っては、結構????な部分が多いのです。
 
 まず活用の名前ひとつにも意味を見いださないと覚えられない
 そうで、なんで上一段なのか、下とは何が違うのかとか・・・・
 更に語幹部分は活用しない部分というのは理解しても、それなら
 「見る」は、なんで み、み、みる、みる、みれ、みよ
 となっているのか?「蹴る」も同じ理屈で納得できないそうです。

 確かに娘のいいたいことはわかります。でも、「蹴る」なんて
 一つしかない活用なので、覚えればすむことだと思っても納得
 しないと先に進めない娘はこだわります。
 それに現代語と決定的に違うので、頭の中で「蹴る」は四段活用
 でいいじゃんと思ってしまうのも、気持ちはものすごくわかるの
 です。このあたりがやっかいな性格なのですが、昔からそういう
 ところがあったので、覚えればいいねんでは通用しません。

 自分がああそういうことねと納得するからこそ、勉強が面白いの
 です。なので娘が面白いと感じたのは、数学で5÷0は?という
 ような問題で、これを楽しそうに説明してくれたので、やはり
 この子は理系なのだと感じました。

 数学って面白いと思えるそうで、私とはちょっと違う方向性を
 持っているみたいです。

 こういう娘に古文を教えるのはかなり大変です。
 でも、一度理解してしまうと、非常に応用はきく子なので、そこ
 まで早く仕込んでしまえば、後々古文は得意科目になる可能性も
 ありそうです。私も昔、古文は大嫌いで点数も低空飛行していた
 時期があったのですが、ある時目覚めて急激に成績もあがり、そ
 れが後に古文の予備校講師として高校生にセンター対策をするぐ
 らいになったのですから、人間どうなるかなんてわかりません。

 娘が果たしてどういう風に成長していくのか、楽しみなような
 怖いような・・・

 


 植木の水やりで迷い、やった時に限って必ず
 その後雨になるのはなぜ?と思うまめっちママ
 に応援クリックいれてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ 
 
 にほんブログ村 中高一貫教育
 

 
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
228:理系文系? by リンゴ好き on 2011/04/15 at 15:34:54

タイトルに釣られたんですが、理系頭(脳?)、文系脳とかってききますが、なんか血液型占いみたいな感じでしょうか...でも日本ではかなり幅をきかせてますよね。

ふと思い出したのが、「数学が得意な」私の大学時代の友達のことです。その彼は有名なK成高校の出身なんですが、高校1年で英語をあきらめ、高3時の全国模試の偏差値が30台だったて言ってました(学校内のテストでも英語はいつも最下位争い)。ただし、数学は偏差値80近くだったそうです。

で、ちょっと驚いたのは、彼は微分積分、複素数、あと行列とかは勉強したことないっていうんです。なんでも、「文系数学」では範囲ではなかったそうで...
ただし、大学のプログラミングの授業では、彼は抜群のセンスを見せていました!!

で、まぁ何を思ったかっていうと、
何か、日本における「勉強」の捉え方には無駄なカテゴライズが多すぎじゃね!?ってことです。大学入試科目が基準になってるんだと思うんですけど、余計なところに敷居があるせいで、いろいろなことがコンビネーションとして見えてこないんじゃないかって思っちゃいます。interdisciplinaryってことが日本でも言われてかなりたつと思うんですけど、そういうマインドセットが根付いてないですよね。

いろんな勉強(科目?)が選択肢として与えられる、触れることができるのは、きっとよいことなんだと思うです。
ただ、それをまんべんなくこなせちゃってる人って...(あくまでも私の経験だけの範囲の話ですが)どこか面白くないっていうか、何かに特化しちゃって他が疎かになってるぐらいの人の方が面白いし、信用できる気がしてるんです。
ま、それを正しく評価したり、許容する考え(社会?)ってのが必要なんだと思うんですけどね。

あ、なんか話がどんどん膨らんでしまいそうなんで、この辺にしときます(長々すいません!!)。
私は古文の勉強をしたことがないんですが、明治時代の頃の文章(文語文?)ともかなり違うんですかね~??

229:リンゴ好き様へ by まめっちママ on 2011/04/15 at 23:55:33

文系脳か理系脳かはよくわかりませんが、考え方が
理系っぽいのはありますね。すべて理屈で考える傾向が
あるというか・・・まあそれも一面にすぎませんが、人間
血液型占いにしても4通りのパターンしかないわけなく、
色々な要因が混じり合って一人の人間ってできてるわけです
から、お遊びだと思って、ああそういう傾向あるあるみたいに
言ってるだけだと思います。(笑)

日本の勉強っていうのは、満遍なく出来る方が何かと有利
みたいなところはありますね。突出した物を持っていても、
それしかできないのは、人間的に欠けていてだめみたいに
判断される傾向があるので、何かが著しくできないけれど
これだけはすごいという科目があっても、なかなか日本
では受け入れられないという面はありますね。
外国の方がそういう意味では個性的な人材が受け入れられ
やすいように思います。
リンゴ好き様は、古文は今までやる機会がなかったのですね。
明治の文語とは違ってもっと古い平安時代ぐらいの文章が
多いです。今とは随分単語も違いますし、複雑な敬語や
主語の省略が多く、現代っ子にとっては外国語みたいな
感じだと思います。英語はそれでも今後世の中で役立つと
思いますが、古文って昔の言葉なのに、今更やっても仕方
ないよとか、自分は歴史学者でもないし、古典文学研究家でも
ないのに、そんなものやっても意味ないよと思っている子が
多いので、余計に面倒くさく感じるんですよね。
やると面白いものなんですけどね。昔も今も人の心って同じ
なんだなとわかったり、それなりに読み物としてもなかなか
のものが多いんですよ。
面倒な人は現代語訳で読んでみるといいですよ。
それで古文に興味が出ると、勉強していても楽しいです。

230:興味の多様性 by リンゴ好き on 2011/04/18 at 09:50:36

私はアメリカの高校で、「かっこ良く見えるかも...」みたいな不純な理由で、古代ギリシャ語とラテン語を勉強しました。そんなワケで成績は...でしたけど。
今の時代、「文系」と言われる人でも情報科学やプログラミング、そして原子力のことも知らないといけないと思うんで、反対に「理系」と言われる人も「古文」ぐらいはやらないと(知っていないと)!!ってことですかね...
ま、そういう意味でも、やっぱり理系文系という分け方はナンセンスだと思いますけど。

ただ、友達についてはいろんなタイプの友だちがいるとやっぱり楽しいですよね。「類は友を呼ぶ」とは言いますが、同質の友達ばかりじゃつまらない。自分の興味の範囲が多様であれば友達の幅も広がりますからね~(人数というより種類の面で)。
私はサッカー好きのパソコンgeekだったので、種類(タイプ)が極端に異なる友達がいて楽しかったです(そして、今も)。
JOちゃんもきっと学業以外にもいろいろなことに興味が向くんでしょうね。そこには、きっと楽しい友達がいると思います。

233:リンゴ好き様へ by まめっちママ on 2011/04/18 at 15:45:50

今の時代は、文系だからコンピューターわからないでは
すまないように、色々と出来た方が生き残れるというか、
マルチになった方が重宝されるかもしれません。
突出した変人もいいんですが、日本ではバランス型が出世
している気がします。

まあそんなつまんない人生より何か大きな事をしたり、面白
いことをやる人が世界中から集まるような海外の大学に魅力を
確かに感じます。娘は本当はそっち系だと思うんです。
ただ、実際は色々制約がやはりあるので、できるかどうかは
わかりませんが、後悔しない人生を歩んでほしいなとは思い
ますね。
学校ではオタクぶりを発揮して、それ系のお友達ができた
ようです。(笑)
全然違うタイプの友達も今後はもっと作ってほしいですけどね。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。