プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
by ToppaWiMAXのブログ on 2011/02/18 at 12:31:37

wifi -> 新お笑い学力向上委員会 | 反抗期と向き合うPART1WiFiルーター持ち歩けばいいんですよね。 そうしようかなと思うんですが、実は次のバージョンの i Pad2出たら、私もそっちに買い換えようかなと思ってますまめっちママあってよかったi Padモバイル私はiPad WiFi、...

トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

反抗期と向き合うPART1

 前回までは塾の選び方シリーズでしたが、熱弁?しすぎて気付け
 ば、PART12までいってました。

 そろそろ皆さんも飽きて来られたと思うので、次は反抗期につい
 て、我が家の娘がどう乗り越えて(まだ反抗期は継続中ですが)
 受験を迎えたのかについて少し書いてみたいと思います。

 小学生の高学年は子供によって成長がばらばらで、まだ子供み
 たいな体型で、どう見てもおぼこい子もいれば、すでに相当
 色々知っているぞと思う子まで様々です。

 娘は精神面は大人ですが、そのまあ思春期になると知るような事
 については、奥手でお子ちゃまでした。

 子供がどうやってできるのかも知りませんでした。
 これは私も困ったんですが、後で聞いて見ると、随分たくさんの
 子供が6年生段階では知ってるんですよね。
 そんなこと今時は当たり前だろ、親だけが知らなかったの?と言
 われそうですが、うちのように一人っ子で教えるような兄弟がい 
 ない場合、知らないまま過ぎることもあるんです。

 ただ、子供も馬鹿ではないので、自然に精子と卵子がひっくつなん
 てことはありえないことぐらいわかります。それで疑問が膨らみ
 進んでいる友達に聞いてきたとか、まあそんな感じで知っていくん
 ですが、うちの場合は、単刀直入に親にぶつけてきたので、空気
 読んでくれよと焦ってしまいました。

 コンビニでコン○○ムを手にとってしまった時は取り上げて棚に慌て
 て押し戻しましたよ。

 そういうこともあったのですが、そっち系はそんなに興味を持っ
 てもらわなくてもいいわけで、問題は精神面が少々大人に早くな
 りすぎてしまったことなんです。

 この時期は正直、子供っぽい方が素直に先生や親の指導に耳を
 傾けてくれます。もちろん動機付けが大事なので、将来のビジョ
 ンをはっきり描いている子の方が受験向きであることも事実です
 が、しっかりしている子の中には世の中の矛盾や大人の欺瞞を
 見抜く子供も多く、受験そのものに疑問を持つこともあるんです。

 そうなるとやっかいです。

 この勉強が何の役に立つのかとか、努力することは大事なのは
 わかるけれど、勉強しても必ずしも幸せにはならないなどという
 ことを知っているので、のびのび遊んでいるクラスメートを横目
 に、余計なことを考えるようになります。

 そこに先生がとにかく入学すれば楽になるから頑張れなんて事
 を言うと、もうそんなことは嘘だとわかっていますから、勉強
 させたいがための気休めにすぎないと態度を硬化させます。

 そういう状況を娘は個別指導で何度も目撃しています。
 兄が難関中学に入学しているのでものすごくプレッシャーがかか
 っている子、親が何が何でも○○女学院にいれるためにとにかくお
 金に糸目をつけないでありとあらゆるオプション講座を取らせて
 息切れしている子、成績が上がらないストレスを塾のせいにし、
 とにかく文句だけを言うモンスターペアレンツを持つ子、難関中
 学を狙う子が多い私立小学校に通っているがため、偏差値でしか
 学校の評価を見ることができない親を持つ子・・・・
 荒れている子供の家庭環境は様々です。

 もちろんそういう家庭環境でなくても、この時期は大人になりか
 けのややこしい時期なので、何かと親に反抗してきます。
 我が家でもああ言えばこう言う状態で、とにかく少しでも大人の
 理屈で納得できないことがあると反抗してきました。

 親も人間なので、たまには矛盾したことを言うこともあります。
 そういう時は大人は二重基準を持っている嘘つきなどと激しく
 反応するので、子供らしくきれいな状態で育ちすぎても、逆に
 融通がきかないというか、目をつむれない部分を持っていて、
 まあいいじゃないのとはならないのが面倒です。

 ちょっと違いますが、大人って信号無視しますよね。
 車が全然こない道で、どう見ても何もいない場合、急いでいる
 と、ちょっと渡ってしまったなんてことありますよね?
 
 ただこれを子供の前でやると、特に幼い子供の前ではタブーです。
 規則を守ることと教えている立場上、状況に応じて時と場合によ
 るなんていう大人の都合は子供の目には矛盾としかうつりません。
 
 それとよく似た状況が日常ではあります。まあいいんちゃうと言
 えない正直すぎる子供、正義感が強すぎて少しの矛盾も許せない
 子。でも、正しいことをしているわけで間違ってはいないんです。
 そういうなんというか罪とまでは言えないようなことを大人が
 すると、反抗期の子供で融通がきかない場合、嫌悪感を覚えて
 ものすごく反発することがあります。

 うちはまさに5年生ぐらいがこの状態でした。
 そこに例の先生の暴言事件があり、転塾騒動も重なりぼろぼろに 
 なったんですよね。この時期の娘の写真は暗くて目が死んでいて、
 音楽会のビデオも生気がなくて、最悪のコンディションでした。
 
 ただ救いだったのは、娘は家が大好きでした。父親との関係は
 良好で、よくある女の子がお父さん嫌いになるなどということ
 もなく、家族は本当に仲がよかったです。

 娘の友人は父親が苦手らしく、あまりしゃべりません。父親が
 甘すぎて完全に舐めきって親とも思わないような友達以下の扱い
 をする子もいました。うちはそこだけはどんなに反抗しても基本
 の部分で娘と話をきちんとしていたから、なんとか反抗しながら
 も無事に受験を乗り切ることができたのだと思います。



 今回はこれぐらいで、次は・・・・
 まだ実は考えてません(笑)
 応援クリックで書きたいことが湧いてきて
 頑張るモチベーションアップにつながります
 ここをぽ~んとハンコでも押す気分でお願いします
  ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ
 

 

 
関連記事
トラックバック
by ToppaWiMAXのブログ on 2011/02/18 at 12:31:37

wifi -> 新お笑い学力向上委員会 | 反抗期と向き合うPART1WiFiルーター持ち歩けばいいんですよね。 そうしようかなと思うんですが、実は次のバージョンの i Pad2出たら、私もそっちに買い換えようかなと思ってますまめっちママあってよかったi Padモバイル私はiPad WiFi、...

トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。