プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

塾選びPART8 新しい塾へ

 大手塾の入塾テストで上から2番目のクラスに合格したのですが、
 まだ決心はついていませんでした。
 一つは、もし行くならこっちがいいかもと思っていた方の学費が
 恐ろしく高かったので、どう考えても我が家には無理だと思った
 こともあり、仮に行くとしたらあまり乗る気じゃない方の塾に
 行かないといけないというのが、ひっかかっていました。

 となると今の塾に残って罵倒されながらも、頑張るしかないわけ
 です。不公平な状況の中で釈然としないままいやな気分で塾に
 通わないといけません。親の私もそういう中で先生を信頼するの
 は難かしかったので、やはり不本意ながら転塾することに決めま
 した。

 なぜ転塾に乗る気にならなかったのか、それは大手特有の面倒見
 の悪さが気になったこととが一番大きな理由です。
 とかくN中の合格者だけに目がいきがちですが、このあたりは
 受験するご家庭なら皆分かっていることだとは思いますが、塾の
 かけもちは珍しくないので、特に個別指導とのかけもちは多いで
 すから、数が重複しまくっています。一人で何校も受けるのも
 当たり前ですし、うちの娘でさえ3校合格していますから、その
 数は相当数他塾とだぶって、本当にそこの塾だけでどれぐらい
 合格できるのかは、全くわかりません。

 講習会のみや模試のみの人数は省いていますと書いていますが、
 うちの娘は11月頃から日曜特訓だけでしかも一教科だけだった
 のです。それでも塾生扱いですから、カウントされています。
 
 実際は個別指導のおかげだと思っていますが、しっかり数に入っ
 てます。まあそんなことはいいのですが、娘はとにかく転塾した
 わけです。気分を変えて体調不良を克服するという目的だけなら
 この転塾は意味があったと思います。実際、娘はその後先生から
 いやな言葉を投げつけられるようなことはなくなりましたし、
 その点はよかったのです。ただ、これはいいようで実は全然よく
 ないことでした。というのは数が多いので、よほど優秀でない限
 り、名前も覚えてもらえないし、特にうちの娘のようにいるのか
 いないのかわからないような大人しい子は、質問も積極的にしま
 せんから存在感が全然ないんです。自分からすぐに先生に懐いて
 いく子ならよかったんですが、わからないところがあっても、
 まずは考えて何とかしようとする子なので、なかなか質問にいか
 ず、そのうち他の子に先を越されて結局何も聞けなかった・・・
 そういうことばかりでした。これは自分の娘の性格が問題なので
 先生のせいではないのですが、こういう子には大勢のクラスで
 一斉授業は、やはり合いません。存在感がないから先生に怒られ
 ない、いちいち先生も細かくみないので何をしていても放ったら
 かしということです。

 前の塾は人数が少なかったことと、1年生から通っていましたから
 名前はもちろんのこと、かなり一人一人をよくわかってくれてい
 ましたから、そういう意味ではやめたくなかったのです。

 本当にああいうことさえなければ、そのまま続けていけたのにと
 悔やまれますが、その時は親も子も追い詰められていたので、正
 常な判断力がなかったんですよね。

 私が塾はむやみにやめない方がいいと思うのは、こういう理由か
 らです。一時的な気持ちの錯乱で後々そうしなければよかったな
 どということもあります。ただ、娘は転塾して気持ちは楽になっ
 たと言っていましたから、どちらが良かったのかははっきり言え
 ませんが、とにかく我が家の転塾騒動1回目はこうしてスタート
 し、それは6年生の夏まで続きました。

 せっかくこうして体調が元に戻ってきたのに、なぜまたしても塾
 をやめることになったのか・・・・

 2度目の転塾は次の回で


 

 このくそ寒いのに、遊園地に行って
 きたあり得ない我が家ですが、運良く
 二日目は晴れて絶叫マシンに乗りまくり
 余裕で笑っている娘に応援クリック
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。